松下幸之助[一日一話]

3月31日
道は無限にある

 お互い人間というものは、常にみずから新しいものをよび起こしつつ、なすべきことをなしてゆくという態度を忘れてはならないと思います。お互いが、日々の生活、仕事の上において、そういう心構えを持ち続けている限り、一年前と今日の姿にはおのずとそこに変化が生まれてくるでしょうし、また一年先、五年先にはさらに新たな生活の姿、仕事の進め方が生まれ、個人にしろ事業にしろ、そこに大きな進歩向上がみられるでしょう。

 大切なことは、そういうことを強く感じて、熱意をもって事に当たるという姿勢だと思います。そうすればまさに“道は無限にある”という感じがします。

松下幸之助[一日一話]

3月30日
引き下がる決断

 やるべきときにやる、引くべきときに引く、いわゆるこの出処進退ということが、人間として、とくに経営者として一番大事なことではないでしょうか。

 たとえば、ある一つの仕事がもう一つうまくいかず、やめた方がいいとなった場合、そこにはやはり何らかの犠性が伴います。世間からもいろいろな批判を受けるでしょう。また信用も失墜するかもわかりません。しかしそれを惜しんでいてはいけない。惜しんでいるとなかなかやめられない。やはりそういうものにとらわれず、やめるべきものはやめるんだという引き下がる決断をすることが経営者として大切だと思うのです。

松下幸之助[一日一話]

3月28日
身を捨てる度胸

 人生というものには、いろいろな問題があります。しかし、それらのことも過ぎ去ってみると、あのときに迷わないでやってほんとうによかったな、というような場合が多いのです。そこが大事なところだと思います。ある場合には迷うこともあるでしょう。しかし、しょせん迷ってもお互い自分の知恵裁量というものは、ほんとうは小さいものです。だから、「これはもう仕方がない。ここまできたのだからこれ以上進んで結果がうまくいかなくても、それは運命だ」と度胸を決めてしまう。そうした場合には、案外、困難だと思っていたことがスムーズにいって、むしろ非常によい結果を生む、ということにもなるのではないかと思うのです。

松下幸之助[一日一話]

3月27日
百年の計を立てる

 終戦後、日本が大きな経済発展を遂げてきたということは確かに事実ですが、それが果たして真の経済発展であるかどうかというと、いろいろ疑問があります。少なくとも、二十年なり三十年前に、二十年後、三十年後の日本をこういう状態に持っていくんだという計画を立てて取り組んだのではなく、いわば無我夢中で働き、ハッと気がついたら経済大国になっていた、というのが実情だという感じがします。

 しかしここへきて、今後ともこういう状態ではいけない。本当に永遠に通じるような正しい哲理哲学のもとに、大きな理念を打ち立て、そして百年、二百年の計を立てる時期にいまはきていると思います。


昨日、松下資料館に行って来ました。すぐ近くにあるとは知りませんでした。

17:54-22:00 with・・・夜はラジオと決めてます

17:54-22:00
with・・・夜はラジオと決めてます
【パーソナリティ】
秋山豊寛
近藤亨
野村朋未
【内容】
★★主なコーナー★★

映画のコーナー
18:30頃「春一番!センバツ甲子園」

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ


3月25日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

都会の里山「みささぎの森」について
山科区御陵に在住の奥田智子さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの桜まつり
墨堤さくらまつり
東京都墨田区
都もはんなりおこしやす
ほっかほかふれあい広場

3月26日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

パパも子育てを!
「京パパ堂」の活動について
京パパ堂 鵜川真悟さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの桜まつり
本妙寺桜灯籠
熊本県熊本市
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

3月27日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「自殺実態白書2013」から見えてきたことについて
NPO法人「ライフリンク」 代表 清水康之さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの桜まつり
動鳴気峡桜まつり
和歌山県田辺市
都もはんなりおこしやす
ちょっといい話
僧侶 川村妙慶さん

3月28日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

四国八十八ヶ所参りを全国に出前します
四国八十八ヶ所霊場会
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの桜まつり
摂津峡さくらまつり
高槻市摂津峡
都もはんなりおこしやす
みんなに公平花薫る花クイズ
秀男もね
集花園 谷奥秀男さん

3月29日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

食品ロスを減らすために何ができるのか一緒に考えましょう!
フードロスチャレンジ・プロジェクト
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの桜まつり
姫路城観桜会・お花見太鼓
兵庫県姫路市
都もはんなりおこしやす
松竹芸能

松下幸之助[一日一話]

3月22日
迷いと判断

 私は極小の商売から今日までの間、たとえば“新しい仕事をすべきか否か”を決める場合、全部自分一人で決断してきたかというと、決してそうではありません。自分はやりたいと思うけれども、それだけの力があるかどうか自分で判断がつかないというときも実際ありました。

 そういうときにはどうしたかというと、第三者にすっかり打ち明けて「いまこういうことで迷っているんだ、君ならどう思うか」と尋ねました。「それは松下君、あかんで」「きみの力やったらやれる」といろいろ言ってくれる。迷ったときには、私は得心のいくまで他人の意見を聞いてみるということをやりながらだんだん大きくなってきたのです。

松下幸之助[一日一話]

3月20日
まず自分から

 反省を求める者には反省を求める、また自分たちにおいて反省すべき点があれば、大いに反省して協力体制をとってゆく。そういうことを誰かが言い出し、誰かがやらねばならないのに、誰もが非常な安易感に浸ってしまって、成りゆきまかせ、他人まかせになってしまっている。それが日本の現状でしょう。これでは物事は好転していきません。きょう一日が過ぎれば、あすはあすの風が吹くだろうというような、事なかれ主義はいつか行き詰まります。

 お互いに全体として考え直そうという行き方を“誰か”ではなく、まず自分が生み出さなくてはならないことを深く自覚すべきだと思うのです。

松下幸之助[一日一話]

3月19日
日本の資源は人

 日本の資源は人そのものです。いま日本から人を五千万人も取ったら、日本はまいってしまいます。人が多いのは資源の多い姿です。しかも、普通の資源であったらじっとしていますが、人間は働きます。一方で費やすという点もありますけれど、やはりそれ以上のものをつくり出すものを持っています。われわれは、この人間が資源であるということをはっきりと認織することが大事だと思います。また人間という無限の資源を持っているのだということをもっと教えなければいけないと思います。

 もちろん人が多いというだけではダメで、その質をよくすることが必要なのは言うまでもありません。

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

毎日聴いています。

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!

3月18日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

まちの太陽発電所ファンドが京都で始まっています
一般社団法人「市民エネルギー京都」
専務理事 伊東真吾さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのうどん
群馬県桐生市「ひもかわうどん」
桐生市
都もはんなりおこしやす
ほっかほかふれあい広場

3月19日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

ひとり親家庭の子どもさんの学習支援活動について
学習支援会ゆう
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのうどん
徳島県阿波市「たらいうどん」
阿波市観光協会
都もはんなりおこしやす
MIRAIさんのダンスレッスン生によるダンス発表会開催!
ダンサー MIRAIさん

3月20日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

外国人観光客向けに町家レストランの魅力を紹介
ジュディス・クランシーさん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのうどん
山形県村山市「ひっぱりうどん」
村山市
都もはんなりおこしやす
教えて毛利先生
西陣和装学院 学長 毛利ゆき子さん

3月21日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのうどん
長野県坂城町「おしぼりうどん」
坂城町
都もはんなりおこしやす
あ〜お腹いっぱい おかわり!
薫ノ巻

3月22日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

養護施設の子供達、自らのデザイン収益を将来の学費に
NPO法人子どもデザイン教室
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのうどん
岡山県倉敷市玉島「しのうどん」
玉島おかみさん会
都もはんなりおこしやす
映画を観よう
京都シネマ 横地由起子さん

松下幸之助[一日一話]

3月18日
年功序列と抜擢

 それぞれ長短のある年功序列、抜擢をどのように行なっていくかということは、それぞれの企業の実態、情況により一概には言えないと思うが、私自身について言えば、だいたい年功序列七十%、抜擢三十%というような感じでやってきた。これが反対に年功序列三十%、抜擢七十%になると非常に面白いと思うのだが、それはやはりまだ先のことで、今日の日本においては、年功序列を主体としつつ、そこに適度に抜擢を加味していくことが無理のない姿だと思う。

 しかし考えてみれば、抜擢の何十%かは賭けである。だが、ときにはあえてその冒険をおかす勇気を持つことが、企業発展の上で求められている時代であると思う。

松下幸之助[一日一話]

3月14日
人間疎外は人間が生む

 現代文明における、科学技術の発達によって人間が軽視され、忘れられているということが問題になっています。そういった人間疎外をなくすためには、常に人間の幸せということが前提にされなくてはなりません。「なぜこういう新しい機械を造るか」「それは人間の幸せのためである」ということがいつも考えられ、それに基づく配慮がなされるならば、どんな機械が生み出され使われても人間疎外は起こらないと思います。

 現実に人間疎外のような観を呈しているのは、機械が人間を疎外しているのではなく、人間自身が人間を大事にせず、人間疎外を生んでいるものではないでしょうか。

松下幸之助[一日一話]

3月13日
よしみを通じて

 最近は商売の上での競争が大変激しくなり、同業者どうしでも、ともすればお互いを競争相手とばかり考えているようです。もちろん競争意織は必要でしょうが、考えてみれば、誰も争うために商売をしているわけではありません。

 ですから、近所に新しく同業者のお店ができたからといって、目にカドを立てるのでなく、おおらかに迎える。新しいお店の方も、先輩に対し謙虚な気持でいわば“仁義”をきる。そういう好もしい姿は、お客さまのお店全体に対する信用を高めることになるでしょう。だから一方で適正な競争をしつつも、同じ道にたずさわるお店どうし、お互いによしみを通じていくことが大切だと思うのです。

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ


3月11日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
被災地の子どもたちは今(1)
私が被災地の子どもたちを見つめ続けるわけ
ジャーナリスト 猪熊弘子さん
あっちこっちほっかほか便り

春です。体験型イベントに出かけましょう
船頭体験と水郷めぐり
滋賀県近江八幡市
(株)水郷のさと まるやま
都もはんなりおこしやす
京ものフェスティバル2013

3月12日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
被災地の子どもたちは今(2)
ジャーナリスト 猪熊弘子さん
あっちこっちほっかほか便り

【あっちこっちのお取り寄せ】
春です。体験型イベントに出かけましょう
若草山山開き記念 鹿せんべいとばし大会
奈良県奈良市
奈良若草山観光振興会
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

3月13日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
被災地の子どもたちは今(3)
ジャーナリスト 猪熊弘子さん
あっちこっちほっかほか便り

春です。体験型イベントに出かけましょう
ちはやふる キモノ体験レンタル
滋賀県大津市 近江神宮時計館宝物館
都もはんなりおこしやす
もとむらてつろうの美味しい話
フードアナリスト もとむらてつろうさん

3月14日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
被災地の子どもたちは今(4)
ジャーナリスト 猪熊弘子さん
あっちこっちほっかほか便り

【あっちこっちのお取り寄せ】
春です。体験型イベントに出かけましょう
近淡海の祭り
滋賀県米原市
滋賀県立文化産業交流会館
都もはんなりおこしやす
あ〜お腹いっぱい おかわり!
晃瓶ノ巻

3月15日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
子どもたちの声を届けるテツナギマーチ
坊さんバンド G・ぷんだりーか
あっちこっちほっかほか便り

ほっかほか朝市
都もはんなりおこしやす
松竹芸能

松下幸之助[一日一話]

3月11日
塩の辛さはなめてみて……

 たとえば水泳の先生が、三年間講義をしたとします。それでその講義を受けた人がすぐ、泳げるかといいますと、必ずしも泳げないと思うのです。

 また、塩の辛さというものでも、塩をなめさせることをしないで、塩は辛いぞ、と言ってもわからないでしょう。塩の辛さはなめてみてはじめて、ああこれが塩の辛さやな、とわかるわけです。

 処世のコツとでも申しますか、お互いの人生において大切な事柄を会得するということも、事を行なって、そのやったことを、仔細に考え検討してゆくところから、はじめて可能になるのではないかと私は思います。

松下幸之助[一日一話]

3月10日
日本の伝統精神

 私は日本の伝統精神はきわめてすぐれたものだと思います。ではその伝統精神とは何か。

 その一つは「和を以って貴し」とする平和愛好の精神です。一三五〇年も前に、この「和」の精神が聖徳太子によって掲げられています。

 第二は「衆知を以って事を決す」という、つまり民主主義です。古事記にも八百万の神々が相談して事を決したとあります。日本は真の民主主義の本家本元だと言えるでしょう。

 第三は「主座を保つ」。古来日本人は常に主座を失わずに外来のものを消化吸収し、日本化してきました。この和、衆知、主座という三つの柱を守っていくことは、今後においても大切なのではないでしょうか。

松下幸之助[一日一話]

3月9日
三日の手伝い

「三日の手伝い」という言葉があります。たとえ三日間の手伝い仕事であっても、その仕事に一生の仕事のような心構えで真剣に立ち向うならば、そこから必ず大きなものを得ることができる、ということです。そうしてこそあらゆる場合に直面しても動じない精神が身につくということでしょう。

 そう言うと「本業についたらもちろん一生懸命に努力する」と言う人がいるかもしれません。しかし、私のこれまでの体験から言うと、現在与えられた、いまの仕事に打ち込めないような心構えでは、どこの職場に変わっても、決していい仕事はできない。これははっきり申しあげることができると思うのです。

松下幸之助[一日一話]

3月8日
利は元にあり

 昔から「利は元にあり」という言葉があります。これは利益は上手な仕入れから生まれてくるということだと思います。まずよい品を仕入れる。しかもできるだけ有利に適正な値で買う。そこから利益が生まれてくる。それを「利は元にあり」と言ったのでしょうが、実際、仕入れはきわめて大事です。ところが、この「利は元にあり」ということを、ともすれば単に安く買い叩けばよいというように解釈する人があるようです。しかし、決してそうではなく、仕入先を、品物を買って下さるお得意先と同じように大切にしていくことが肝要だと思います。そういう気持がないと、結局は商売は繁昌しないと言えましょう。

松下幸之助[一日一話]

3月6日
不安に挑む

 いつの世でも、われわれにとって完全に安穏であるという状態はないといってよい。お互い人間である以上、程度の差こそあれ不安動揺なしにはいられないと思う。それが人間本来の姿である。しかしだからといって、ただ不安動揺し、それにおびえてなすところなくウロウロしているというのでは、そこから何も生まれてこない。

 そうではなく、不安は感じるが、しかしその不安に敢然と闘いを挑み、これを打破していく。むずかしい仕事、困難な要求に直面して、一面に不安を感じるが、反面かえって心が躍る。そしていろいろの考えを生みだしこれを克服していく。そういうふうでありたいと思う。

松下幸之助[一日一話]

3月5日
庄屋と狩人ときつね

 昔のたとえ話に庄屋と狩人ときつねの話がある。狩人は庄屋の前ではかしこまっている。しかし庄屋はきつねにばかされる。きつねには弱い。そしてきつねは鉄砲で撃たれるかもしれないから狩人はこわい。結局この中で誰が偉いとも何ともわからない、という話である。

 私は今日でもこの話は生きていると思う。勝負に勝つ人が偉いのでも、負ける人が偉くないのでも何でもない。教育する人が偉いのでもないし、教育を要する人ができが悪いのでもない。それぞれやっぱり一つの生きる姿である。そう考えれば、喜んで人に協力することができるし、また協力を受けて仕事ができるのではないかと思うのである

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ


3月4日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
東日本大震災「負げねえぞ 被災地」について
福島・宮城・岩手、三県人会 合同プロジェクト実行委員会
委員長 及川光夫さん
あっちこっちほっかほか便り

3月のイベント色々
河津桜まつり
静岡県河津町
都もはんなりおこしやす
ほっかほか噺の朝ごはんふれあい広場

3月5日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
石巻観光ボランティア協会の斎藤さんのお話
石巻観光ボランティア協会 会長 斎藤敏子さん
あっちこっちほっかほか便り

3月のイベント色々
土佐の「おきゃく」2013
高知県高知市
都もはんなりおこしやす
ミラクルピラティス
丹羽裕子さん

3月6日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
宮城県・南三陸町の中瀬町行政区長 佐藤さんのお話
中瀬町行政区長 佐藤徳郎さん
あっちこっちほっかほか便り

3月のイベント色々
阿寒湖氷上フェスティバルICE・愛す・阿寒「冬華火」
北海道釧路市
都もはんなりおこしやす
12人の挑戦者たち

3月7日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
避難している子どもの学習サポートについて
NPO法人全日本企業福祉協会 理事長 丸岡惇さん
あっちこっちほっかほか便り

3月のイベント色々
東村つつじ祭り
沖縄県東村
都もはんなりおこしやす
となりの匠はん【内装仕上】
矢藤博敏さん

3月8日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

〜東日本大震災に寄せて〜
東日本大震災、自作のピアノ曲で思いを寄せて
宇治市在住 八田桃果さん
あっちこっちほっかほか便り

3月のイベント色々
おおくら雪ものがたり
山形県大蔵村
都もはんなりおこしやす
映画を観よう
京都シネマ 横地由起子さん

松下幸之助[一日一話]

3月4日
自分で人事をする

 先日、社内で広告担当員を募集したところ、誰も志願しないというのです。これは意外でした。聞くところによると、そういうことを会社に対して言いにくいのではないかということでした。もしそうだとすると、会社がその人の適性を見つけなければならないということになってきます。が、社員が多くなると、人事部がいかに懸命にやっても、一人ひとりの性格を知って適切な人事をすることは、なかなかできないだろうと思うのです。

 だからほんとうは、本人に人事をしてもらうのが一番いいのです。“私にはこういう適性があるのだ”ということを表現してもらうことが一面非常に大事だと思います。

水谷ひろしのOSAKA歌謡ウェ~ブ

03月03日(日) 18:00 - 20:30

水谷ひろしのOSAKA歌謡ウェ~ブ

日曜の夜は、歌謡曲でゆったりとすごしませんか?

ゲスト:松前ひろ子、菊地 まどか


水谷ひろし、市川まゆ

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ