KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日


7月1日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「湖国ハッタミミズ・ダービー」が開催中
滋賀県立琵琶湖博物館 「ハッタミミズ・ダービー実行委員会 事務局長 大塚泰介さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの海開き
京都・京丹後市の海開き 京丹後市観光協会
都もはんなりおこしやす
ほっかほかふれあい広場
【メッセージテーマ】失敗談

7月2日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

88歳、米寿の笑顔を写真に残す
谷本勇写真店 谷本勇さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの海開き
大阪・淡輪ときめきビーチ海水浴場 淡輪海水浴場管理組合
都もはんなりおこしやす
ミラクルピラティス
丹羽裕子さん

7月3日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

新品種の大豆『京白丹波』を使ったスイーツの開発について
京都府食品産業協会
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの海開き
滋賀・マキノ・サニービーチ 高木浜オートキャンプ場
都もはんなりおこしやす
12人の挑戦者たち:拡大版
岩田呉服店 遠藤祥代さん

7月4日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

高齢者も楽しめる『棒サッカー』って?
日本棒サッカー協会
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの海開き
和歌山県・片男浜海水浴場 片男浜海水浴場管理運営委員会
都もはんなりおこしやす
となりの匠はん
【パン製造】瀧野博さん

7月5日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

西成から紙芝居で国際交流?!
紙芝居劇むすび
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの海開き
兵庫県・竹野浜海水浴場 たけの観光協会
都もはんなりおこしやす
松竹芸能

今日のコラム

6月30日松下幸之助一日一話(松下幸之助.com)

健康法はなくても

 私は若い頃から病弱であったが、戦中戦後の無我夢中で働かざるを得ない時期を経て健康体になり、いまもまだ元気でいられる。健康法と言えるものは何もないといっていい私にとって、これは考えてみればまことにありがたいことだし、ほんとうに不思議なものだと思う。

 しかし、これまでの歩みを振り返ってみると、私は、一つの仕事が成就すると、またすぐ次の仕事をと、たえず目標を持って努めてきた。いま静かに思うと、その繰り返しの中に張り合いがあり、そこにいわば死ぬに死ねないとでもいうか、一種の緊張感がみなぎっていた。そこに生きる張り合いを感じ、毎日を過ごしてきたように思うのである。

2013年6月30日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼地方選挙とはいえ大きな注目を集めた都議選が終わり、通常国会も幕を閉じた。7月21日投開票の参院選に向けて、日本の政治が一散に走り出した6月の言葉から

▼首相は上機嫌だが、アベノミクスは日本中で歓迎されているわけではない。北海道の十勝地方で牛を育てる湯浅佳春(よしはる)さん(63)にはエサ代の値上がりが痛い。「都会でもてはやされているけど、地方は負担が増えるばかり。もう限界だ」

▼経済優先の傍らで、忘れてはならないことがある。ノンフィクション作家の柳田邦男さん(77)は「株価上昇の歓声の中で、福島で苦しんでいる人々の訴えと教訓は片隅に追いやられつつある。この国の品格が問われています」と本紙に語った

▼沖縄戦の記憶はいまも地元の高齢者の心に傷を残す。伊江島の平安山(へんざん)ヒロ子さん(77)は9歳の時、4歳の妹を失った。10年ほど前から精神疾患の症状に苦しんでいる。「なぜ私は生き残ったのか」と自問を繰り返す。「ごめんね、ごめんね」▼ネット選挙がようやく解禁される。陣営に作戦を伝授するITコンサルタントの高畑卓(すぐる)さん(36)は大忙しだ。フェイスブックへの投稿はどうすれば効果的か。指示は細かい。「毎月24、25日は給料日前で気持ちに余裕がない人が多いから、ふざけた投稿は避けたほうがいい」

▼投票率はどうなるか。千葉市長の熊谷俊人(くまがいとしひと)さん(35)は政治不信からの棄権はおかしいと訴える。「それは政治過信ですよ。誰に任せても生活は壊れないと思っているわけでしょ」

今日のコラム

6月29日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

諫言を聞く

 指導者が物事を進めていくに当たって、みなからいろいろな意見や情報を聞くのは当然の姿である。そしてその場合、大事なのは、自分にとって都合のいいことよりも、むしろ悪いことを多く聞くことである。つまり、賞賛の言葉、順調に進んでいる事柄についての情報よりも、“ここはこうしなくてはいはない”といった諫言なり、悪い点を指摘する情報を努めて聞くようにしなければならない。

 ところが、そうした情報はなかなか指導者の耳に入ってきにくいものだ。だから、指導者はできるだけ、そうした諫言なり、悪い情報を求め、みながそれを伝えやすいような雰囲気をつくることが大切なのである。

2013年6月29日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼その当時に流行語大賞があったら、どれが選ばれただろうかと考えてみる。有名な「記憶にございません」か、暗号めいた「ピーナツ」だろうか。1976(昭和51)年、戦後最大の疑獄といわれるロッキード事件で世に流布した言葉である

▼証人喚問のテレビに目が釘付けになった記憶を、50代以上の人はお持ちだろう。「今太閤」と呼ばれて政界に君臨した田中角栄元首相は、逮捕されて拘置所の人となった。事件は時代とともにある。街には「およげ!たいやきくん」の歌が流れていた

▼その捜査を指揮した吉永祐介さんが81歳で亡くなった。当時は東京地検特捜部の副部長で後に検事総長までのぼりつめた。「最強の捜査機関」と呼ばれ、巨悪が恐れた特捜の「顔」として名前を知られた人だった

▼ひたむきで慎重な人柄は、仕事師、職人、実務家、努力家……と見る人によって表現が違った。責任感から、捜査の情報が漏れるのを嫌った。ゆえに記者ぎらいで、「泣かされたものだよ」と先輩の記者は振り返る

▼「特捜部の捜査は、山の稜線(りょうせん)を歩いているようなもの。失敗は許されない」と、かつて本紙に語っていた。検察は近年、捜査の足を踏み外すなどして信頼を失ってきた。古巣の行く末を案じながらの、旅立ちではなかったか

▼検察それも特捜は、手柄や出世に敏(さと)い役人ではなく、正義に一途な仕事師であってほしいと思う。大きな存在が消えた今こそ肝に銘じるときだろう。むろん、自らに都合のよい正義ではなく。

昨日のカープ勝ち

広3-2巨 広島が逆転勝ち
2013.6.27 21:02
勝利しハイタッチする広島ナイン=27日、マツダスタジアム(大西正純撮影)

勝利しハイタッチする広島ナイン=27日、マツダスタジアム(大西正純撮影)

 広島が逆転勝ちで3位に浮上。六回にエルドレッドの5号2ランで同点。七回には会沢の3号ソロで勝ち越した。バリントンが4月10日以来の3勝目。巨人は六回の拙攻で流れを手放し、宮国が崩れた。広島戦は5連勝で止まった。


         

◇セ・リーグ        

 広島-巨人12回戦(巨人9勝2敗1分、18時、マツダスタジアム、8404人)       

巨 人200000000-2 

広 島00000210×-3 

▽勝 バリントン14試合3勝6敗

▽S ミコライオ28試合2勝2敗 13S             

▽敗 宮国7試合2勝3敗   

▽本塁打 阿部20号(2)(バリントン)エルドレッド5号(2)(宮国)会沢3号(1)(宮国)

msn産経ニュースより

今日のコラム

6月28日 松下幸之助一日一話 (松下幸之助.com)

身も心も、そして財産も

 人間、将来のことはわからないけれども、少なくともいま現在のあなたは、入社した動機はどうあるにせよ、一応生涯をこの会社に託そうと決心して、身も心も会社に打ち込んでいると思う。

 そこで、さらに一歩進んで自分の財産までも打ち込めないものかどうか。たとえば極端に言うと、全財産をはたいてあなたの会社の株にかえるような、心がまえとしては会社と心中するくらいの気持であってほしいと思うのである。そういう心がまえであれば、必ずや仕事の成果というものは非常に上がるであろうし、またそういう姿は、会社からも周囲からも高く評価されると思うのである。


2013年6月28  天声人語 (OCN朝日新聞デジタル)

▼夏目漱石の「坊っちゃん」に出てくる教頭の赤シャツは、いやな男として描かれる。大学卒で、時々「帝国文学」という雑誌を学校へ持ってきてありがたそうに読んでいる。坊っちゃんは気に入らない

▼「赤シャツの片仮名はみんなあの雑誌から出るんだそうだ。帝国文学も罪な雑誌だ」。赤シャツが並べた片仮名は人名だったが、坊っちゃんが今の世を見たらカタカナの氾濫(はんらん)に驚くだろうな――などと、本紙名古屋本社版などの記事を読んで思った

▼岐阜県の男性(77)が、NHKのテレビ放送に外国語が多すぎると裁判を起こした。分かりづらくて精神的苦痛を受けたとして慰謝料141万円を求めた。コンテンツやコミュニティーデザインなどを例に挙げて、日本語を軽視するような姿勢は疑問だと訴えている

▼訴訟への賛否はあっても、思いに共感する人は多かろう。NHKだけではない。新聞、雑誌、民放も、政府も企業もカタカナ語だらけ。こっそり申せば小欄も、時おり読者のお叱りを頂戴(ちょうだい)する

▼明治の初め、知識人はなだれ込む外国語と格闘して、片っ端から日本語の服を着せた。哲学、個人、理性をはじめ喜劇、悲劇、社会、意識……。一語一語が国民の財産になってきた▼「外来語、カタカナ語を乱用するのは怠けである」と英文学者の外山滋比古さんがマスコミに苦言を述べていたのを思い出す。赤シャツよろしく気取って使うなどもってのほか。外来語に虫食いにされぬ美しい日本語のために、省みることが多い。

今日のコラム

6月27日 松下幸之助一日一話

策を弄する

 世の中には、事をなすに当たって、いろいろ策を弄する人があるようです。「弱肉強食は世の習い」とかで、ボヤボヤしていたのでは激烈な生存競争に敗北してしまうということから、何としても人より一歩でも先んじたいという気持が嵩じて「策を弄す」ことになるのかもしれません。しかし、こうした小細工は自然の理に背く場合が多く、結局成功することも少ないのではないかと思います。

「策を弄する」とは、私は智恵才覚をもてあそぶことだと思います。智恵才覚は人間に与えられた偉大な特質ですが、これはあくまでも正しい目的のためのみに使われるべきもので、よこしまな策謀に使ってはならないと思うのです。


2013年6月27日 天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

ナメクジを見たお孫さんが言ったそうだ。「カタツムリも外で遊びたいんだな」。別のお宅のお孫さんは訪ねた田舎でカタツムリを見つけ、「ナメクジが貝からぬけなくなってる」。頬のゆるむ話はどちらも、かつて本紙の投稿欄に載っていた

▼幼い子の目はやさしい。だが世間一般となると、両者の境遇は天と地ほど違う。片や紫陽花(あじさい)とともに雨の季節の風物詩だが、もう一方は嫌われ、塩をまかれる。似たもの同士なのに――とナメクジは身の不幸を嘆いていようか

▼嫌われ役としての歴史は古い。清少納言も「枕草子」で「いみじうきたなきもの」の筆頭に「なめくぢ」を挙げている。その彼女が悲鳴を上げそうな外来種の大型ナメクジが、日本に上陸して繁殖を始めているそうだ

▼体長は10センチを超え、15センチの大物もいた。しかも豹柄(ひょうがら)で迫力十分のようだ。分布確認は今のところ茨城、福島、長野の3県だけだが、さらに増えれば農作物の被害が心配されると専門家は話す

▼思えば、この手の生き物の表現には「ぬ」で始まる擬態語が欠かせない。「ぬるぬる」「ぬらぬら」「ぬめぬめ」……色々ある。「ぬけぬけ」や「ぬらりくらり」は、もっぱら人間の生態。このタイプは全国の津々浦々に分布する

▼〈誰からも好かれぬ自由なめくぢり〉仲寒蝉。実は、殻のないナメクジの方がカタツムリから進化したのだそうだ。裸になったナメクジは粘液だけを頼りに乾燥と戦っているのだと聞いた。塩をかけにくくなってきた。

今日のコラム

松下幸之助一日一話
6月26日

冷静な態度

 人間というものは誰しも、困難に直面すると恐れたり、動揺したりするものである。指導者とても人間だから、ときに不安を感じ、思案に余るのは当然であろう。しかし、内心で感じても、それを軽々に態度に出してはいけない。指導者の態度に人は敏感なものである。それはすぐ全員に伝わり、全体の士気を低下させることになってしまう。

 だから、指導者たるものは日ごろから事に当たって冷静さを失わないようにみずから心を鍛えなければならない。そして、どんな難局に直面した場合でも、落ち着いた態度でそれに対処するよう心がけることがきわめて大切だと思うのである。

天声人語(OCN朝日新聞デジタル)
2013年6月26日

選手時代はブラジルの国宝的な存在、いまも「サッカーの王様」と尊敬されるペレは、貧しい少年時代を送った。いつも裸足で、捨てられた服を拾って着ていたそうだ。7歳で靴磨きをやり、靴下を丸めたボールを蹴って遊んだと、『ペレ自伝』(伊達淳訳)にある
▼食べるものがないといった、生活につきまとう恐怖は、数ある恐怖の中でも最悪のものだと本人が語っている。だが近年は、経済成長や救済策で数千万の人が貧困層から抜け出したという。結構なことだが、それがデモの背景の一つらしい
▼ブラジルを揺らすデモの参加者は中間層が多いと見られている。極貧からたたき上げた前大統領以来の政策で、貧しい人は手厚く保護された。片や中流は負担ばかりで恩恵は乏しい。不満のガスをためこんでいた
▼「自分たちの税金を貧困層にばらまいている」といった声もあると聞く。サッカーが最高のガス抜きという国で、コンフェデレーションズ杯開催中のデモの激化に、政府の動揺は小さくなかろう
▼金満と貧困について、こんな言い方を聞いたことがある。「世の中には2種類の人がいる。食欲以上に宴会をこなす者と、食欲を満たす食事ができない者だ」。ブラジルにとって、スラム街に象徴される貧困は根の深い問題とされてきた
▼来年はサッカーW杯が、その2年後には南米初のリオデジャネイロ五輪が控える。世界が待ちに待つ祭りである。注視を浴びながら、失敗のできない舵取(かじと)りを政府は続けることになる。


今日のコラム

松下幸之助一日一話

6月25日

報告する

 何かを命じられて使いに行き、帰ったら、「あれはこうでした」と、必ず報告しているでしょうか。

 何か問題が起こったという場合はもちろん、何事もなかったときでも、何もなかったのだからそれでいい、と考えるのではなく、まず報告する。また、それがいい結果であったら、それはそれで報告する。そうすると、報告を受けた方も「それは結構やったな」と非常に愉快になるし、安心もします。

 打てば響くというか、以心伝心というか、肝胆相照らす仲であれば、命じた人の気持を察して必ず報告するものです。そのちょっとした心がけから信頼感も生まれてくると思います。


天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

2013年6月25日

天声人語

沖縄県の与那国島は日本の西の果てに浮かぶ。その島にある久部良(くぶら)小学校1年、安里有生(あさとゆうき)くんの朗読する詩に、目頭を熱くした人もいたのではないか。沖縄慰霊の日の追悼式場から、あどけなくもきっぱりした言葉が、大人の心を洗うように届けられた▼「へいわってすてきだね」という題が、まっすぐに響いてくる。〈へいわってなにかな。ぼくは、かんがえたよ。おともだちとなかよし。かぞくが、げんき……ねこがわらう〉▼朗読をテレビで聞きながら、与那国島の出身で、沖縄初の「軍神」になったある大尉を思い出した。陸軍士官学校を出てガダルカナル島で戦死した。那覇市での県葬には1万人が参列し、児童6千人が行進したという。かつて、その人の遺族に取材したことがあった▼顕彰運動はむろん、県民の戦意高揚が狙いだった。そうした果てに沖縄戦があった。住民は根こそぎ動員され、「鉄の暴風」といわれる戦火の中で多くの人が死んでいった▼与那国島を訪ねると、小高い崖に戦時中の詩のプレートが今も残る。詩の作者は島を「南海の防壁」と呼び、〈おお汝(なんじ)は 黙々として 皇国南海の鎮護に挺身(ていしん)する 沈まざる二十五万噸(トン)の航空母艦だ〉と言葉を結んでいる▼戦争が終わって68年、安里くんは、島の道ばたにあるものが「平和」なのだと気づく。〈やぎがのんびりあるいてる……よなぐにうまが、ヒヒーンとなく〉。平和という言葉についた手垢(てあか)を、小さな詩人に洗い流してもらったような気になった。

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日


6月24日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

京都の魅力をランニングと観光で再発見
ランナーの方々でつくったグループ「観ラン社」 代表 山地秀夫さん
あっちこっちほっかほか便り

この季節の お花を楽しみましょう
ささやま玉水ゆり園・あじさい園
兵庫県篠山市
都もはんなりおこしやす
薫のおきらく京都案内

6月25日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

陸前高田市の保育所に遊具を贈ろう
支援イベント「みんなのちから」
宇治市を拠点に復興支援活動を続ける市民グループ「Fugue」 代表 山本千景さん
あっちこっちほっかほか便り

この季節の お花を楽しみましょう
余呉湖あじさい園
滋賀県長浜市
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

6月26日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

ひげの人同士、交流しませんか
ひげを愛する人が集まって結成された「愛髭会」 事務局長 巽敏郎さん
あっちこっちほっかほか便り

この季節のお花を楽しみましょう
ききょうの里
京都府亀岡市
都もはんなりおこしやす
ちょっといい話
僧侶  川村妙慶さん

6月27日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

南三陸町のラジオ局の挑戦を描く映画、京都で公開へ
「ガレキとラジオ」
あっちこっちほっかほか便り

この季節の お花を楽しみましょう
蓮園の公開
京都府宇治市 三室戸寺
都もはんなりおこしやす
あ〜お腹いっぱい おかわり
薫ノ巻

6月28日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

日本語を学ぶ外国人学生とメール交換で添削ボランティア
アジアの新しい風
あっちこっちほっかほか便り

この季節のお花を楽しみましょう
バラの小径 ローズウオーク
兵庫県神戸市 六甲山カンツリーハウス
都もはんなりおこしやす
映画を観よう
京都シネマ 横地由起子さん

松下幸之助一日一話

6月24日
歴史の見方

 私は最近、お互いの歴史に対する態度の中に、何か人間の醜さとかそういったウラの面を強調しすぎている面があるのではないか、ということが気になっている。

 今日の姿をつくっているのは歴史である。そして今後の歴史というものは、われわれが、祖先が営々と努力を積み重ね前進してきた姿なり、子孫に残した遺産なりをどのように受け取り、生かすかによって変わってくるのである。そういう意味から、歴史の長所短所そのままを認識し、いい面はどんどん伸ばしていかなくてはならない。興味本位にこれを扱うことなく、もっと美しい面も同時に見るようにしたいと思うのである。

富士山 世界遺産決定 三保松原も一転登録

東京新聞 TOKYO WEB
ここから本文
【社会】
富士山 世界遺産決定 三保松原も一転登録

2013年6月23日 朝刊


世界文化遺産への登録が決まった富士山。手前は三保松原=22日午後0時13分、静岡市清水区沖の駿河湾で、本社ヘリ「まなづる」から(内山田正夫撮影)
写真

 【プノンペン=加藤隆士】カンボジアの首都プノンペンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は二十二日、日本政府が推薦している「富士山」(静岡、山梨両県)の審査を行い、「信仰の対象と芸術の源泉」と評価して世界文化遺産に登録することを決めた。静岡市の三保松原(みほのまつばら)(静岡市清水区)は構成資産から除外を勧告されていたが、一転し、含まれることになった。

 文化庁によると、国内の世界遺産は十七件目。文化遺産では十三件目。自然遺産に四件が登録されている。

 登録決定を受け、近藤誠一文化庁長官は「喜びや悲しみを分かち合ってきた日本人の美しい心のシンボルが富士山。文化遺産として認められたのは、日本の歴史に残る出来事」と語った。静岡県の川勝平太知事は「三保松原が一体として認められたのは奇跡だ」と話した。

 登録は富士五湖や白糸ノ滝を含む約七万ヘクタールが対象。古くから信仰の山とされ、江戸時代に盛んに浮世絵に描かれるなど、日本独特の芸術文化を育んだ。

 昨夏に現地調査したユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)は四月、富士山を「日本の象徴で、その影響は日本をはるかに超えている」と評価して登録を勧告した。一方、三保松原は富士山から四十五キロ離れている点や、消波ブロックなどで景観が損なわれている点を問題視。除外を登録の条件とするよう勧告していたが、各委員国から「三保松原も含めるべきだ」との意見が相次ぎ、勧告を覆した。

 富士山は当初、自然遺産での登録を目指した。一九九四年に環境団体などが二百万人を超える署名を集めたが、ごみやし尿の問題が解決できず、国内の候補地に選ばれなかった。

 二〇〇三年には政府の検討会で「火山の地形として世界的に珍しくはない」との理由で候補地から落選。これを機に文化遺産を目指す方向に変わった。
◆ロビー活動が奏功

 イコモスからの除外を勧告された三保松原が、逆転で富士山の構成資産に入った背景には国を挙げてのロビー活動があった。ユネスコの日本関係者は「何とか三保松原を入れたいと思っている。あとやれるのは政治的にひっくり返すことだ」と口にしていた。

 日本は世界遺産委員会に二十一カ国の委員国の一つとして参加。審査は合議による全会一致が原則だが、委員国は他の二十カ国に働き掛けられる利点がある。推薦案件がある国同士であれば、取引もしやすくなるという。

 実際の審査では当該国の日本以外の二十カ国の委員国が意見を述べる。そこで三保松原の除外に何カ国もが異論を挟めば、合議の性格上、除外とした原案が揺らぐ可能性がある。日本が他の委員国を口説き落とせるかが鍵だった。

 ある政府高官は委員会に先立ち「零点を百点にするのは無理だが、八十点を百点にするのは可能だ。発展途上国は(ロビー活動に)乗ってくれることが多い」と明かしていた。


東京新聞より

松下幸之助一日一話

6月22日
知識はあっても……

 先般、あるお店で、金庫の扉がガス溶接機で焼ききられて、中から金を盗まれた、という事件がありました。ガス溶接の知識を利用して扉を溶かしたわけです。そういう泥棒がいるのです。

 知識はいくら持っていても、人間の心、すなわち良心が養われなければ、そういう悪い方面に心が働き、知識はかえって仇をなす、というような感じがします。

 今日、新しい知識がなければ生活にこと欠くというくらい知識は大事なものです。それだけに、知識にふさわしい人間、人心というものを育てることが非常に必要なことではないかと思うのです。

松下幸之助一日一話

6月21日
事業は人なり

 「事業は人なり」と言われるが、これは全くその通りである。どんな経営でも適切な人を得てはじめて発展していくものである。いかに立派な歴史、伝統を持つ企業でも、その伝統を正しく受けついでいく人を得なければ、だんだんに衰微していってしまう。経営の組織とか手法とかももちろん大切であるが、それを生かすのはやはり人である。どんなに完備した組織をつくり、新しい手法を導入してみても、それを生かす人を得なければ、成果も上がらず、したがって企業の使命も果たしていくことができない。

 企業が社会に貢献しつつ、みずからも隆々と発展していけるかどうかは、一にかかって人にあるとも言える。

松下幸之助一日一話

6月20日
言うべきを言う

 部下を持つ人は、自分一人だけの職務を全うすればいいのではなく、部下とともに仕事の成果全体を高めていかなくてはなりません。そのためには、やはり部下に対して誠意をもって言うべきことを言い、導くべきことは導いていくことが大切です。

 注意すべきときに“注意したら文句を言ってうるさいから”というようなことを考えて、言わずに放っておくというようなことではいけません。部下がなすべきことはやはり毅然として要求し、そしてそれを推進していくということに対しては断乎としてやらなければならない。そういうことをしない上司には、部下はかえって頼りなさを感じるものです。

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日


6月17日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

伏見を再び桃の名所に「桃山プロジェクト」について
桃山プロジェクト 代表 藤崎壮滋さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の収穫体験
淡路島フルーツ農園 兵庫県淡路島市
都もはんなりおこしやす
悪徳商法にだまされるな
京都消費生活有資格者の会 理事 消費生活専門相談員 松本久美子さん

6月18日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

中世木の田園を残すために“農援隊”を結成
中世木営農グループ農援隊 代表 新矢隆志さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の収穫体験
アグリパーク竜王 滋賀県竜王市
都もはんなりおこしやす
「素敵な幼児共育コレクションin関西」について
NPO法人場とつながりコラボ
home’s vi 篠原幸子さん

6月19日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

地元の強みを活かし、まちに賑わいを
株式会社まちづくり推進機構
「海の京都」賑わいプロジェクト 小谷一典さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の収穫体験
農業公園信貴山のどか村 奈良県生駒郡
都もはんなりおこしやす
教えて毛利先生
【梅雨時の京都の知恵】
西陣和装学院 毛利ゆき子さん

6月20日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

子どもたちに働く楽しさを!
NPO法人 cobon
あっちこっちほっかほか便り

夏の収穫体験
富田林市農業公園サバーファーム 大阪府富田林市
都もはんなりおこしやす
みんなに公平花薫る花クイズ秀男もね
集花園 谷奥秀男さん

6月21日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

福祉施設発のかわいいグッズが人気に
NPO法人エイブルアートカンパニー
あっちこっちほっかほか便り

ほっかほか朝市
都もはんなりおこしやす
松竹芸能
大八木淳史さん

松下幸之助一日一話

6月19日
美と醜

 私の宅の近くに水のきれいな池がある。水面に周囲の樹々の姿を映し、まことに風情がある。ところがこの池がひところ雨が降らなくて、底の大半を露出してしまうまでになった。映すべき何物もなく醜い底を露呈するばかりである。美の反面には醜がある――そんな思いである。

お互い人間も、これと同じことではなかろうか。美と醜とが相表裏しているところに、人間の真実がある。とすれば、美の面のみにとらわれて、その反面の醜を責めるに急なのは、人間の真実というものを知らないものである。暖かい寛容の心を持って接し合うことが、お互いに明るく暮らすための、一番大事なことではなかろうか。

松下幸之助一日一話

6月18日
上には上がある

 剣術でも、習い始めて少しうまくなってくると、みんなが自分より弱く見えて、太刀さえとれば自分が勝つように思う。しかしその域を脱すると、自分もまあ相当修業できたかもしれないが、しかし上には上がある、自分より上の人がたくさんいるということがわかってくるから、自然謙虚な心持になり、その人たちを手本としてその本質を究めようとします。

 経営もこれと同じで、経営者としての経験を積めば積むほど、経営というものの幅の広さ、奥行きの深さがわかってくるものです。常に、もうこれでいいというのではなく、よりよき方法、よりよき道を求めるという姿勢が大切だと思います。

松下幸之助一日一話

6月17日
孤立化を防ぐ

 今日の日本が世界の中で、ふたたび孤立化する傾向があるとするなら、それはみずから招いているのである。つまり、それは日本なり日本人が置かれている立場、実態を知らないところからきている。

 だから、われわれは、まずすべての国、すべての人びとが、日本と仲よくしてくれているからこそ自分たちは生活できるのだ、という自覚認識をすることが大事であろう。その自覚からは、みんなの世話になっているという謙虚な気持がおのずと出てくる。そうなれば、事は半ば解決するといってもよい。そういう思いを持つなら、みずから孤立化を招くような態度は決して出てこないと思うのである。

松下幸之助一日一話

6月16日
常識を破る

 私たちを取り囲んでいる常識というものは、想像をはるかに越す根強さを持っています。しかし私たちは、その常識を尊ぶとともに、ときには常識から自分を解放することが必要だと思います。そしてそのためには、やはり強い熱意が要請されます。熱意のたぎっているところ、人は必ず新しい道を開きます。常識では考えられないことをやってのけ、運命を切り開き、新しい発明発見をします。常識を破るのです。

 常識は大事であり、破るがために常識をはずれたことをするのは、世の中を乱し、周囲に迷惑を及ぼすだけです。そうではなくて、熱意の発するところには、次つぎと新しい着想が生まれ、必然的に常識が破られていくのです。

松下幸之助一日一話

6月15日
批判はあとでよい

 賢い人は、ともすれば批判が先に立って目前の仕事に没入しきれないことが多い。このためせっかく優れた頭脳と知恵を持ちながら、批判ばかりして、結局は簡単な仕事も満足にできないことがある。ところが逆に、人が見ればつまらないと思われるような仕事にも「バカの一つ覚え」と言われるぐらいに全身全霊を打ち込む人がいる。この姿は全く尊く、見ていても頭が下がる。

 仕事に成功するかしないかは第二のこと、要は仕事に没入することである。批判はあとでよい、とにかく一心不乱になることだ。こうした努力は必ず実を結ぶと思う。そこからものが生まれずして、いったい、どこから生まれよう。

昨日のカープ勝ち

楽4-5広 広島、逆転で5連勝
2013.6.13 22:33
9回、勝ち越し適時三塁打を放ち全力で駆け抜ける広島・丸佳浩(左)

9回、勝ち越し適時三塁打を放ち全力で駆け抜ける広島・丸佳浩(左)

 広島が今季初の5連勝を飾った。1-3の九回1死無走者から3連打で満塁とし、堂林の2点適時打で同点。さらに2死一、二塁で丸が2点三塁打して勝ち越した。楽天は則本が8回1失点と好投したが、抑えのラズナーが崩れた。

 ◇交流戦          

 楽天-広島最終戦(広島3勝1敗、18時、Kスタ宮城、1万7677人)            

広 島001000004-5 

楽 天300000001-4 

▽勝 久本16試合2勝1敗   

▽S 今村30試合2敗2S   

▽敗 ラズナー19試合1勝1敗5

S              

▽本塁打 マギー13号(3)(中崎)

会沢1号(1)(則本)      
msnより

松下幸之助一日一話

6月14日
サービスできる範囲で商売を

 どんないい商品があっても、サービスがそれに伴わなかったら、これはお客様にほんとうに満足していただけないと思います。むしろ、サービスに欠けるところがあったならば、お客様の不満を招き、かえって商品自体の信用を落とすことにもなりかねません。だからサービスとは、ある意味では製造なり販売に優先するほどのものだとも考えられます。

 サービスというものは、どんな商売にもつきものであり、したがっていかなる場合でも、完全なサービスのできる範囲で商売をしていくことが大切だと言えます。そういう経営の姿勢からこそ、堅実な商売の発展がもたらされてくると思うのです。

昨日のカープ勝ち

セ・パ交流戦 2013/06/12(水)
▼楽 天-広 島 3回戦 (広島2勝1敗、Kスタ宮城、18:01、15117人) チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
広 島 1 0 0 0 0 0 0 2 0 1 4
楽 天 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3

(延長10回)

【投手】
(広)大竹、河内、今村、ミコライオ-石原
(楽)戸村、ハウザー、斎藤、青山、小山伸-嶋、岡島
【責任投手】
(勝)ミコライオ25試合2勝2敗12S
(敗)小山伸19試合1敗
【本塁打】
(広)エルドレッド4号ソロ(10回、小山伸)
(楽)島内2号2ラン(5回、大竹)
【戦評】
 広島が競り勝って4連勝。1点を追う八回に梵の2点二塁打で逆転。九回に3-3と追い付かれたが、延長十回にエルドレッドの4号ソロで勝ち越した。楽天は打線が粘ったが、救援陣が精彩を欠いた。小山伸は今季初黒星を喫した。

勝ちました。

松下幸之助一日一話

6月13日
寛厳よろしきを得る

 指導者はいわゆる寛厳よろしきを得ることができるよう心がけることが大事だと思う。

 やさしさばかりでは、人びとは安易になり、成長しない。厳しさ一方でも、畏縮してしまい、のびのびと自主性を持ってやるという姿が生まれてこない。だから寛厳よろしきを得ることが大切なわけであるが、ただこれは、厳しさと寛容さを半々に表わすということではない。
厳しさというものはなるべく少ない方がいい。二十%の厳しさと八十%の寛容さを持つとか、さらには十%は厳しいが、あとの九十%はゆるやかである、しかしそれで十分人が使えるというようなことが一番望ましいのではないだろうか。

松下幸之助一日一話

6月12日
公明正大

 後漢の時代に、高潔をうたわれた楊震という政治家がいた。この人がある地方の太守として赴任していったところ、たまたま以前に引き立ててやった王密という人が夜分に訪ねてきて、大枚の黄金を揚震に贈ろうとした。

楊震が受けとるのを断わると、王密は「こんな夜中で、この部屋には私たち二人しか居ないのですから、誰にもわかりませんょ」と言った。そのときに揚震は「誰も知らないと言うが、君と私自身が知っているではないか」こう言ったという。

 他人が知っているということよりも、まずみずからの心に問うて、やましいところがないか、公明正大であるかということが大切だと思うのである。

松下幸之助一日一話

6月11日
小田原評定では……

 多くの会社では決起大会をやり、反省すべき点や、今後の目標を確認しあいます。しかしそれも、こうしなければならないということはわかった、というだけではいけない、実行がなければいけません。実行ができない限りは、百の決起大会を行なっても、それは費用を使うだけ、時間を使うだけに終わってしまいます。

 昔の話に小田原評定ということがあります。大軍が攻めてくるということに対して、小田原城の人は、評定に明け評定に暮れてついに負けてしまったという話です。それではいけない、評定は一回でよい、あとは実行だ、そうしてこそ、はじめて成果をあげられるのです。一にも実行、二にも実行です。

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日

6月10日(月)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
「セカンドライフ夢を語る会」について
セカンドライフ夢を語る会 会長 橋本道広さん
あっちこっちほっかほか便り
さがえさくらんぼ祭り
寒河江市 さくらんぼ観光課
都もはんなりおこしやす
ほっかほかふれあい広場

6月11日(火)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
見守り付き洗濯代行サービスとは
株式会社アグティ 代表取締役 齋藤徹さん
あっちこっちほっかほか便り
日本折紙博物館
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

6月12日(水)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
空き家解消、地域活性にシェアハウスを設置
あっちこっちほっかほか便り
花しょうぶ園・あじさい園
花の郷 滝谷花しょうぶ園
都もはんなりおこしやす
美味しい話
本村哲郎さん

6月13日(木)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
市民に届けたい社会性のある企業・NPOのためのPR会社
株式会社PRリンク
あっちこっちほっかほか便り
あじさい祭り・マリーゴールド摘み放題
のこのしまアイランドパーク
都もはんなりおこしやす
あ〜お腹いっぱい おかわり!
晃瓶ノ巻

6月14日(金)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
「働くこと」を子どものうちから考える機会を
あっちこっちほっかほか便り
徳川ミュージアム
都もはんなりおこしやす
映画を観よう 京都シネマ 横地由起子さん

松下幸之助一日一話

6月6日
何事も結構
 私は運命というものは不思議なものだと思います。人はみなそれぞれ志を立てるのですが、なかなか思い通りにいかないし、実現しにくい。希望とは逆の道が自分にピッタリ合って成功する場合もあるのです。

 だから私は、あまり一つのことをくよくよ気にしない方がいいのではないかと思います。世の中で自分が分かっているのは一%ほどで、あとは暗中模索。はじめから何も分からないと思えば気も楽でしょう。

 とにかく人間にはさまざまな姿があっていいと思うのです。恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切だと思います。

松下幸之助一日一話

6月5日
商道徳とは
 商道徳とは何かということについては、むずかしい理屈もあるかもしれないが、ごく通俗的に考えれば、商売人としての心構えとでもいうべきものであろう。

それは昔も今も同じであり、永遠に変わらないもののような気がする。つまり、商売人には商売人としての使命がある。だから、その使命に誠実に従い、ひたすらこれを果たしていくということである。

 私がやってきた電器屋であれば、人びとの役に立つものを開発する。しかも合理化をはかり、適正な利益をとりつつもなお、安くなるよう努める。また配給もできるだけムダをなくす。それが商道徳というもので、それは他のどんな商売にも言えるのではないかと思う。

松下幸之助一日一話

6月4日
会社の歴史を知る
 われわれは、事を成すに当たって、その事の成果を大事にすることはもちろんであるけれども、同時にその成果を生むまでの過程をも、もっと重視したい。そうすることによって、自然に謙虚さが生まれ、軽率な判断も避けられる。
 会社についても、今日ここにあるまでには、やはりいろいろの道程を廻って辿ってきたのである。喜びもあったし苦しみもあった。しかしどんなときも、お互いが心を結び合い、隠忍自重、絶えまない努力を続けてきたのである。そういう生い立ちなり道程については、ある程度は知っておきたい。仕事の知識もさることながら、会社の歴史についても理解を持つことが、やはり大切だと思うのである。
プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ