今日のコラム

☆ 今日は8月31日(月)  野菜の日 ☆

☆「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せ。

1983(昭和58)年に食料品流通改善協会などが、野菜の栄養価やおいしさを見直してもらおうと制定。
全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が制定。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月31日 松下幸之助一日一話 (松下幸之助.COM)

辛抱が感謝になる

われわれが一生懸命に仕事をしても、世間がそれを認めてくれなかったら、非常に悲しい。そんなとき、その悲しさが不平となり出てくるのも、一面ムリのないことだと思う。しかし“認めてくれないのは世間の人が悪い”という解釈もできるが、“まあちょっと辛抱しよう。

今は認めてくれなくても、いつかは認めてくれるだろう”と、じっと堪え忍び、いい仕事を続けていくというのも一つの方法である。そして認めてもらったら、これは非常に嬉しい。その嬉しさが感謝になる。“より多くわれわれを認めてくれた社会に対して働かなくてはいけない”という感謝の心になってくる。そういう心がなければいけないと思う。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年8月30日 東京新聞TOKYOWeb

▼ハナ肇とクレージーキャッツには高度成長期における会社員の悲しみ、喜びを巧みに歌い上げた名曲が数多くあるが、その中でも秀逸な一曲に「ゴマスリ行進曲」(作詞・青島幸男、作曲・萩原哲晶)がある

▼一九六五年公開の映画「日本一のゴマすり男」の挿入歌なので今年五十年である。<ゴマをすりましょ、陽気にゴマをね><朝も早よから夜中まで身震いするよなうまいこといおう><エライヤッチャおだてろゴマすってのせろ>

▼軽蔑の対象になりかねない、ごますりを再評価し、手間も元手もいらぬ出世の道具として使おうと歌っているが、無論、ごますりにうかうかと引っ掛かる上役や社会への青島さん流の皮肉だろう

▼そういえば、ごますりという言葉自体、最近はあまり聞かぬ。若い人の傾向として責任が大きくなる出世を望まぬ傾向があるとも聞くが、心にもないごまをすって立身を目指す「出世の鬼」は絶滅危惧種か

▼と思いきや自民党である。世間の批判は強くとも、なお有力な安倍総裁(首相)の無投票再選の見通しと聞く。党内各派は勝てる見込みがない以上、逆らっても損とばかりに首相支持を表明している。<エライヤッチャおだてろ>である

▼無投票は国民に失礼と指摘したのは野田聖子さん。もっともな意見で、第一に考えるべきは国民の党への目。各派はごまをするべき相手を間違えている。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、雨の予報です。

昨日は、雨模様で蒸し暑かったです。イオンモールに買い物に行きましたが、午前中からすごく混んでいました。

今日で8月も終わりです、猛暑日はもう無いと思います、今週は雨模様のようです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!

◆ 8月31日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

重陽祭
車折神社
@おどろく.Com
ふれあい広場 ◆

◆ 9月1日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

災害時にペットの対応で慌てないために
認定NPO法人アンビシャス
理事長 松岡幸子さん
あっちこっちほっかほか便り

あげあげサミット2015
湖南市
@おどろく.Com
未定 ◆

◆ 9月2日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「しきたり食」の調査を進めています
おばんざい研究会
代表 藤掛進さん
あっちこっちほっかほか便り

真夏の雪祭り
六甲山カンツリーハウス
@おどろく.Com
アメリカから水彩画家を呼ぼう!
京都府観光親善大使
冨田さん  ◆

◆ 9月3日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

琵琶湖100キロチャリティ歩行大会
10月開催!琵琶湖の味も楽しんで
三上千奈美さん
あっちこっちほっかほか便り

瀬古の流星
忍者ののろし
甲賀市 瀬古薬師堂
@おどろく.Com
向かいの匠はん
京都魁の会 ◆

◆ 9月4日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

アフリカアパルトヘイトの父
上賀茂神社でソロピアノコンサート
LUSH LIFE
あっちこっちほっかほか便り

バスの日まつり in びわこ
守山市 ピエリ守山
@おどろく.Com
薫のおいしおすえ ◆


☆ 今週も聴いています。
ラジオネーム 還暦おじさん ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月30日(日)  富士山測候所記念日 ☆

☆ 1895(明治29)年、富士山頂に野中測候所が開設しました。
 大日本気象学会の野中至が私財を投じて建設したもので、現在の気象庁富士山測候所の前身となりました。
気象庁による常駐観測は2004年10月に終了し、以後は自動計測のみとなった。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール

29日横浜スタジアム、カープ3―2DeNA、勝ち投手一岡2勝4敗1S、セーブ中崎6敗21S 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月30日 松下幸之助一日一話 (松下幸之助.COM)

日ごろの訓練

お互いが仲良く生活し、また仕事を円滑に進めてゆくためには、人の応対一つにしても、充分に注意しなければならない。そして単に礼儀が正しいとか、言葉づかいに気をつけるということだけでなく、いわば心のこもった応対ぶりを見せることが大切ではないかと思う。

もちろんこれは口で言うほど簡単なものではない。日ごろからそういう訓練がなされていなければ、たとえ頭でわかっていても、実際に容易にできることではない。
いつの場合にも自然に行動に表われてくるというためには、やはり事あるたびにしつけ、習慣づけておかなければなかなか養われるものではないと思うのである。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月29日 東京新聞TOKYOWeb

▼財布の紐(ひも)の固い人を指し「赤螺(あかにし)屋」というのはその名の巻き貝が殻を閉じるとなかなか開かぬことに由来するという。落語の「片棒」。主人公は「赤螺屋けち兵衛」というから、いかなる人物か想像できよう

▼倹約に励み、身代を大きくしたけち兵衛の心配は後継者。三人のせがれを面接する。問題はけち兵衛が死んだら、「どんな葬式を出すか」

▼長男は弔いを計画する。通夜は二晩、坊さんは二十人。豪勢な料理。香典返しには、舶来金時計。激怒される。次男は色っぽい弔いをという。芸者衆の手古舞(てこまい)に山車、御神輿(おみこし)。もちろん却下。三男は二人の兄とは反対に質素な葬式を提案する。通夜に出すのはお茶と煎餅。棺桶(かんおけ)は菜漬けの樽(たる)。けち兵衛を喜ばせる

▼けち兵衛に言わせれば、なお不十分かもしれぬ。新国立競技場の工費について政府は千五百五十億円を上限とすることを決めた。旧計画から約千百億円縮小した。屋根は観客席上部のみ、冷暖房設備も見送られた

▼お客さまを迎えるのにお茶とせんべいの葬式ではあるまいかと心配する向きもあろうが、その額は、ロンドンや北京の五輪を大きく上回っている。費用をあまりかけたくない世論の意向が反映されたことに胸を張るべきだろう

▼問題は上限が守られるか。金時計や芸者衆が紛れ込まぬとも限らぬ。上限には固いふたを。「赤螺屋五輪」。結構ではないか。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、午前中は雨の予報です。

昨日の夕方から夜はすごい雨でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日はイオンモールでサービス日ですから、生活用品を買いに行きます。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月29日(土)  ケーブルカーの日 ☆

☆ 1918年のこの日、大阪電気軌道(現在の近畿日本鉄道(近鉄))の子会社生駒鋼索鉄道が、奈良県生駒山の鳥居前~宝山寺間で日本初のケーブルカー(現在の近鉄生駒ケーブル)を開業させた。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月29日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

会社の実力を知る

私は今まで銀行にお金を借りに行って、断わられたことはありません。これは決して誇張でも自慢でもありませんが、計画を立て、「これだけお金が要りますから貸してください」と申し出て、「これは松下さんいけません」と言われたことがないのです。

それはやはり、自分の会社の力というか、そういうものを正しく認識して、その範囲の中で銀行にお願いしていたからでしょう。ですから銀行の方もこれなら大丈夫だと信用して応じてくれたのだと思います。

大事なことはみずからの会社の実力を正当に認識し、それに応じて事をなしていくことだと思うのです。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月28日 東京新聞TOKYOWeb

▼四つ葉のクローバーは幸せを呼ぶといわれるが、それをみそ汁の具にしたら、どんなものだろうか。手元に四つ葉がやたらと生える鉢植えがあったので試してみたが、青臭さもない代わり、これといった風味もない。招福の効果は分からぬが、少なくとも口中に幸福感が広がることはなかった

▼なぜそんな妙な料理を作ったかと言えば、戦中も発行され続けた婦人雑誌を丹念にあたり、そこで紹介された料理法から食の姿に迫った斎藤美奈子さんの『戦下のレシピ』に、クローバーのみそ汁が紹介されていたからだ

▼食糧難を乗り切る術は、芋の皮でも魚の頭でも何でもかんでも、すり潰(つぶ)したり粉にしたりして、増量に使うことだった。だから食感はモサモサかドロドロ。調味料不足で味もない

▼<戦争は、カリッ、パリッ、サクッといった気持ちのいい食感を料理から失わせる>と斎藤さんが指摘するように、戦争は日常生活のごくささやかな幸福感までをも、徹底的にすり潰すのだ

▼七十年前の夏に戦闘は終わったが、飢えとの闘いは戦後も長く続いた。「主婦之友」一九四六年九月号には、タンパク質不足を補うためカタツムリを食べることを勧める、こんな記事が載ったという

▼<フランス料理で珍味とされているもの。食用として特に飼ったのもありますが、雨あがりによく木の葉を食(は)んでいる普通のでよろしいのです> ☆


☆ 今朝は曇空です。時々、雨の予報です。気温は、30度ありますから、水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。少し、蒸し暑くなるのかな

蝉さんの鳴き声も昼間だけになりました。静かな夜明けになります。

夜は虫の声が聞こえる用になりました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月28日(金)  民放テレビスタートの日 ☆

☆ 1953(昭和28)年8月28日午前11時20分、日本の民放テレビ第1号の日本テレビが放送を開始しました。
 初のテレビCMは服部時計店(精工舎)の正午の時報でしたが、放送の不慣れからフィルムを裏返しにかけてしまったため、3秒ほどで中止されました。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
27日マツダスタジアム、カープ2―0阪神、勝ち投手前田健10勝7敗、セーブ中崎6敗20S、本塁打エルドレッド11号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月28日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

力を合わせて

不況の風が吹き、不景気の波が押し寄せるという情況に世間があるときには、それぞれの会社も何らかの形で、その影響を受けないわけにはいきません。

ただそんなときに一番大切なことは、全員の冷静な判断と力強い協力だと思います。船長が沈着に針路を過たず、船員が冷静に協力を惜しまなければ、その船はどんな嵐にあっても着々と進んでいくでしょう。

それを、それぞれが慌てて勝手な判断をし、勝手な振舞をしたならば、それがたとえ善意から出たものであっても、船の前進は望めません。

不況、困難なときこそ、“和親一致の精神”が一番に求められるのです。


☆【コラム】筆洗

2015年8月27日 東京新聞TOKYOWeb

▼千七百年以上も昔、シリア砂漠のオアシス・パルミラを治めたゼノビアは、この古代都市の栄華を象徴する女王である

▼歴史と哲学を愛し、浅黒い肌ときらめく黒い瞳、真珠のごとき白い歯を持つ美しき女王の下でパルミラは繁栄し、ローマ帝国からの独立を宣言するが、結局、街は帝国に破壊される

▼そんなパルミラの誇りと悲劇に満ちた歩みを敬い、遺跡を守るために八十年余の生涯を捧げた人がいる。ハレド・アサドさん。娘をゼノビアと名付けたと聞けば、彼がいかにこの街を愛していたか、うかがい知れるだろう

▼乱開発や盗掘と戦い、各国の研究者と協力しての発掘調査に尽力した。アサドさんと長く親交を結んできた考古学者の西藤(さいとう)清秀さんは「大変な日本びいきで、われわれは本当にお世話になった。顔はいかついけど、面倒見がよく、正義感が強くて…」と語る

▼パルミラに攻め入った過激派組織「イスラム国」はアサドさんを処刑し、神殿の一つを爆破した。彼は貴重な文化財の位置を教えるように迫られても、拒み通したと伝えられる。アサドさんにとって、それは家族を守るような行為だったのかもしれぬ

▼西藤さんたちは今、寄付を募って現地の考古学者らを支援する態勢を築き、シリアの文化財を救おうと奔走している。問い合わせは、日本西アジア考古学会(ファクス029・853・4432)へ。 ☆


☆ 今朝は曇空ですが、晴れの予報です。30度超えるみたいです、水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

昨日は、気持ちの良い青空でしたが、昼間は暑かったです。
昨日は、長女の誕生日でした。


今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。☆


今日のコラム

☆ 今日は8月27日(木) 『男はつらいよ』の日 ☆

☆ 1969(昭和44)年、山田洋次監督・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開された。

「フーテンの寅」が最初に登場したのはテレビドラマで、この時は最終回で寅さんは死亡した。しかし、あまりの反響の大きさのため映画で復活し、以来48作にも及ぶ世界最長の長編シリーズとなった。
最終作は1995(平成 7)年公開の「寅次郎紅の花」。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
26日マツダスタジアム、カープ4―2阪神、勝ち投手ジョンソン10勝6敗、セーブ大瀬良2勝6敗1S、本塁打石原2号、エルドレッド10号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月27日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

職責の自覚

お互いに欠点というものはたくさんあり、何もかも満点というわけにはいかない。だから、自分の足りないところは他の人に補ってもらわなければならないが、そのためには自分自身が自分の職責を強く自覚し、その職責に対して懸命に打ち込むという姿勢が大切である。

仕事に熱心であれば、おのずから職責の自覚が高まるし、職責の自覚があれば、人はまた常に熱心である。そうした自覚、そうした熱意は多くの人の感応を呼び、協力も得られやすくなる。

そういうことから、みずからの職責を自覚し、全身全霊を打ち込むという心がけだけは、お互いにおろそかにしたくないと思うのである。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年8月26日 東京新聞TOKYOWeb

▼一九二九年の十月二十三日、名優チャプリンは、名曲「ホワイトクリスマス」などを生んだ音楽家バーリンと食事をしていた。彼が株で大もうけしていることを自慢すると、チャプリンは「一千四百万人も失業者がいるのに、どうして株など信じられるか」と冷や水をかけ、口論になった

▼翌日、バーリンの富は泡と消えた。この日、ニューヨーク株式市場で株価が大暴落し、世界を揺るがす大恐慌の幕開けとなったのだ。「暗黒の木曜日」である

▼中国での株価急落が、世界中を揺るがせている。「世界経済のエンジン」とも称される巨竜がのたうちまわることになれば、どんな大波が起きるか。欧米メディアは「中国版・暗黒の月曜日」と報じている

▼考えてみれば、共産党政権という不透明きわまりない政府が透明性が求められる市場を操る不可思議。「卒業することは、失業すること」と言われるほど若者の就職難は深刻なのに、公表される統計からは把握しようもない実態。そんな謎だらけのエンジンがエンストすれば、アベノミクスも急減速はまぬがれまい

▼チャプリンに話を戻せば、彼は失業者の増加に注目し、「暗黒の木曜日」の前年に持ち株を売却していたそうだ

▼社会の底辺に生きる人々を見据え、名画『街の灯』を撮る。そんな目を持っていたからこそ、希代の名優は経済の先行きを見抜けたのかもしれぬ。 ☆


☆ 今朝は曇空です。昼間は暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。
蝉さんの鳴き声も昼間にしか聴こえなくなりました。

昨日は、気持ちのよい青空でした、風も涼しく良かったです。

久しぶりに、弟に電話しましたら、今年は、2回も、心筋梗塞で入院していたと話してくれました。今は、退院して家にいると言っていました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月26日(水) レインボーブリッジの日 ☆

☆ 1993(平成5)年8月26日、東京の芝浦とお台場を結ぶレインボーブリッジ(東京港連絡橋)が開通した。事前の公募によって決められた名称の通り、美しい架け橋として、東京の新名所となった。

 レインボーブリッジは2層構造で、上層は首都高速11号台場線(有料高速道路)、下層は一般車道(無料)、ゆりかもめ(鉄道)の線路、そして遊歩道(無料)で構成されている。レインボーブリッジのほぼ端から端まで歩くことのできる遊歩道は隠れた観光スポットで、東京湾の素晴らしい景色を、ゆっくりと眺めることができる。

 この橋は全長798メートル、主塔の高さ126メートル、水面からの高さが50メートルで、上層が首都高速道路11号台場線、下層が臨港道路・遊歩道とゆりかもめの2層構造になっています。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月26日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

矢面に立つ精神

人間が大事に際して、その難局の「矢面に立つ」ということは、人生としてはおそろしいことであり、大変に勇気のいることである。スリルがあるとか、あるいはこれはおもしろいな、という人も、今日の青年の中にはいるかもしれないが、ほんとうに腹を割ったところ、あまり愉快ではないと思う。

しかし、こういう場合に敢然として、その矢面に立つことも男子の本懐と喜んで事に当たることも大切である。
そしてそういう人こそ、大事において、うろたえず、ものを決断することのできる人であり、人多くして人なき社会において、ほんとうの人物として立っていくことのできる人であるという思いがする。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月25日 東京新聞TOKYOWeb

▼<ンの字もソの字も同じ入学す>中野寿郎。「ン」と「ソ」の区別もつかぬままランドセルを背負い始めた子も、夏休みの作文や絵日記を一生懸命書いているだろうか

▼子育てを詠(よ)んだ俳句は母親の作が多いと思いがちだが、ここ百年余の俳句の歩みをみれば、父親が詠んだ句の方が圧倒的に多いのだと、西村和子さんの『NHK俳句 子どもを詠(うた)う』に教わった

▼たとえば、十一年前に四十五歳の若さで逝った田中裕明さんの句。<汗の児の海草のうつり香とおもふ><風邪ひいて赤子のかほでなくなりぬ>。小さな子の汗の生命の揺りかごを感じさせるような香り。熱を出し、それを乗り越えるごとに一皮むけたかのように顔つきをたくましくしていく不思議さ。子どものぬくもりをそうっと鮮やかに描いた十七文字である

▼厚生労働省の調査によると、夫が家事・育児に使う時間はここ十年でぐっと増え、平日でも二時間以上費やす男性が半数近くになっているそうだから、子育てを詠う「父の句」は、ますます増えるかもしれぬ

▼ただこの調査で気になるのは、「子どもは望まない」と答えた独身の男女もまた、ぐっと増えているということだ。若者の非正規雇用の急増など不安な暮らしが影を落としているのだろうか

▼「子どもは望まぬ」という答えの陰にどういう事情があるのか。目を凝らしていく必要がありそうだ。 ☆


☆ 今朝は晴れています。暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

昨日は、台風の影響で風が強かったです。時々、雨も降りました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月25日(火) 川柳発祥の日 ☆

☆ 川柳は、宝暦7年8月25日(1757年10月7日)、初代川柳こと柄井川柳(八右衛門)が川柳風の前句付興行を始めた日を記念して、川柳学会が提唱。
 2007年8月25日は、川柳勃興250年の記念すべき日に当ります。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月25日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

なすべきことをなす

治にいて乱を忘れずということがある。太平のときでも、乱に備えて物心ともの準備を怠ってはならないということで、指導者としてきわめて大切な心がまえである。

とはいえ、人間というものは、とかく周囲の情勢に流されやすい。治にあれば治におぼれ、乱に遭えば乱に巻き込まれて自分を見失ってしまいがちである。そういうことなしに、常に信念を持って主体的に生きるためには、やはり心静かに、われ何をなすべきかを考え、そのなすべきことをひたすらなしていくことが大切である。

指導者の要諦とは、見方によっては、この“なすべきことをなす”ということに尽きるとも言えよう。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年8月24日 東京新聞TOKYOWeb

▼夏の一日、信州・上田の無言館を訪れた。戦没した若き画家たちの遺作や遺品が収められた美術館は濃緑の木立に包まれ、静謐(せいひつ)な館内にまで、せみ時雨がしみ入る
▼彼らはどういう思いで絵筆を銃に持ち替えたのか。展示品の中に二十歳で学徒出陣した佐藤孝が書き綴(つづ)ったノートがある。「遺書には非ざる言葉」と題され、こんな箇条書きが並ぶ

▼<一、私には既に私に与へられた運命がある 一、私には私だけにしか持てぬ世界がある 一、遺書といふ程のものは別にない 一、帰還は考へていない 一、おそらく生きて帰れぬことを信じてゐる…一、作画の少きを残念に思ふ…>

▼戦死が定めと思いつつも、行間ににじむ生への思い。自己の内なる世界を見つめる視線。佐藤は念願かなって東京美術学校(現・東京芸術大学)に入ったものの、半年余で学業を打ち切られ、終戦を目前にしフィリピンで戦没した

▼<六十年も経つというのに/あなたの絵具は/ちっとも乾いていない/あなたの描いた絵の朱(あか)は/まるで 昨日(きのう)の夕陽をみるように/鮮やかで…>。無言館の館主・窪島誠一郎さんはかつて、そんな詩を彼らに捧げた

▼<…ちっとも乾いていない あなたの絵具は/あなたが今も そこに生きていることを/私たちに教えてくれる/鮮やかな 生命(いのち)の色だ>。その絵具は戦後七十年たった今も、少しも乾いてはいない。 ☆


☆ 今朝は曇空で風が強いです。台風の影響です。物など飛ばされないように注意しましょう。

昨日は、少し涼しかったです。綺麗に晴れて気持ちの良い青空でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。

今日のコラム

☆ 今日は8月24日(月)  大噴火の日,ポンペイ最後の日 ☆

☆ 西暦79年、イタリアのヴェスビアス火山が突然噴火し、麓のポンペイの市街が約8メートルの火山灰により埋没した。 1738年に農夫がこの遺跡を発見し、発掘により当時の町の様子がそのまま出現した。歴史小説家リットンの『ポンペイ最後の日』は、この大噴火を題材にしたもの。

1962(昭和37)年に三宅島が大噴火を起こしたのもこの日だった。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール

23日マツダスタジアム、カープ2―1巨人、勝ち投手黒田8勝6敗、セーブ中崎6敗19S、本塁打丸16号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月24日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

我 執

一人ひとりの人が、それぞれに自分の考え、自分の主張を持つということは、民主主義のもとではきわめて大事なことである。が、同時に相手の言い分もよく聞いて、是を是とし、非を非としながら、話し合いのうちに他と調和して事を進めていくということも、民主主義を成り立たせる不可欠の要件であると思う。

もしもこの調和の精神が失われ、それぞれの人が自分の主張のみにとらわれたら、そこには個人的我執だけが残って争いが起こり、平和を乱すことになる。

今日のわが国の現状、世界の情勢をみるとき、いま少し、話し合いと調和の精神が欲しいと思うのだが、いかがなものであろう。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月23日 東京新聞TOKYOWeb

▼こんな短い詩がある。<たびから帰り/自分のヘヤを/みつめてみると/どこもちがってないのに/なんか/ちがう風に思われる>

▼四十年前の夏に中学一年生で逝った岡真史(おかまさふみ)君の詩集『ぼくは12歳』の中の一編だ。ちょっとだけ殻を破って、自分の足で一歩踏み出してみる。そんな「旅」をすると、いつもと変わらない自分の部屋までが、少し違って見える

▼十二、三歳というのは、そういう季節だろう。<夕方のかげぼうしってすごく長い せの高い自分をみるとなんとなくうれしい>。これも『ぼくは12歳』にある言葉だが、精いっぱい背伸びをすることで、本当にぐんぐん背が伸びていく。大人から見れば、ひどく危なっかしくも、大切な時間だ

▼大阪府寝屋川市の中学一年生の二人も、思い切って背伸びをするような「旅」がしたかったのかもしれない。野宿するために簡易テントを持って、家を出て…

▼だが、その結末はあまりに、むごい。女子生徒の遺体を遺棄した容疑で四十五歳の男が逮捕されたが、粘着テープで何重にも巻かれていたという十二歳と十三歳の二人の最期の姿を思えば、胸が詰まり、はらわたが煮え返る

▼「なぜ? どうして?」。ご家族は押しつぶされるような悲しみの中、そう問うばかりだろう。どうしたら、こんな凶事から子どもを守れるのか? しかと考え続けたい重い疑問符が残された。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。朝晩は涼しくなりましたが、昼間は暑いです。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送! ◆

◆ 8月24日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

生き残った文化遺産「ラジオ塔」の魅力について
カメラマン 一幡公平さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
ふるさと夏まつり
「木之本地蔵大縁日」
@おどろく.Com
おきらく京都案内
とびっきりの京都案内 ◆

◆ 8月25日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

保津地域の新ブランドを目指して、藍の栽培
ほづあい研究所 所長 吉川慶一さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
奈良県
「バサラ祭り」
@おどろく.Com
朝のみそひともじ
歌人 林和清さん ◆

◆ 8月26日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「ホンデリング」活動を知っていますか?
認定NPO法人 おうみ犯罪被害者支援センター
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
日野町
「近江中山の芋競べ祭り」
@おどろく.Com
妙慶さんの随分いい話
僧侶 川村妙慶さん ◆

◆ 8月27日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

30日で一応閉館 43年の感謝を込めて
梅小路蒸気機関車館
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
大阪市
「南御堂盆おどり」
@おどろく.Com
ふれあい広場 ◆

◆ 8月28日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

早朝散歩で丹波の魅力を発信
藤井照雄さん
あっちこっちほっかほか便り

夏の最後を飾る関西のまつり・イベント
叡山電車開業90周年記念イベント
「八瀬えいでん ≪駅≫ 地ビール祭り」
@おどろく.Com
そうだ、本屋さん行こう! 社長 洞本昌哉さん ◆

http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/hokahoka/index.htm


☆ 今週も聴いています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月23日(日)  ウクレレの日 [ハワイ] ☆

☆ 【大紀元日本8月22日】爽やかな音を奏でるハワイの楽器「ウクレレ」は、19世紀にポルトガル移民が持ち込んだ楽器「ブラギーニャ」が原型と言われている。それをハワイ原産のコア材を使って作られたものが現在のウクレレだ。

 州政府は、ポルトガル人がハワイの移民局に登録を行った1879年の8月23日を、ウクレレの日と定めた。名前のウクとは「ノミ」、レレとは「跳ねる」の意味。☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆

☆ 昨日のカープVメール
22日マツダスタジアム、カープ2―1巨人、勝ち投手福井9勝3敗、セーブ中崎6敗18S、本塁打エルドレッド9号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月23日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

強い要望があってこそ

販売に当たる者も、生産にたずさわる者も、製品の良化を強く要望しなければならない。
あらゆる製品について、それをお買い求めくださるお客さまの立場に立ち、お客さまの番頭になる気持ちで、性能、品質をためし、再吟味してみる。工場側においてそうであると同時に、これを販売する営業部門においても、同様の気持ちで厳格に調査して、もし一点でも不満足なところがあれば、工場に返品して再検討を求めるということでなければならない。

こうして、すべて良品にしなければならないという要望が強まれば強まるほど、工場における良品生産も促進されることになり、さらに信念に満ちた製品が提供されることになるのである。 ☆



☆【コラム】 筆洗

2015年8月22日 東京新聞TOKYOWeb

▼地域差はあろうが、一時の暑さも一段落で、セミの声も盛夏のアブラゼミやミンミンゼミにまじり、ツクツクボウシやヒグラシの声が濃くなってきた

▼ツクツクボウシの名はその鳴き声の「聞きなし」から付いている。『日本語オノマトペ辞典』(小学館)によると平安期には、その声に「ウツクシヨシ」(美し良し)という気分の良い「聞きなし」があった。<女郎花なまめきたてる姿をやうつくしよしとせみの鳴くらん>(散木奇歌集)

▼生命の限りに鳴くセミはどんな雑音も気にならぬ。昆虫学者のファーブルの有名な実験がある。鳴くセミの近くで大砲の音を鳴らしてもセミは鳴きやまなかった。自分の声を楽しむだけである

▼人の世はそれではすまぬ。音を出せば、反応もある。北朝鮮は軍事境界線付近に韓国が設置した拡声器の「声」に反応し、大砲の弾を撃ち込んだ。韓国軍もこれに応戦し、緊張はあっという間に高まった。北朝鮮は前線地帯に「準戦時状態」を発令した。一九九三年以来のことである

▼発端には、北朝鮮側の地雷で韓国兵が負傷した事件があるというが、声には砲弾、砲弾には砲弾というきな臭い連鎖に身構える

▼双方に冷静な対応を期待する。「ツクヅクオシ」は、ツクツクボウシの別の聞きなしだが、「つくづく惜し」の展開などあってはならない。「つくづく話せ」と鳴け。あらん限りの声で。


☆ 今朝は太陽が眩しいです。今日も暑くなるそうです、高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。


昨日は近くで夏祭りが有りました。天気もよく、夕方は、涼しい風も吹いて気持ちが良かったです。
たくさんの人が見に来ていました。小さい子の踊りは良かったです。

久しぶりに会った人ともお話出来たし良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月22日(土) チンチン電車の日  ☆

☆ 1903年のこの日、東京電車鉄道の路面電車が新橋~品川で営業を開始し、東京で初めて路面電車(チンチン電車)が走った。

日本で初めて路面電車が走ったのは1890(明治23)年5月4日に上野公園で開催されていた内国勧業博覧会の会場内だった。また、日本で最初の一般の道路を走る路面電車は1895年2月1日に開業した小路東洞院~伏見京橋の京都電気鉄道だった。

この日は別に、6月10日が「路面電車の日」となっている。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月22日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

国民を叱る

私は総理大臣というものは、新しく就任したならまず国民を叱らなければならないと思います。今は国民を叱る人が誰もいません。国民に対してご機嫌をとることはしても、国民を叱ることはありません。だから国民は甘え、他を頼るようになる。それが経済の上にも、政治の上にも行き詰まりが出てきた一つの大きな原因だと思います。

かつて、ケネディ大統領が言ったように、日本の総理大臣も、「私は総理大臣になりましたが、みなさんは私に求めてはいけません。国に対して求めるよりも、国のために何をなすべきかをお考えいただきたい。そうしないと日本はよくなりません」こういうことを言うべきだと思うのです。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月21日 東京新聞TOKYOWeb

▼その中年男はお世辞にも二枚目とはいえぬ。ずんぐりむっくりの「二頭身半」。鼻はすっと高いが、髪の毛はない。ニカッと白い歯を見せて笑う口。サントリーのウイスキー「トリス」のキャラクター「アンクルトリス」

▼デザインした画家の柳原良平さんが亡くなった。八十四歳。「アンクル」のデビューは一九五八年という。絵は柳原さんだが、その「人格」は柳原さんとともに当時、寿屋(現サントリー)宣伝部に在籍し、その後、作家となった山口瞳、開高健さんらと議論してこしらえた

▼<調子良くて、いたずら好きでちょっぴり反骨精神を持った男>。広告のキャラクターといえば、愛らしく、明るい性格が通り相場だが、「アンクル」には一癖も二癖もあった
▼カネと出世が会社員の最大の目標であった高度成長期にあってさえ、「アンクル」は<人間らしくやりたいナ>(開高さんの広告コピー)とつぶやく

▼「みんな 山を見る オレ 川を見る みんな 東京に集(あつま)る オレ 旅に出る テレビで観(み)る トリス飲む」は、六四年の東京オリンピック当時のトリスの広告。「アンクル」は世間や「多数派」にも流されぬ。二〇一五年においてさえ難しい態度をアンクルは提言していた

▼「アンクルには開高さんや山口さんの性格がある。私自身も」。そう語った「アンクル」の一人の死が高度成長期育ちには寂しい。



☆ 今朝は晴れています。暑くなるそうです。高温になります。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。。

昨日は月1回の京都警察音楽隊の演奏が、イオンモールで有りました。

今日は、近くで夏祭りがあります。夕方は盆踊りも有るみたいです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆



今日のコラム

☆ 今日は8月21日(金) 献血の日 ☆

☆1964(昭和39)年のこの日、それまでの売血制度をやめ、輸血用血液は献血により確保する体制を確立するよう閣議で決定されました。
 1974(昭和49)年に民間商業血液銀行が預血制度を廃止したことにより、すべてを献血で確保する体制が確立しました。☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆


☆ 8月21日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

カンを養う

カンというと、一見非科学的なもののように思われる。しかしカンが働くことはきわめて大事だと思う。指導者は直観的に価値判断のできるカンを養わなくてはいけない。

それでは、そうしたカンはどうしたら持つことができるのか。これはやはり経験を重ね、修練をつむ過程で養われていくものだと思う。昔の剣術の名人は相手の動きをカンで察知し、切っ先三寸で身をかわしたというが、それは、それこそ血のにじむような修行を続けた結果であろう。

そのように指導者としても、経験を積む中で厳しい自己鍛練によって、真実を直観的に見抜く正しいカンというものを養っていかなくてはならない。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月20日 東京新聞TOKYOWeb


▼<いやだ と言っていいですか/本当にからだの底からいやなことを/我慢しなくていいですか/我がままだと思わなくていいですか…>。谷川俊太郎さんの、「いや」という詩だ。六年前に出された詩集『子どもたちの遺言』に収められている

▼この詩集は当初、七十七歳の詩人から「子どもたちへの遺言」として企画されたそうだ。しかし私たちは、子どもたちに遺言されるような危うい時代に生きているのではないか。谷川さんはそう考え、発想を逆転させて言葉を紡いだという

▼「いやだ」と言いたいのに、言えない。そんな気持ちを口に出せないまま、自ら命を絶ってしまう子もいるに違いない。政府の調べによれば、子どもの自殺が一年で最も多いのは、九月一日だという

▼夏休みが終わって、新学期が始まる。「学校に行くぐらいなら、死んでしまいたい」と思い詰めている子が今この時も、どこかにいるのかもしれない。命より大切な学校など、どこにもないのだけれど

▼谷川さんも、学校に行くのが嫌で嫌でしょうがなかったそうだ。いじめに遭い、教師に反発し、高校は定時制に転学して、何とか卒業したという

▼そんな谷川さんは詩「いや」をこう結んでいる。<いやだ と言わせてください/いやがってるのはちっぽけな私じゃない/幸せになろうとあがいている/宇宙につながる大きな私のいのちです> ☆


☆ 今朝はくもり空です。時々雨の予報です。高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月20日(木)  交通信号の日 ☆

☆ 1931(昭和6)年のこの日、銀座の尾張町交差点(銀座4丁目交差点)や京橋交差点などをはじめ、34カ所の市電交差点に、日本初の三色灯の自動信号機が設置されました。
 向かって右から赤・黄・青ですが、この3色が使われたのは光の波長が長く、見やすい色だからです。
 また、信号の青色は正確には青緑色です。
 なぜかと言うと、人間の目には緑色を感じる細胞が多く、緑に近い色をより強く認識できるからです。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月20日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

心を通わす

一人ひとりの努力が、部下の人にもまた上長の人にも知られるということは、何にもまして心嬉しいことだと思います。一つの成果をお互いに味わって、ともに喜び合うことができるということは、私は尊い姿だと思うのです。

一つの会社の中でも、北海道にいる人の苦労が九州にいる人に伝わる。九州にいる人の苦労が北海道の人に伝わり、打てば響くような形において、全員が結ばれていくというように、お互いに心と心を通わしているような状態になっていなければならない。

そうなれば願いどおりの好ましい成果があがり、社会のためにも大衆のためにもなる働きができるであろうと思うのです。☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月19日 東京新聞TOKYOWeb

▼ロシア帝政末期に暗躍した怪僧ラスプーチンの最期は、むごたらしいものであった。暗殺を謀る貴族らによって、青酸化合物の入った菓子や酒を勧められたのだ

▼だが、さすがは怪僧。毒入りの菓子を口にしても、何の異変も起きなかった。青酸ナトリウムや青酸カリは長い間放置すると、空中の二酸化炭素と化学反応し無毒化するから、ラスプーチンに盛られた毒もその牙を失っていたのかもしれぬ(山崎幹夫著『毒の話』)
▼毒を盛っても死なぬ怪僧の姿に、暗殺者は恐怖を感じたに違いない。彼らは銃撃し、鉄の棒で殴りとどめを刺した。しかし「君側(くんそく)の奸(かん)」たるこの僧を亡き者にしても、民衆の憎悪は消えず、帝政は崩壊への歩みを速めていった

▼中国・天津で起きた爆発事故では、膨大な青酸化合物などのずさんな管理が問題視されている。有毒物質の汚染で半径三キロほどが立ち入り禁止となり、死者は百人を超えたと公表されたが、現地では当局への不信の念がうずまいているという

▼「危険物」がため込まれているのは、天津に限るまい。「爆買い」に象徴される富にあずかっているのは、少数派。格差は拡大し、不満のエネルギーは全土で高まるばかりだ

▼青酸化合物と違い、この危険物は、いくら放置しても無害化はされない。不満の「化学反応」の連鎖が大爆発を起こすことは、歴史が繰り返し教えるところだ。☆


☆ 今朝は雨です。時々、大雨です。一日、曇で雨の予報です。

昨日は、曇空で、小雨もぱらついて蒸し暑かったです。
真夏日は途切れたみたいです。夜は寝やすかったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月19日(水)  俳句の日 ☆

☆ 正岡子規研究家の坪内稔典らが提唱し、1991年に制定。

「は(8)い(1)く(9)」の語呂合せ。

夏休み中の子供達に俳句に親しんでもらう日。☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆


☆ 8月19日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

自由と秩序と繁栄と

自由という姿は、人間の本性に適った好もしい姿で、自由の程度が高ければ高いほど、生活の向上が生み出されると言えましょう。しかし、自由の反面には、必ず秩序がなければならない。秩序のない自由は、単なる放恣にすぎず、社会生活の真の向上は望めないでしょう。
民主主義のもとにあっては、この自由と秩序が必ず求められ、しかも両者が日を追って高まっていくところに、進歩発展というものがあるのだと思います。そして、この自由と秩序という一見相反するような姿は、実は各人の自主性において統一されるもので、自主的な態度こそが、自由を放恣から守り、無秩序を秩序にかえる根本的な力になるのだと思います。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月18日 東京新聞TOKYOWeb

▼旧盆期間中のお休みを終え、昨日から再び仕事という方もいらっしゃるだろう。旅行から自宅に戻って、ごろんと寝転がった時、つぶやいた言葉は「やっぱり家が一番、いいな」とか「一番、ほっとするな」ではなかったか

▼どんなに美しい場所へ出かけたとしても、どんな快適なホテルで過ごしたとしても、帰ってみれば、結局、おうちの気楽さや安心に勝るものはない

▼<家に帰りたい 安らぎと音楽と愛する人が静かに待っている>。サイモンとガーファンクルの「早く家へ帰りたい」。旅に限らぬ。仕事や人間関係に疲れたときも、人は家に帰りたいと思うものだろう。帰っても何も解決しない。それでも自分の家に帰れば、心も少しは落ち着いてこよう

▼旧盆を過ぎても自分の家に帰れぬ人のことを心配している。桜島である。大規模な噴火の可能性があり、家を離れ、島内二カ所の避難所で約三十人が過ごしている。お年を召した方も大勢いる

▼いつ噴火してもおかしくない状態が続く。家に帰れぬ上、噴火におびえながらの日々は負担であろう。避難生活が長期化する見通しも出ている

▼山の神にはなんとか落ち着いてもらい、避難所にいる方には一刻も早く例のせりふをつぶやいてもらいたい。「やっぱり家が…」。当然だが、その幸せのせりふを言えるのは、家に帰れたという幸運に恵まれた方だけなのである。 ☆


☆ 今朝は雨です。予報は、雨時々曇りです。少し涼しい朝です。

蝉さんも静かです。

京都に住まいの親戚の叔母さんに電話しましたら、お盆の日に、介護されている娘さんが亡くなったと言いました、お盆の時に葬儀をして送り出したと。暑くて熱中症になった見たいです。今年は連続で猛暑日が多かったですから体力が持たなかった用です。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。☆

今日のコラム

☆ 今日は8月18日(火) 高校野球記念日 ☆

☆ 1915(大正4)年、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会しました。
 全国73校から地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝しました。
 第10回から会場が甲子園球場になり、学制改革により1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会となりました。 ☆



☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆



☆ 8月18日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

人材を引きぬけば……

職場で、この人はなくてはならない非常に重要な人であり、余人にはかえがたいと思っていた人が、ある事情でその仕事を離れました。そこで当然、戦力のダウンが生ずるであろうと考えていたら、不思議なことにその部なり課の成績が上がったということがあります。
これは、あとを受け継いだ人が大いに力を伸ばし、かえってよい結果を生んでいるということに他なりません。ですから私は、すぐれた人材を他の部門に起用する必要があるというような場合、躊躇せずこれをやるべきだと思うのです。

あえてそれを行なうことが、往々にして人材の育成に結びつく場合が少なくないということを体験してきたのです。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月16日 東京新聞TOKYOWeb

▼映画「社長シリーズ」「駅前シリーズ」などの俳優三木のり平さん(一九二四~九九年)の元に、召集令状の赤紙が届いたのは四五(昭和二十)年の夏だった

▼国のために死ぬ覚悟さえ固めていたが、結局、兵隊にとられることはなかった。入隊予定日が終戦の三日後の八月十八日だったためである。「戦争に行かなくていいのか」

▼七十年前の終戦日を国民はどう受け止めたか。<戦争は終わった 私は心中「シメタ!」と思った>(小沢昭一さん『わた史発掘』)<終わったーっ 生きてるぞ 生きのびたんだー>(手塚治虫さん『紙の砦(とりで)』)

▼戦争終結を知った喜びや安堵(あんど)感は想像できる。されどその夜、じわじわと襲ってきたのはむしろ「これからどうなるか」の不安だったのではないか

▼実際、終戦直後は戦時中よりも食糧や生活物資の入手は困難で、焼け跡での食うや食わずの生活が続く。終戦、そしてその後の平和な日本。これはあまりにはしょり過ぎた歴史であり、焼け跡での壮絶な苦しみが十五日以降に待つ。それも、やはり戦争の「罪科」なのである

▼のり平さんは十五日夜、ひそかに家を出て隅田川にある荷物を沈めた。千人針や軍人手帳などを詰めた袋。これからやって来る米兵に見つかれば、殺されると考えた。のり平さんの得意の文句ではないけれど戦争が終わっても平和は「パーッと」は来なかった。 ☆

☆ 今朝はくもり空です、晴れて暑くなるそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

昨日、夕方の雨で昨夜は涼しく眠れました。

昼間は蝉の大合唱が有ります。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆



今日のコラム

☆ 今日は8月17日(月) プロ野球ナイター記念日 ☆

☆ 1948(昭和23)年、横浜ゲーリッグ球場で日本初のナイター・巨人対中部(現在の中日)戦が行われました。
 「ナイター」という言葉もこの時初めて使われました。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール

16日マツダスタジアム、カープ7―2DeNA、勝ち投手福井8勝3敗、本塁打菊池8号、松山5号、田中6号、新井6号 詳しくは中国新聞(あさっての朝刊)で  ☆


☆ 8月17日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

街の品位を高める

自分の店舗は、自分の商売のためのものであると同時に、街の一部をなすものです。これは、その店舗のあり方が、街の美醜にも大きな影響を与えるということに他なりません。
一つの街に好ましい店舗ばかり並んでいれば、その街は生き生きと活気に満ちたきれいな街になります。街全体に好ましい環境が生まれます。だから、そうした街を美化するというか、街の品位を高めるという一段高い見地からも、自分の店舗をきれいにしていくことが大事だと思います。

それは「社会の役に立つ」という商売の真の使命に基づく一つの尊い義務とも言えましょう。またそれは同時に商売の繁栄にも結びつくものだと思うのです。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月16日 東京新聞TOKYOWeb

▼映画「社長シリーズ」「駅前シリーズ」などの俳優三木のり平さん(一九二四~九九年)の元に、召集令状の赤紙が届いたのは四五(昭和二十)年の夏だった

▼国のために死ぬ覚悟さえ固めていたが、結局、兵隊にとられることはなかった。入隊予定日が終戦の三日後の八月十八日だったためである。「戦争に行かなくていいのか」

▼七十年前の終戦日を国民はどう受け止めたか。<戦争は終わった 私は心中「シメタ!」と思った>(小沢昭一さん『わた史発掘』)<終わったーっ 生きてるぞ 生きのびたんだー>(手塚治虫さん『紙の砦(とりで)』)

▼戦争終結を知った喜びや安堵(あんど)感は想像できる。されどその夜、じわじわと襲ってきたのはむしろ「これからどうなるか」の不安だったのではないか

▼実際、終戦直後は戦時中よりも食糧や生活物資の入手は困難で、焼け跡での食うや食わずの生活が続く。終戦、そしてその後の平和な日本。これはあまりにはしょり過ぎた歴史であり、焼け跡での壮絶な苦しみが十五日以降に待つ。それも、やはり戦争の「罪科」なのである

▼のり平さんは十五日夜、ひそかに家を出て隅田川にある荷物を沈めた。千人針や軍人手帳などを詰めた袋。これからやって来る米兵に見つかれば、殺されると考えた。のり平さんの得意の文句ではないけれど戦争が終わっても平和は「パーッと」は来なかった。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、昨夜は、雨が降りました。少し、涼しい朝です。

お盆休みも終わり、今日から皆さんお仕事ですね、休み疲れが出ませんように。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!◆

◆ 8月17日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

東近江市にあった「陸軍射撃演習場」の調査が行われています
旧・射撃演習場を調べる会
代表 西田善美さん
あっちこっちほっかほか便り

京都縦貫道を使って出かけよう!
与謝天橋立IC
「天橋立ワイナリー」
@おどろく.Com
教えて!おまわりさん
京都府警察本部 ◆

◆ 8月18日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「丹後の村から見た戦争 -村人と兵隊-」企画展について
京丹後市阿教育委員会・文化財保護課
小山元孝さん
あっちこっちほっかほか便り

京都縦貫道を使って出かけよう!
宮津天橋立IC
「みやさんぽ」
@おどろく.Com
座ってお手軽!健康体操
ヘルスピア21 松森さん ◆

◆ 8月19日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「戦争の残像」展 を開催することについて
滋賀大学名誉教授
秋山哲男さん
あっちこっちほっかほか便り

京都縦貫道を使って出かけよう!
舞鶴大江IC
「大庄屋上野家」
@おどろく.Com
谷奥秀男の花のある暮らし
集花園 ◆

◆ 8月20日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

環境問題を解決し持続可能な社会を目指し、グリーン連合設立
認定NPO法人環境市民
代表理事 杦本育生さん
あっちこっちほっかほか便り

京都縦貫道を使って出かけよう!
京丹波わちIC
「わち山野草の森」
@おどろく.Com
サリーの美味しさを科学する
料理塾 平松さん ◆

◆ 8月21日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

野田沼捕虜収容所、ご存じですか?
野洲図書館
あっちこっちほっかほか便り

京都縦貫道を使って出かけよう!
京丹波みずほIC
「グリーンランドみずほ」
@おどろく.Com
朝市 



☆ 今週も聴いています。

今年の夏は、猛暑日の連続で疲れました。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月16日(日) 月遅れ盆送り火 ☆

☆ 本来は旧暦7月16日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月16日に行われる。

お盆に帰ってきた先祖の霊を送り出す行事で、京都の五山送り火や長崎の精霊流しなどが有名である。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月16日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

道徳は実利に結びつく

社会全体の道徳意識が高まれば、まずお互いの精神生活が豊かになり、少なくとも人に迷惑をかけないようになります。それがさらに進んで互いの立場を尊重し合うようになれば、人間関係もよくなり、日常活動が非常にスムーズにいくようになるでしょう。

また自分の仕事に対しても誠心誠意これに当たるという態度が養われれば、仕事も能率的になり、自然により多くのものが生み出されるようになる。つまり社会生活に物心両面の実利実益が生まれてくると言えるのではないでしょうか。

そう考えるならば、私たちが道徳に従ってすべての活動を行なうということは、社会人としての大切な義務だということにもなると思います。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月15日 東京新聞TOKYOWeb

▼化け物が横たわっている。青みどろの巨体。「君はなにかねときいてみるとその異胎は声を発した。『日本の近代だ』」。作家の司馬遼太郎さんが『この国のかたち』の中で書いた

▼化け物は一九〇五年の日露戦争の勝利後から四五年の太平洋戦争の敗戦までの時間が形になったものであり、それが日本を侵略、戦争という誤った道へ導いたという

▼終戦記念日である。しからば、敗戦から現在までの七十年間はどんな形だったのか。平和と民主主義は一応は維持されている。されど強く揺さぶれば、もろく崩れる砂の精霊を空想する。日本が精霊を生き残らせた奇跡とそれを未来永劫(えいごう)、守っていかねばならぬ困難さに心を新たにしたい

▼安倍首相の戦後七十年談話を読む。化け物を再び里へ呼ぶ気配は感じられぬとは楽観がすぎるか。されど、大戦への「おわび」に慎重だった首相の過去の言動とは異なろう。変化が平和を希求する国民の意思によるものとすれば、化け物を封じる方法も見えてくる

▼戦争の記憶は薄れる。それは砂の精霊を殺し化け物を甦(よみがえ)らせる危険が増えることでもある。七十年という大きな節目に限った平和論ではなく、化け物封じを唱え続けねばならぬ

▼「君は生きているのか」。「おれ自身は死んだと思っている。しかし、見る人によっては生きているというだろう」。化け物は決して死んではいない。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。今日も暑くなるそうです。高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

蝉の大合唱が始まりました。

昨夜は少し涼しくて眠れました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

今日のコラム

☆今日は8月15日(土) 終戦記念日,敗戦記念日,全国戦没者追悼式 ☆

☆ 1945年8月14日、政府はポツダム宣言を受諾し、翌15日の正午、昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられた。これにより第二次世界大戦が終結した。 昭和天皇がラジオ放送で終戦の詔書を読み上げ、戦争の終結が国民に知らされました。天皇のお声を玉音に例え、「玉音放送」と呼ばれるこの放送。
とても有名な「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」の一節は、この放送の中で語られました。戦争は、ようやくこの日終わりを告げました。

内務省の発表によれば、戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人だった。

1982年4月の閣議決定により「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」となった。

1963年から毎年、政府主催による「全国戦没者追悼式」が日本武道館で開かれ、正午から1分間、黙祷が捧げられる。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
14日マツダスタジアム、カープ8―4DeNA、勝ち投手戸田3勝、本塁打丸15号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月15日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

平和の価値を見直す

最近、平和というものが、何かいわば空気や水のように、ごく当然に存在するものといった感じが強くなってきたのではないだろうか。平和の貴重さ、ありがたさがだんだん忘れられつつあるように感じられる。

これは危険なことだと思う。平和は天然現象ではない。人為というか、人間の自覚と努力によってはじめて実現され、維持されるのである。

だから、この際お互いにもう一度平和の価値というものを見直してみたい。そしてその価値を知った上で、国民として何をなすべきかを考え合いたい。さもないと、せっかく続いたこの貴重な平和を遠からずして失うことにもなってしまうのではないだろうか。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月14日 東京新聞TOKYOWeb

▼水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」が「少年マガジン」に夏休み特別企画として初登場したのは一九六五(昭和四十)年の夏。今年五十年である

▼当時の題名は「ゲゲゲ」ではなく、「墓場の鬼太郎」である。面白いことにマガジン掲載の第一回作品の「手」には主人公の鬼太郎の顔がほとんど描かれていない。数えると顔があるのはわずか四コマである

▼主役を描かず、どう展開しているのか。鬼太郎の体から分離した右手が吸血鬼と対決している。不気味な魅力があるが、人を食った内容が災いしてか、掲載当初の評判は悪かったそうだ

▼「鬼太郎」で描かれた妖怪はもちろん、幽霊や化け物の魑魅魍魎(ちみもうりょう)。物理学者の寺田寅彦は化け物について科学、宗教、芸術のいずれにも通じる世界であり、人が発明、創作した作品の中でも「化け物は最もすぐれた傑作」と書いているが、夏の怪談やお化け屋敷といい、日本人はとりわけ化け物を身近に感じやすい

▼この夏、お化け屋敷がどこも盛況と聞く。「お化け」を殴ってしまい、逮捕されるという騒ぎもあった。最近のお化け屋敷はよほど怖いのだろうが、所詮(しょせん)は見せ物、作り物。人はそれを前提に、安心して怖がっているのだろう

▼さて最も怖いお化け屋敷はどこか。鬼太郎の妖怪アンテナに聞かずとも国民の気持ちから離れている永田町方面か。こっちの方は作り物ではない。 ☆



☆ 今朝も太陽が眩しいです。暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

蝉も鳴き始めました。

昨夜は少し涼しくて寝やすかったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月14日(金) 特許の日 ☆

☆ 1885(明治19)年、日本初の専売特許が交付されました。
 7月に施行された「専売特許条例」に基くもので、堀田瑞松の錆止め塗料ほか7件が認められました。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
13日マツダスタジアム、カープ9―1ヤクルト、勝ち投手ジョンソン9勝5敗、本塁打新井5号、グスマン3号、丸14号 詳しくは中国新聞朝刊で☆


☆ 矢印8月14日 松下幸之助一日一話

電話で仕事をする

世間には、それこそ工場のすみずみまで自分でまわって陣頭指揮をしなければ気のすまない経営者も少なくありません。しかし工場まで出向くとなれば時間がかかります。

また、せっかく来たのだから、立ち話ですますわけにもいかないということで、自分の時間も工場の責任者の時間も必要以上に費やすことにもなりがちです。その点、電話を活用すれば、だいたい十分もあれば事が足りるわけで、往復の時間もいらないし、責任者の人の時間もとらずにすみます。

もちろん、自分の目で直接見ることによって、より大きな成果を得られる場合もあるでしょうが、電話で十分事足りるということも案外多いのではないでしょうか。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年8月13日 東京新聞TOKYOWeb

▼プロレスラーのジャイアント馬場さんが劇作家の寺山修司にこんな秘密を語ったという。寺山が書いている。「『いやなことが重なると、ワシは唄(うた)うんです』と馬場がいった。『何の唄』ときくと砂山ですよとこたえて、唄いだした」(『日本童謡詩集』)
▼<海は荒海 むこうは佐渡よ すずめ啼(な)け啼け もう日は暮れた>(作詞北原白秋、作曲中山晋平)。俚謡(りよう)にこもる寂しい調べが新潟出身の馬場さんの心の支えだったか

▼誰もがそういう歌をお持ちだろう。その方の仕事は「砂山」を探し、ひとびとに伝えることだったのではないか。音楽プロデューサーでNPO法人ミュージックソムリエ協会理事長の鈴木健士さんが亡くなった

▼幅広いジャンルの音楽がちまたにあふれている。その分、よい音楽が埋もれてしまいやすい時代にあって、それを許さぬ方だった

▼耳の肥えたミュージックソムリエ養成、CDショップ大賞の創設にせよ、鈴木さんの仕事は「よい音楽を教えたい」だった。最近は、CDやダウンロード配信で絶滅寸前に追い込まれたビニールのレコードの復権にも力を注いでいらっしゃった

▼足らぬ小遣いの中で吟味に吟味を重ね、たった一枚のレコードを買った時代が懐かしい。鈴木さんは、あの頃(ころ)の頼りになる物知りの先輩のような存在だった。五十四歳。「砂山」の「もう日は暮れた」が早すぎる。



☆ 今朝も太陽が眩しいです。蒸し暑くなりそうです。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

蝉の大合唱も始まりました。


昨日は、越してきましたと挨拶が有りました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は8月13日(木)  函館夜景の日 ☆

☆ 「や(8)けい(K=トランプの13)」の語呂合せ。
函館出身の大学生の投書がきっかけで、函館夜景の日実行委員会(函館青年会議所・函館観光協会等)が1991年から実施。 ☆

☆ 月遅れ盆迎え火

本来は旧暦7月13日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月13日に行われる。お盆に先祖の霊を迎え入れるため野火をたく。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月13日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

投資をしているか

書物によると、太閤秀吉という人は馬の世話をする係になったとき、主人である織田信長が乗る馬を立派にするために自分のわずかな給料をさいて、にんじんを買って食べさせてやったということです。これは一つの誠意ある投資だと思うのです。

そこで、みなさんは投資をしているかということです。そのように、いったんもらった給料を会社へまた献金する必要はありませんが、しかし自分の知恵で投資するか、あるいは時間で投資するか、なんらかの形で投資するという面が自分の成長のためにも必要だと私は思うのです。またそれくらいのことを考えてこそ、一人前の社員と言えるのではないでしょうか。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月12日 東京新聞TOKYOWeb

▼五百二十人の命を奪った日航機の墜落事故の遺族たちは、毎年のように文集を出してきた。タイトルは、茜雲(あかねぐも)。あの夏の夕刻、亡き人たちが最後に見たであろう雲に思いを寄せてのことだ

▼五十四歳の夫を奪われた高橋智恵子さんは事故の三年後、「私は時間が欲しくない」と書いた。「昼間は何とか時間が潰(つぶ)せても、残酷です。必ず恐ろしい夜がやって来る」「この時間を潰す人生、あと何年やらなくてはいけないのでしょう」と

▼言葉のかけようもない苦しみを抱えた遺族らは「8・12連絡会」をつくり、仲間の悲しみの深さを思うことで、自らの悲しみを見つめてきた。そして「悲しみを悲しみだけでは終わらせない」ため、悲劇を繰り返さぬ方策づくりを政府などに訴えてきた

▼この夏、出版された『茜雲・日航機御巣鷹山墜落事故遺族の30年』(本の泉社)には、そういう歳月の重みがある。八十半ばを過ぎたという高橋さんは、今の思いをこう綴(つづ)った

▼「(事故後)主人の大好きなコーヒーを淹(い)れることを決めたのです。ドジな私では満足しないでしょうが淹れました。ひどいコーヒーだったと思います。でも三〇年続けております」「生ある限りやるしかないと思っています」

▼ささやかな「日常」を奪うのが、戦争や事故、災害。今こそ日常の大切さを守りたい。そんな言葉が『茜雲』の序言には、記されている。 ☆



☆ 今朝はくもり空です、少し涼しい朝です。予報は、雨みたいです。
昨夜は、雷と雨の夜でした。あまり眠れていません。今日で猛暑日は途絶えました。

今日からお盆です。今年は、叔母さんの新盆です。


水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。
今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。

今日のコラム

☆ 今日は8月12日(水)  君が代記念日 ☆

☆日本人ならば誰でも知っている「君が代」。学生時代の音楽の授業で習いましたよね。そんな君が代の歌詞に登場する「さざれ石」、現代語訳すると「小さな石」という意味の神霊の宿る石ですが、なんと京都の下鴨神社に実在するんです!京都に行った際はぜひ見てみてくださいね。☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 矢印8月12日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

笑顔の景品を

最近は、競争がなかなか激しいこともあって、個々のお店なり商店街が、それぞれいろいろと工夫を凝らし、販売を進めています。いわゆる景品つき販売というものもその一つで、少しでも多くのお客さんの関心をひくものをということで、いろいろ知恵をしぼっています。

しかし、お客さんにおつけする景品のうちで、何にもまして重要なものは何かということになったら、私はそれは親切な“笑顔”ではないかと思います。“自分のところは親切な笑顔のサービスに徹しよう”というように、いわば“徳をもって報いる”方策で臨んでこそ、お客さんに心から喜んでいただけるのではないでしょうか。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月11日 東京新聞TOKYOWeb

▼「おまえねえ、博打(ばくち)はいけねえよ。なにしろ、場で朽ちるというぐらいだから」-。廓噺(くるわばなし)の「三枚起請(さんまいきしょう)」。博打をたしなめる、このクスグリは古今亭志ん生だったか

▼「遊びは芸の肥やし」とはよく聞くが、志ん生さんはせがれの志ん朝さんには博打だけはやめておけと教えたそうである。負け続ければ、身なりに気を使わなくなる。第一、取った取られたが続けば、人相が悪くなる。愛嬌(あいきょう)が売り物の噺家にはこれが致命傷になる

▼博打を持ち出し、生命の行方について書くのはいささか不謹慎か。されどこの話はやはり生命を賭した分の悪い博打である。九州電力の川内(せんだい)原発1号機がきょう午前、再稼働する。日本は再び、危険な原発稼働という「鉄火場」に足を踏み入れ、天に運を任せる

▼政府の口を借りれば、電力の安定確保であり、経済成長に資する再稼働である。だが、あくまでも安全が守られた場合であり、この博打は事故が一度起これば、取り返しのつかぬ「負け」となる

▼しかも目を張る相手の中には自然災害という強敵もいる。川内といえば、桜島、阿蘇、霧島など怒りっぽい火の山も近い。東日本大震災での「痛い目」は忘れて、悪所に向かう
▼祈るしかないのか。本当に安全か、いつかまた負けぬのか。そう国民を心配させ、その顔を不安の悪相にしただけで再稼働の賭け事は本当は既に大負けしている。 ☆



☆ 今朝も太陽が眩しいです。朝は少し涼しいです。今日も暑くなりそうです。高温注意情報は出ています。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

昨日は、同じ塔に引っ越しが有りましたが、挨拶は有るのかな、最近は、隣の部屋に越してきても挨拶は無いのが当たり前みたいですね。階段で会っても、住んでる人か、用事で来られた人かわかりません。難しいです。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月11日(火) ガンバレの日 ☆

☆ 1936年(昭和11年)のこの日、オリンピックベルリン大会の競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で、前畑秀子が優勝した。ラジオの実況中継をしていた河西三省アナウンサーが「前畑ガンバレ」と連呼し、日本中をわかせた。 ☆


☆ 残暑お見舞い申し上げます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆


☆ 8月11日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

小便が赤くなるまで

「商売は非常にむずかしく厳しい。いわば真剣勝負だ。商売のことをあれこれ思いめぐらして眠れない夜を幾晩も明かす。それほど心労を重ねなければならない。心労のあまりとうとう小便に血が混じって赤くなる。そこまで苦しんではじめてどうすべきかという道が開けてくる。だから一人前の商人になるまでには二度や三度は小便が赤くなる経験をするものだ」

これは私が小僧時代に店のご主人に聞かされた話ですが、今にして思えばこれは決して商人だけにあてはまることではないと思います。何をするにしても、これだけの苦しみを経ずして成功しようとするのは、やはり虫がよすぎるのではないでしょうか。  ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月10日 東京新聞TOKYOWeb

▼内田百〓(うちだひゃっけん)の「西廂雑記」によると、太平洋戦争が迫った一九四一(昭和十六)年の夏も猛暑だった

▼「土用入りの七月二十日頃から大変な暑さになつて、寒暖計は毎日三十六七度に昇り、ずつと突つ張つた儘(まま)で八月に入つた。珍らしい大暑が二週間許(ばか)りも続いた」とある

▼気象庁の資料によると、気象情報を軍事機密に当たるとして公にしない気象管制が敷かれたのは同年十二月の真珠湾攻撃以降だが、百〓の記憶では同じ年の夏にも管制めいた動きが既にあったようだ。「日日の気象通報や天気豫報(よほう)が禁ぜられてゐたから、人人(ひとびと)は暑い暑いと思ひながらもまさかそれ程(ほど)の暑さとは知らなかつた」と書いている

▼当時とは違い、今年の暑さの酷(ひど)さはよく知らされているはずである。さほどの暑さではないとお考えになったわけではなかろうが、命を奪うほどの暑さとはお気づきになれなかったか。東京都板橋区の住宅で九十、八十代の三姉妹が亡くなった。熱中症が疑われている

▼冷房が苦手だったそうだ。お歳(とし)を召した方は暑さやノドの渇きを感じにくく、命の危険が迫っているのに気がつきにくい。嫌われようともしつこく声を掛けるしかあるまい

▼長姉は東京大空襲の中、妹たちの手を引いて逃げた方だと聞く。焼夷弾(しょういだん)の「熱さ」に負けなかった生命が平成の世に「暑さ」で奪われる。心の温度が急降下するような皮肉はいらぬ。

※〓は聞の耳が月 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。今日も暑くなるそうです、高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も蝉の大合唱が始まりました。ラジオも聴きにくいです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日は、山の日、2016年から祝日となる。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。

今日のコラム

☆ 今日は8月10日(月)  道の日 ☆

☆ 建設省(現国土交通省)が1986年に制定。「道路は国民生活に欠くことのできない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。そこで、道路の意義・重要性について、国民の皆さまに関心をもっていただくため、8月10日を『道の日』と制定しました」(国土交通省のページより)

1920年8月10日に、道路の近代化を目指した「第一次道路改良計画」がスタートしたことを記念している。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
9日東京ドーム、カープ6―1巨人、勝ち投手福井7勝3敗、本塁打鈴木誠5号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月10日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

欲望は生命力の発現

“欲の深い人”というと、ふつうはよくない人の代名詞として使われているようだ。いわゆる欲に目がくらんで人を殺したり金を盗んだりする事件があまりにも多いためであろう。

しかし、人間の欲望というものは、決して悪の根源ではなく、人間の生命力の現われであると思う。たとえて言えば船を動かす蒸気力のようなものであろう。だからこれを悪としてその絶滅をはかろうとすると、船を止めてしまうのと同じく、人間の生命をも断ってしまわねばならぬことになる。

つまり欲望それ自体は善でも悪でもなく、生そのものであり、力だと言ってよい。だからその欲望をいかに善に用いるかということこそ大事だと思う。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月9日 東京新聞TOKYOWeb

▼長崎のカステラ店、松翁軒が長年発行している冊子「よむカステラ」の中で作家の高田郁さんがカステラの底のザラメについて書いている。もともと、あのザラメは意図して敷いたのではないそうだ。生地に混ぜ込んだザラメが溶け切らず、沈んで底に残ったものという。そのたまたまがオツな食感を長崎カステラに加えたか

▼七十回目の長崎の原爆忌である。同じ原爆でも広島と異なったのは広島のウラニウム型に対し、破壊力の大きいプルトニウム型が使用されたこともあるが、長崎への投下には「たまたま」がつきまとったことかもしれぬ

▼広島への投下後、米国は次の標的を福岡県小倉市(現北九州市)に定めていた。当日、小倉上空は前日の空襲で煙が立ち込め視界不良。この結果、第二目標だった長崎に投下目標を切り替えた。苦すぎる「たまたま」である

▼どこに投下されようと許せぬ。されど長崎ではなかったかもしれぬと空想したとき、そこで失われた生命の無念さ、口惜しさが胸に迫る。まして広島への投下後、国がただちに終戦を決定したら、長崎への投下はあったか

▼現在、世界には一万六千発以上の核兵器が存在する。生物兵器、化学兵器などは既に禁じられたが、核兵器を禁止する国際法はない

▼長崎後の核兵器の戦時使用はない。だが、それにも「たまたま」と付け加えなくてよい理由を小欄は知らぬ。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。今日も暑くなるそうです、高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も蝉の大合唱が始まりました。

毎日の猛暑と熱帯夜で身体も不調にです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送! ◆

◆ 8月10日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シリーズ:戦後70年
「被爆者証言の世界化ネットワーク」について
京都外国語大学・国際言語平和研究所
客員研究員 長谷邦彦さん
あっちこっちほっかほか便り

戦後70年 行って学べる戦争展
立誠シネマ
『戦後70年企画』
@おどろく.Com
おきらく京都案内
とびっきりの京都案内 ◆

◆ 8月11日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シリーズ:戦後70年
京都の家庭用防空壕調査について
京都防空壕調査チーム 小出純子さん、河野康治さん、江口久美子さん
あっちこっちほっかほか便り

戦後70年 行って学べる戦争展
京都佛立ミュージアム
『トランクの中の日本』
@おどろく.Com
朝のみそひと文字
歌人 林和清さん ◆

◆ 8月12日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シリーズ:戦後70年
「滋賀県民の15年戦争」について
滋賀県平和祈念館
専門員 伊庭功さん
あっちこっちほっかほか便り

戦後70年 行って学べる戦争展
立命館大学国際平和ミュージアム
『ふたりの被爆画学生の絵』
@おどろく.Com
歩いて学ぶ京の災害史
気象予報士 京都旅館 吉村さん ◆

◆ 8月13日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シリーズ:戦後70年
二度と戦没者も遺族も作らないために
京都平和遺族の会
事務局長 大坪政明さん
あっちこっちほっかほか便り

戦後70年 行って学べる戦争展
京都市学校歴史博物館
『戦争と学校』
@おどろく.Com
松竹 ◆

◆ 8月14日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シリーズ:戦後70年
アメリカ人のお客さんから聞いた
戦中戦後の話
あっちこっちほっかほか便り

戦後70年 行って学べる戦争展
京都国際マンガミュージアム
『マンガと戦争展』
@おどろく.Com
そうだ映画館へ行こう
京都シネマ 横地由起子さん ◆



☆ 今週も聴いています。外では蝉の大合唱です。ラジオが聴きにくいです。☆


今日のコラム

☆ 今日は8月9日(日)  長崎原爆の日,長崎原爆忌 ☆

☆ 1945(昭和20)年8月9日午前11時ごろ、米軍のB29爆撃機「ボックスカー」がプルトニウム原爆「ファットマン」を投下し、長崎市松山町の500m上空で爆発しました。
 約7万4千人の市民が死亡、約7万5千人が重軽傷を負いました。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
8日東京ドーム、カープ2―1巨人、勝ち投手前田健9勝7敗、セーブ中崎5敗17S、本塁打松山4号 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月9日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

相談調が大事

たとえば、ある一つの仕事をしてもらう場合、単に命令すればそれで事がはこぶ、と考えてはいけない。指示し、命令するだけだと、とかく“命、これに従う”ということになって、ほんとうにいい知恵、力強い姿は生まれてきにくい。

だから、「あんたの意見はどうか、ぼくはこう思うんだがどうか」というように、できるだけ相談的に部下に持ちかけることが大事だと思う。そうして部下の考え方なり提案をとり入れつつ仕事を進めていくようにするわけである。そうすると自分の提案が加わっているから、その人は仕事をわが事として熱心に取り組むようになる。

人を活かして使う一つのコツは、そういうところにもあると思う。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月8日 東京新聞TOKYOWeb

▼朝顔は万葉の昔から、秋の七草のひとつとして歌われ、秋の季語にもなっているが、奈良の昔に歌われた朝顔とは、どうも桔梗(ききょう)のことだったらしい

▼山本健吉氏の名著『基本季語五〇〇選』によれば、平安になって輸入された木槿(むくげ)があまりに美しかったので、桔梗にとってかわり、木槿が「朝顔」と呼ばれるようになった。その後、中国からさらに美しい花が伝わると、今度はそれが朝顔と呼ばれ始め、今に至ったというのだ

▼してみると「朝顔」とは、挑戦者が現れては奪い取る「花の王座」のようなものだったのか。その栄光の座を占め続けてきたのだから、はかなげな風情に見え、したたかなのかもしれぬ

▼それにしても、朝顔はなぜああも朝早くに咲き誇るのか。実はそのつぼみには暗くなってからの時間を計る力が備わっており、暗くなってから十時間で花を咲かせるのだと、田中修氏の近著『植物はすごい 七不思議篇』に教わった

▼今の季節なら日没が午後七時近くで、日の出は午前五時ごろだから、十時間。そんな高性能の目覚まし時計を使って早寝早起きをし、他の植物に先んじて咲くことで、受粉を助けてくれる虫を呼び込んでいるらしいから、やはりしたたかだ

▼<太陽と朝顔を見て旅に出る>吉田允斗。これは『こども歳時記』にある中学二年生の句。たまには朝顔とともに起きて、遠出するとしようか。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。今日も暑くなるそうです、高温注意情報も出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

もう、蝉の大合唱も始まりました。ラジオも聴きにくいです。

昨日も、午後からは、雷がなりましたが、雨はなかったです。周りは降ったみたいです。
今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆




今日のコラム

☆ 今日は8月8日(土)  そろばんの日 ☆

☆そろばんを弾く音「パチ(8)パチ(8)」の語呂合せ。
1968(昭和43)年、全国珠算教育連盟が制定。そろばんの「パチパチ」という音を「8」「8」ともじって、そろばんの普及と優れた機能をアピールするため。  ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。 ☆

☆ 昨日のカープVメール
7日東京ドーム、カープ2―0巨人、勝ち投手ヒース3勝4敗4S、セーブ一岡1勝4敗1S 詳しくは中国新聞朝刊で ☆


☆ 8月8日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

素直にありがたさを認める

今日、みなさんがこの会社に入社することができたのは、一つにはみなさんの努力によるものでしょう。しかし決して自分一人の力でこうなったとうぬぼれてはなりません。会社にしましても、世間からごひいきをいただいているからこそ、今日こうして成り立っているのです。

ですから、個人にしても会社にしても、あるいは国の場合でも、やはり謙虚にものを考え、その物事の成り立っている背景なり人びとの恩恵というものを、正しく認識しなければなりません。そして、協力してくださる相手に対しては素直に喜びと感謝の念を表わし、自分たちもこれに相応した働きをしていくことが大切だと思います。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月7日 東京新聞TOKYOWeb

▼♪見よ 東海の空明けて 旭日高く輝けば…。国威発揚の歌「愛国行進曲」が大流行していたころ、十代の文学少年だった阿川弘之さんはレコード屋で、「こんなものすぐすたるよ」と言い放って、店員に「そんなら私が一人ででも、未来永遠に歌うてみせたげる」と言い返されたそうだ

▼阿川さんは大戦果を祝う提灯(ちょうちん)行列に参加するよう言われてもすっぽかし、学友に「非国民」と言われるような若者だったが、大学を出て海軍に入った。そして生きて故国に帰ると、小説を書き始める

▼なぜ無謀な戦争を止めることができなかったのか。なぜ同世代の若者は死んでいったのか。文学志望の青年が特攻隊員となる姿を描いた『雲の墓標』や、海軍提督の伝記三部作など、戦争を主題にした作品を世に問い続けた

▼それは戦後、手のひらを返すように、「戦争の歌」を忘れ去ろうとした世の中に対し、「私一人でも、未来永遠に歌ってみせる」ような営みだったのかもしれない

▼阿川さんが少年時代から敬愛し続け、戦後はじかに教えを受けた志賀直哉は遺言に「名を残す事は望まず」と記したそうだ。「紀念碑の類は一切断る事、名は残す要なし、作品の小さな断片でも後人の間に残つてくれゝば嬉(うれ)しい」

▼この師の遺言に倣(なら)いたいと阿川さんは願っていたという。戦争の重い「断片」を私たちに残し、作家は九十四歳で逝った。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。今日も暑く、高温注意情報が出ています。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

蝉の大合唱が始まりました。

毎日が猛暑で、何もする元気がありません。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月7日(金)  バナナの日 ☆

☆ 8月7日はバナナの日。「バ(8)ナナ(7)」の語呂合せ。南国フルーツ、バナナをおいしく熟成させる方法をご紹介しましょう!バナナを熟させたい場合、基本的に13度以下での保存はNGです。夏ならば室温保存でも充分甘くなりますが、冬などは室温保存のままだと全体がくすんだように黒ずみ、熟成がストップしてしまいます。そんなときはタオルや新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れてつるしておきましょう!熟成したバナナに現れる黒い斑点は「スウィートスポット」と呼ばれ、甘さを見極める指標となります。好みの熟成度になった場合は、冷蔵庫保存でもOKですよ。自分にとってベストな熟成度を目指して、ちょっとこだわってみませんか? ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆ 


☆ 8月7日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

利益が先か地盤が先か

先般ある関係会社へ行って、課長以上の人に集まってもらったときに「利益をあげることが先ですか、それとも地盤づくりが先ですか」という質問が出ました。

それに対して私は「わが社は五人のときには五人の、十人になれば十人の、さらに千人になれば千人の企業にふさわしい利益をあげてきた。そうしたことの連続が今日の成功になった。もし五人だから、十人だからまだよいだろうと思っていたならば今日の姿はない。だからこの会社も利益をあげつつ地盤をつくっていく以外にないと思う」と答えたのです。

私は世の中すべての経営というものは、そういうところにポイントがあるのではないかと思うのです。  ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年8月6日 東京新聞TOKYOWeb

▼じゃんけんの掛け声は「じゃんけんぽん、あいこでしょ」が一般的だが、地域や世代で大きく異なる。「じゃんけん、ジャガイモ、北海道。あいこでアメリカ、ヨーロッパ」はまだしも「ちょっとばあさん、おにぎりちょうだい、紙に包んで、おにぎりちょうだい、じゃんけんぽん」となると、相手とタイミングを合わせるのは容易ではなかろう

▼こんなのもある。「いっぷく、でっぷく、ちゃんちゃんちゃぶろく、ぬっぱりきりりん、ちゃんぽんげ」。口に出せば楽しい。井上ひさしさんの戯曲「父と暮せば」の中にある、じゃんけん。舞台は広島である

▼じゃんけんの音に楽しい光景を想像した方もあるか。残念ながら、そういう芝居ではない。一九四五年八月六日、父と娘を原爆が襲った

▼父親が倒れた建物の下敷きになり、身動きが取れない。火が迫る。「おまいは逃げい」という父親に娘は「いやじゃ」。拒む娘に仕方なく父親は「ちゃんぽんげ」で決めようという

▼「わしはグーを出すけえ」と父親は手を明かす。「ちゃんぽんげ」。娘もグー。何度やっても二人はグーを出し続ける。「なひてパーを出さんのじゃ。はよう勝って、はよう逃げろいうとんのがわからんか」

▼じゃんけんとは例えば最後のスイカの一切れで、例えばブランコの順番で笑って興じるもの。そう願い、祈る。われわれは今年もこの日を迎えた。 ☆


☆ 今朝も太陽が眩しいです。早くから、蝉の大合唱が始まりました。寝てられません。毎日が猛暑です。夜も、寝づらいです。身体がついての行きません。

今日も、猛暑で暑くなりそうです。水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は8月6日(木)  広島原爆の日, 広島平和記念日,広島原爆忌 ☆

☆ 1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、広島市上空で世界初の原子爆弾「リトルボーイ」を投下しました。熱戦と衝撃波によって市街は壊滅し、約14万人の死者を出しました。
 その後、原爆症等で亡くなった人を含めると、犠牲者は25万人以上にのぼります。
 この日、広島市では原爆慰霊祭で世界平和を祈念するアピールが宣言され、燈籠流しが行われます。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。☆



☆ 8月6日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

自分をほめる心境

私はいま、二十代の夏の日のことをなつかしく思い出します。日のあるうちいっぱい仕事をし、晩にはタライに湯を入れて行水をするのです。仕事を終えたあとの行水は非常にさわやかで、“自分ながらきょう一日よく働いたなあ”という満足感を味わったものです。
“自分ながらきょうはよくやった”といって自分をほめる、自分をいたわるという心境、そういうところに、私は何だか生きがいというものを感じていたように思うのです。

お互い毎日の仕事の中で、自分で自分をほめてあげたいという心境になる日を、一日でも多く持ちたい、そういう日を積み重ねたいものだと思います。 ☆


☆【コラム】筆洗

2015年8月5日 東京新聞TOKYOWeb

▼「終わりがすべての試金石」という警句があるが、エボラ出血熱とたたかう医療の現場で最も危険なのは、治療を終え、防護服を脱ぐ時なのだそうだ

▼頭から足まで全身を覆う宇宙服のごとき服を灼熱(しゃくねつ)の西アフリカで着れば、中は六〇度以上になる。一時間の治療を終えるころには疲れ切り、集中力は落ちる。瀕死(ひんし)の患者になすすべもないという無力感にもさいなまれる。そんな状態で服を脱ぐ

▼脱衣には厳密な手順が定められ、十分間ほどかけて慎重に進めるが、一つ間違いがあれば、服の表面に付着したウイルスが新たな宿主にたどり着くことになる。仕事の終わりに魔が潜んでいるのだ

▼世界保健機関(WHO)がエボラ熱流行の緊急事態宣言をして、一年。死者は一万一千人を超え、五百人近い医療従事者も犠牲になったという。彼らの文字通り命懸けの働きで流行は収まりつつある。ついにワクチンが開発されたとの朗報も届いた

▼だが自らも現地で治療にあたった医療支援団体「国境なき医師団日本」会長の加藤寛幸さん(49)は「報道されることもなくなり、もう終わったと思っている方も多いでしょうが、本当に感染者をゼロにするには、困難で気の遠くなるような仕事が待っているのです」と話す

▼エボラ流行の終わりが見えつつある今こそが、最も危険な時。猛暑の中、防護服を着てのたたかいは今も続いている。 ☆


☆ 今朝はくもり空です、蒸し暑いです。今日も暑くなりそうです。
水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

今日は広島原爆の日です。学生時代は、全員登校日でした。8時15分に全員校庭に集合して一分間の黙祷しました。後は、各先生の原爆の話を聞かされて終わりです。
毎年、その時間には自然と黙祷します。


「カープ応援できる平和に感謝」

【8月6日原爆の日】新聞のテレビ欄を縦読みにすると、中国新聞による”あるメッセージ”が隠されていた。昨年の新聞です。2015.08.04 topics

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。 ☆

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ