今日のコラム

☆ 今日は2015年11月30日(月) カメラの日(オートフォーカスカメラの日) ☆

☆ 1977(昭和52)年11月30日、小西六写真工業(後のコニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売した。

「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、それまでカメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓した。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月30日 松下幸之助 一日一話

 精神大国をめざして

今日、わが国は経済大国と言われるまでになりましたが、人びとの心の面、精神面を高めるということについては、とかくなおざりにされがちだったように思います。

これからは経済面の充実とあわせて、お互い国民の道義道徳心、良識を高め、明るく生き生きと日々の仕事に励みつつ、自他ともに生かしあう共同生活をつくりあげていく。あわせて日本だけでなく海外の人びと、ひいては人類相互のための奉仕、貢献ができる豊かな精神に根ざした国家国民の姿を築きあげていく。

そのような精神大国、道徳大国とでも呼べる方向をめざして進むことが、今日、国内的にも対外的にも、きわめて肝要ではないかと思うのです。 ☆


☆☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月29日 東京新聞 TOKYO Web

▼その細身の女性を見るたびに必ずしも結び付かぬとは思いながら古い流行歌が頭に浮かぶ。小欄の突拍子もない思い込みにすぎぬ。引用をためらうが、悲恋を歌った森昌子の「越冬つばめ」。<娘盛りを無駄にするなと>

▼細身と書いたが、かつて町中に張られた写真ではふっくらとしていた。名前を記すまでもあるまい

▼カルト教団の信者だった。女性が運んだ薬品で爆弾が製造され、その爆弾で人がけがをした。殺人未遂ほう助罪などに問われた女性の控訴審判決で東京高裁は一審判決を破棄し、無罪判決を下した。女性にテロの認識はなかった。そう判断した

▼無罪だとすれば、女性は何のために十七年間逃げ続けたことになるのか。身を隠し、名前を変え、人影におびえる日々。青春の一時期を逃亡生活で塗りつぶした

▼被害者は無罪判決を、どう聞いたのであろうか。爆弾によって指を失った。その部分を見るたび事件や、その後の歳月を思うはずである。その痛みは一生消えぬ

▼あの歌の<ヒュルリ ヒュルリララ>。寂しい冬空が目の前に広がるオノマトペ(擬音語)。人のどうしようもない弱さ、事件の愚かさ、悲しさの詰まった法廷を思う。誰も救われていまい。「あなたの行為が犯罪を生んだことを心の中で整理してほしい」。裁判長の言葉をその女性は背負いきれるのか。それは重い。途方もないほどに。 ☆☆


☆☆☆ 今日の雑記

今朝も晴れていますが寒い朝です。窓も結露がついています。

昨日は会社の先輩から電話が有り、喪中はがきが来たが知っているかと言いました。
仕事仲間だった人が、亡くなっていました。お互いに健康に気をつけて生きようと言いました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆☆☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!◆

◆ 11月30日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

着古した洋服を自分でリメイクできるスペースについて
株式会社ひなや
伊豆藏直人さん
あっちこっちほっかほか便り

こんなお歳暮はいかが?
ぼくチュウチュウ
焼酎
宮崎
@おどろく.Com
未定

◆ 12月1日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

築270年の澤井家住宅から文化を発信
澤井家住宅の管理人
亀村司さん
あっちこっちほっかほか便り

こんなお歳暮はいかが?
焼き芋ギフト
静岡
@おどろく.Com
京都府 みとり

◆ 12月2日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

ボードゲーム「TAKEWARI」について
京都大学 iCeMS 科学コミュニケーショングループ
特任准教授 加納圭さん
あっちこっちほっかほか便り

こんなお歳暮はいかが?
山吹色のお菓子
埼玉
@おどろく.Com
世界の冨田さん

◆ 12月3日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

電子チップで徘徊高齢者を見つけるシステムを開発
ナスカ
あっちこっちほっかほか便り

こんなお歳暮はいかが?
@おどろく.Com
京都人権情報

◆ 12月4日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

創業400年、老舗鮒ずし店営業再開
総本家喜多品老舗
あっちこっちほっかほか便り

こんなお歳暮はいかが?
社長のよく飲むビール
北海道
@おどろく.Com
京都人権情報


◆☆ 一週間のご無沙汰です。今週も聴いています。

「あんなー そんでなー きいてーな(7:40頃)」 -小学生の声を聴いてみんなで癒しを味わおうとするコーナー。 このコーナが一番好きです。 ☆◆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月29日(日) いい服の日 ☆

☆ 「いい(11)ふく(29)」の語呂合わせから記念日とされています。

 この日とは別に、2月9日が全国服飾学校協会・日本ファッション教育振興協会などが制定した「服の日」と11月12日が全日本洋服協同組合連合会が制定した「洋服記念日」となっています。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月29日 松下幸之助 一日一話

値引く以上のサービスを

商人は、自分の信念なり事業観に基づいて適正利潤というものを確保し、顧客を大事にしつつ商人としての社会的責任を果たしていくことが肝要で、それが社会共通の繁栄に結びつく望ましい姿だと思います。

そして、そうした望ましい商売をしていくためには適当にかけ引きをして値段をまけるというのではなく、最初から十分勉強した適正な値段をつけて、それは値切られてもまけない、逆にお客さんを説得し納得していただくということでなければいけません。その上で“あの店は値引く以上に価値あるサービスをしてくれる”という評判をお客さんからいただくような商売をすることが大事だと思います。 ☆☆


☆☆【コラム】 筆洗

2015年11月28日 東京新聞 TOKYO Web

▼『家栽の人』は、すごい。家裁の人つまり家庭裁判所の職員から、そう聞いたことがある。一九八七年から連載された家裁を舞台にしたマンガだ

▼主人公の桑田判事は植物を愛し、家庭のありように苦しみ罪を犯した少年をこう諭す。「木はどこにも、逃げて行けないでしょう」「だからとても、きれいなんじゃないかな」。だから、家「栽」の人

▼ほんわかした作風だが、生半可な取材では迫れぬ少年審判の実態が鮮やかに描かれている。ゆえに家裁の人たちをも魅了したのだが、実はほとんど想像の産物だったそうだ

▼原作者の毛利甚八さんは、最高裁に取材を申し入れたが拒まれた。ならばと、「審判は懇切に和やかに、少年の内省を促すものとしなければならない」との少年法の理念をひたむきに追う判事を描いたという

▼作品は反響を呼び、毛利さんは法曹界に多くの知己を得たが、家裁の実態を聞くうち、自己嫌悪に陥ったそうだ。現実に桑田のような判事はいない。自分が理想像を描くことで実相を見えにくくしているのではないかと

▼苦悩の中で連載を終えた毛利さんだったが、やがて、『家栽の人』に胸を打たれ法律家を目指した多くの若者の存在を知る。「桑田判事の思想が現実の裁判所で生きている」。先週五十七歳で逝った毛利さんは遺著『「家栽の人」から君への遺言』で、そんな思いを書き残している。☆☆


☆☆☆ 今日の雑記

今朝も良い天気ですが、寒い朝です。4度位ですか。午後は曇るみたいです。

会社の仲の良かった先輩が亡くなったと喪中はがきが来ました。春には元気になったと電話で話したのが最後でした。ご冥福をお祈りします。

今朝もKBS京都ラジオを聴いています。

07:00  武部宏の日曜とーく

08:00  仁鶴の日曜想い出メロディー

09:00  日曜ワイド われら夢の途中

10:00   歌の日曜散歩

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。☆☆☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月28日(土) 太平洋記念日 ☆

☆ 1520年のこの日、ポルトガルの航海者マゼランが、後に「マゼラン海峡」と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出た。

天候が良く平和な日が続いたため、この海をPacific Ocean(平和な・穏やかな大洋=「太平洋」)と名附けた。マゼラン自身はフィリピンで原住民に殺されたが、彼の船は初めて世界を一周して帰国し、地球が丸いことを証明した。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月28日 松下幸之助 一日一話

 とどめを刺す

日々のお互いの仕事の中で、もうちょっと念を入れておいたら、とあとから後悔することが少なくないような気がする。

一生懸命に努力して、せっかく九九%までの成果を上げても残りのわずか一%の「止め」がしっかりと刺されていなかったら、それは結局はじめからやらなかったと同じことになる。いや中途半端にやっただけ、むしろマイナスになる場合が多いのではあるまいか。

念には念を入れよ、である。仕事を完全にやり通すのに念の入れ過ぎということはないのである。とどめを刺さない仕事ぶりがあったら、お互いにその不徹底を大いに恥とするほどの厳しい心がけを持ちたいものである。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月27日 東京新聞 TOKYO Web

▼小津安二郎監督の傑作『東京物語』は三年前、英国映画協会が発表した「映画監督が選ぶ史上最高の映画」で、「2001年宇宙の旅」などを抑え、一位になった

▼この協会が昨年、映画ファンを対象に「優しさを感じさせる映画の一場面」を募ったのだが、『東京物語』を推したファンのひと言が、実に鮮やかだった。「優しさとは、『東京物語』で紀子役を演じた原節子さんなのです」

▼その紀子が、戦死した夫の母親と小さなアパートで静かに向き合う場面。せっかく上京したのに実の子に冷たくされた義母の肩を、紀子はもみ続ける

▼「だんだん歳でもとってくると、やっぱり一人じゃ寂しいけぇのお」と再婚を勧める義母。紀子は微笑を浮かべつつ、こう言って義母の心を和らげようとする。「いいんです。あたし、歳とらないことに決めてますから」

▼評論家の四方田(よもた)犬彦さんは『李香蘭と原節子』で、その演技を「巨大な喪失を体験しながらも、慎(つつ)ましい生活のなかに幸福を見出し、にもかかわらず未来への不安を内心では抱え持って、何かを期待している」庶民の姿と評したが、だから今でも、世界中の人々の心の奥を、あたためているのだろう

▼名女優は四十二歳で引退し、「原節子」を銀幕の伝説にしたまま、九十五歳で静かに逝った。まるで「原節子は歳とらないことに決めてますから」と言うかのように。 ☆


☆ 今日の雑記
今朝は晴れの予報ですが寒い朝です。太陽も登るのが遅くなりました。7時頃です。
昼間も寒いみたいです。寒さ対策をしてでかけましょう。

乾燥していますので喉も痛いです。

昨日は良い天気でした。気温は低かったです。

今日は、午後から、けいはんな市民雑学大学に行ってきます。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月27日(金) ノーベル賞制定記念日 ☆

☆ ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの実業家アルフレッド・ノーベル(1833-96)は95年11月27日、人類のために貢献した人々に対して自身の財産から賞金を与える遺言を記した。ノーベル没後の1901年から遺言は実行され、物理学、化学、医学生理学、文学、平和、さらに1969年からは経済学も加わって、これらの分野における世界的な賞として認識されるようになった。

毎年ノーベルの命日の12月10日に、平和賞はオスロで、その他の賞はストックホルムで授賞式が行われる。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月27日 松下幸之助 一日一話

 死も生成発展

私は、人生とは“生成発展”、つまり“日々新た”の姿であると考えています。人間が生まれ死んでいくという一つの事象は、人間の生成発展の姿なのです。生も発展なら死も発展です。

人間は、今まで、ただ本能的に死をおそれ、忌みきらい、これに耐えがたい恐怖心を抱いてきました。人情としては無理もないことと思います。

しかし、われわれは生成発展の原理にめざめ、死はおそるべきことでも、悲しむべきことでも、つらいことでもなく、むしろ生成発展の一過程にすぎないこと、万事が生長する一つの姿であることを知って、死にも厳粛な喜びを見出したいと思います。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月26日 東京新聞 TOKYO Web

▼幸福とは、何だろう。『広辞苑』は<心が満ち足りていること>と定義し、寺山修司さんは『ポケットに名言を』で、トイレの落書きで知ったというルナアルの言葉<幸福とは幸福をさがすことである>を紹介している

▼幸福とは何か。人類が悩み続けてきた永遠の宿題に脳科学が挑むと、こんな定義が生まれるという。<幸福は、右脳の楔前(けつぜん)部で感情的・認知的な情報が統合され生み出される主観的経験である>

▼ちんぷんかんぷんだが、京都大の佐藤弥(わたる)さんらが磁気共鳴画像装置(MRI)などを使って調べたところ、人生の意味を見出しやすく、自分が幸福だと感じている人は、そうでない人に比べ、右脳の楔前部という領域の一部が大きくなっていることが分かったというのだ

▼そのうちMRI検査で幸福度が診断されるようになるのかもしれぬが、ここは一つ、詩人にご登場願おう。吉野弘さんが詩集『贈るうた』で、「幸福とは-と思う人に」贈った詩「一枚の写真」だ

▼<壇飾りの雛(ひな)人形を背に/晴着姿の幼い姉妹が並んで坐(すわ)っている/姉は姉らしく分別のある顔で/妹は妹らしくいとけない顔で…/この写真のシャッターを押したのは/多分、お父さまだが/お父さまの指に指を重ねて/同時にシャッターを押したものがいる/その名は「幸福」>

▼こんな詩を読むと、わが楔前部はわずかにふくらむのだろうか。 ☆


☆ 今朝はよく晴れています。寒い朝です。5度ぐらいです。昼間も寒いみたいです、風邪など引かないようにしましょう。窓には結露もすごいです。

今朝は、パソコンも不調でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月26日(木) ペンの日 ☆

☆ 日本ペンクラブが制定。

ペンクラブは、文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護するための国際的な文学者の団体である。ペン(PEN)は、文字を書く道具としてのペンをあらわすとともに、Pは詩人(Poets)と劇作家(Playwrights)を、Eは随筆・評論家(Essaists)と編集者(Editors)を、Nは小説家(Novelists)をそれぞれ表す。初代会長は島崎藤村、現在の浅田次郎氏に至るまで文壇を代表する人物が就任している。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月26日 松下幸之助 一日一話

 要求者たれ

経営者にとって、とくに大事な点は何かというと、それは“要求者になる”ということだと思います。社員の人たちに、会社の方針はこうだから、こういうようにやろうではないか、諸君も努力して欲しい、という強い呼びかけを持つということです。それが社長の仕事だと思います。社長がそういうことを言わなければ、社員は何をどういうふうにやっていいのか分からないということになって、力強いものは生まれてきません。

ですから、経営者は強い理想というか希望というものを打ち立てて、これを社員のすべてに要望、要求することが肝要なのです。要望を持たない社長は存在の意義がないと思うのです。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月25日 東京新聞 TOKYO Web

▼そのロケットは「物理的な力だけで飛んだわけではない」とNASAの元エンジニアが書いている。ロケットはニュートンの第三法則「作用と反作用」という物理的力によって、飛翔するのだが、それだけでは足らぬという

▼そのロケットとは元エンジニアが少年時代に仲間たちと作ったロケットである。一九五七年、米ウェストバージニア州の炭鉱町。世界初の人工衛星スプートニクに驚いた少年たちは自分たちもロケットを飛ばそうと計画する。失敗の連続だったのだが、ある日、打ち上げに成功した。「物理的な力」以外の力が加わったという

▼元エンジニア、ホーマー・ヒッカム・ジュニアさんが書いた『ロケットボーイズ』。映画「遠い空の向こうに」の原作である

▼さてこっちのロケットも打ち上げに成功したようでホッとする。H2Aロケット29号機である

▼もはや打ち上げが珍しくない時代とはいえ、大空に昇っていくロケットを見ていると、自然と力が入る。「行け」と小さく声を出す方もいる。成否には、日本の打ち上げビジネスの未来がかかっていたが、それ以前に、ロケットに携わった大勢の方々の夢や努力を想像し、素直に成功を祈りたくなるものだ

▼さて元エンジニアの言う「物理以外の力」とは何だったか。「人々の応援、それに少年たちが描いた夢」とある。ロケットには人の思いが欠かせぬらしい。 ☆


☆ 今朝は雨模様です。寒い朝です。今日は、昼間も寒いみたいです。
風邪引かないように、体調管理に気をつけましょう。

昨日は午後から雨でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月25日(水)  ハイビジョンの日 ☆

☆ 郵政省(現在の総務省)とNHKが1987(昭和62)年に制定。

ハイビジョンの走査線の数が1125本であることから11月25日を記念日に制定しました。
※現在一部販売中の4kハイビジョンは2160本となります。

この日とは別に、9月16日が通商産業省(現在の経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となっています。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月25日松下幸之助 一日一話

創業者 松下幸之助が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、毎日一話ずつご紹介しています。
11月25日 人間としての努め

命をかける--それは偉大なことです。命をかける思いがあるならば、ものに取り組む態度というものがおのずと真剣になる。したがって、ものの考え方が一新し、創意工夫ということも、次つぎに生まれてきます。お互いの命が、生きて働くからです。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月24日 東京新聞 TOKYO Web

▼カメレオンに関する妙な伝説がある。神様がカメレオンに仕事を申し付けた。人間のところへ行き<人間どもよ、死ぬな>と伝えてきなさい

▼だが、カメレオンの歩みは遅かった。その間に神様の気が変わる。トカゲを呼び<人間どもよ、死ね>と伝えてきなさいという。トカゲはカメレオンを追い抜き、人間のところへ先に着き、それ以来、いかなる人間も死を免れなくなったという。北杜夫さんが『どくとるマンボウ航海記』で書いている

▼北さんを引いたのは「マンボウ」が国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リストの最新版に加わったという話題からの連想だが、話は別の「絶滅危惧種」に切り替えた方がよさそうである。急速に危なくなっている。十三日の金曜日以降のホモサピエンスである

▼フランスでのテロ。テロに対する報復。イスラム教徒への迫害、差別。それは必ずや新たなテロにつながる。憎悪の無限ループを恐れる

▼米国ではシリア難民の受け入れへの反対論が強まり、ある市長は愚かにも太平洋戦争中、日系人を強制収容所に閉じ込めた過去まで正当化する主張をしたと聞いた。一九七六年、フォード大統領はその誤りを認めている。火薬の臭いが世界中で過去の誤りさえ忘れさせる

▼別の指令を持って向かってきていないか。「死に絶えよ」。落ち着こう。それしかトカゲを止める術(すべ)はない。 ☆


☆ 今朝は晴れていますが、寒い朝です。夕方からは天気が悪くなる予報です。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月24日(火) 東京天文台設置記念日 ☆

☆ 1921年(大正10年)に東京都麻布区飯倉(現在の港区麻布台)に東京天文台が設置されたことを記念したもの。1924(大正13)年に、都会の明るさのために観測が困難になったことから、郊外の三鷹市に移転しました。
 1988(昭和63)年に、東京大学附属東京天文台から文部省(現在の文部科学省)附属の天文台に移管されました。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月24日 松下幸之助 一日一話

 不可能を可能にする

ある製品の価格を1年ほどの間に3割も引き下げて注文をとっている会社のことが新聞の記事に載っていました。以前は非常に儲けすぎていたのだと言えばそれまでです。しかし、以前と言えどもある程度の利益以外は取っていなかっただろうと思いますし、今度と言えども赤字ではやっていないだろうと思います。

そうすると、そこにはなんらかの工夫があったと考えられます。経営の考え方とか、仕方に工夫をこらして、価格を引き下げても引き合うという方法を見出しているのです。そうした成果は、“不可能を可能にする道は必ずある”とみずから考え努力していくところから生まれてくるものではないでしょうか。 ☆

☆【コラム】 筆洗

2015年11月23日 東京新聞 TOKYO Web

▼A君へ。学校を卒業しても、就職しないそうだね。実は君に向けて「働くことの大切さ」について書いてほしいとある人からお願いされた。君を心配するお父さんだ。自信はないが、勤労感謝の日でもある

▼高度成長期に生まれ育ち、働くということに疑問を持たなかった最後の世代かもしれぬ。卒業し、就職し、一人前になる。親を安心させる。それが共通の価値だった時代なので迷いもなく、みんなと同じ方向に歩いていっただけだ

▼それに高度成長期といっても、まだ、貧しく、モノをそろえるオカネが欲しかった。親の家に住み、食事も用意され、何でも持っている若い人をうらやましい半面で、気の毒にも思っているよ。それでは、働けば、暮らしが良くなるなんて感覚はあまりなかろう

▼じゃあ、何のために働くのか。競争に追い立てられた古い世代に比べ、君たちはずっと人に優しい世代だと聞いている。ならば、誰かのためになる、そう信じ、働いてみないか
▼夜に電車に乗る。遠くに家の灯がぽつんと見える。人が暮らしを立てている。もろく、はかなげで、守りたくなる光である。自分が働けば、あの灯が少しでも明るくなる。そう想像してみないか。まっとうな商売なら、どんな仕事でもどこかで誰かのためになるはずである

▼これを読み、何かを考えてくれたら幸いである。それが「仕事」だと思っている。 ☆

☆ 今朝はすごい濃霧でした。先が見えないぐらいでした。今は晴れて来ました。

昨日、近くの、神殿神社 新嘗祭で芸能奉納会を見てきました。2年事に行われるそうです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月23日(月)  勤労感謝の日(Labor Thanksgiving Day) ☆

☆ "勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう"国民の祝日。

明治以来、天皇制がなくなるまで、11月23日(第2卯の日)は「新嘗祭(にいなめさい)」という祭日でした。
 新しくその日に生まれた米の収穫を感謝する祭りで7世紀頃に宮中儀式として確立されたようです。
 これが、1948年の「祝日法」により「勤労感謝の日」に制定されました。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月23日 松下幸之助 一日一話

 労働は神聖なり

労働は神聖である。その意識をお互いにつよく持ちたいものだと思う。

私は、労働は神聖であり、その聖職に当たっているのだという誇りから、労働それ自体も、より価値あるものになるというか、その能率、生産性も知らず識らずのうちに上がってくると思う。

そのように生産性が上がって、仕事の成果も高まれば、それは労働者に、より大きな報酬資金をもたらすことになろう。つまり、労働の喜びという精神的な面だけでなく、物質的な面での向上進歩もあるわけで、言ってみればそうした意識、誇りから物心一如の繁栄なり幸福なりが生まれてくると思うのである。 ☆

☆【コラム】 筆洗

2015年11月22日 東京新聞 TOKYO Web

▼<「忙しいなら無理して帰らなくていいよ。」は、ほとんどの場合、嘘(うそ)です。>。JR東日本の広告(一九九六年、白石大介さん)である

▼年末やお正月の帰省をめぐってこんな会話を交わす季節か。親なら子に会いたい。「帰らなくていいよ」は親の無理をした「がまん」であろう

▼北の湖さんが亡くなった。広告がよぎったのはそのご両親も「がまん」の嘘をついた人だからである。「強くなれなかったら、一生帰ってくるな」。十三歳で入門し、故郷を離れる息子にお父上はそう告げた。心を込めた「がまん」であろう

▼その結果、強くなりすぎたか。昭和の一時期、無敵を誇った。憎らしい、ふてぶてしい。あまりの強さに世間は味方しなかった。「勝ってこれ以上、息子が憎まれたくない」。当時、お母上がこうおっしゃったという伝説もあった。わが子の黒星を願う母はいまい。世間に向けた精いっぱいの「がまん」の嘘ではなかったか

▼なにやら甘えと不確実なものの横行する世にあって、「本道」「本寸法」を迷わず歩んだ人を日本はまた失った

▼子どもが嫌う、「江川、ピーマン、北の湖」の時代が少年期だった。言い訳させてほしい。正しき道を歩む真面目さと甘えを許さぬ形相が息苦しかった。今なら、一種の畏敬と分かる。憎んだのではない。その証拠に昭和の大横綱の早すぎる死が寂しく、心細くさえある。 ☆


☆ 今朝は薄曇りです、温かい朝です。午後からは少し雨の予報です。

昨日、あなたの血管推定年齢チェックをしてたのでしてきました。年齢相当でした。 

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!

11月23日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「西京☆パパ盛り上げ隊」について
西京☆パパ盛り上げ隊
あっちこっちほっかほか便り

紅葉と味覚の情報
小堀遠州作名勝庭園 紅葉ライトアップ
滋賀県近江八幡市
教林坊
@おどろく.Com
おきらく旅

11月24日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

南丹市の古民家に小規模オフィスを誘致
南丹市役所
あっちこっちほっかほか便り

紅葉と味覚の情報
しょうざんリゾート京都の紅葉
京都市
しょうざんリゾート京都
@おどろく.Com
朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

11月25日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

胎内被爆者・松浦秀人さんのお話を聞く機会があります。
「被爆者証言の世界化ネットワーク」
学生サポーター会議
あっちこっちほっかほか便り

紅葉と味覚の情報
将軍塚青龍殿の紅葉
京都市
将軍塚青龍殿
@おどろく.Com
妙慶さんの随分いい話
僧侶 川村妙慶さん

11月26日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

毎月17日は「防災おにぎりデー」に!
毎月17日は防災おにぎりデー
あっちこっちほっかほか便り

紅葉と味覚の情報
御香宮 醸造初神事
京都市
御香宮神社
@おどろく.Com
松竹芸能

11月27日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

シニアパワーに期待、子育て達人になりませんか?
京都府子育て政策課
あっちこっちほっかほか便り

紅葉と味覚の情報
全国ご当地鍋フェスタ「鍋-1グランプリ」
京都府笠置町 わかさぎ温泉
笠置いこいの館前広場
@おどろく.Com
そうだ本屋さんへ行こう
ふたば書房 社長 洞本昌哉さん


一週間のご無沙汰です。今週も聴いています。

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月22日(日)  ボタンの日 ☆

☆ 日本ボタン協会・全国ボタン工業連合会などが1987(昭和62)年に制定。
 1870(明治3)年のこの日、大政官布告によって日本海軍の制服が定められ、前面2行各9個、後面2行各3個の金地桜花のボタンを付けることになったのを記念しています。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月22日 松下幸之助 一日一話

弁解より反省

仕事でもなんでも、物事がうまくいかない場合、必ずそこに原因があるはずである。だからうまくいかなかったときに、その原因を考えることは、同じ失敗を重ねないためにも、きわめて大切である。

そのことは誰もが承知しているのであるが、人間というものは往々にしてうまくいかない原因を究明し反省するよりも、「こういう情況だったからうまくいかなかったのだ。あんな思いがけないことが起こって、それで失敗したのだ」というように弁解し、自分を納得させてしまう。原因は自分が招いたことである、という思いに徹してこそ、失敗の経験も生かされるのではないだろうか。 ☆

☆【コラム】 筆洗

2015年11月21日 東京新聞 TOKYO Web

▼紅葉(もみじ)の語源は「揉(も)み出(い)づ」だという。なるほど、色づく木々を見れば、目に見えぬ染色家の手が、木の葉に潜む鮮やかな色を、一枚一枚ていねいに揉み出しているようでもある

▼赤みを帯びた新芽から、柔らかな萌黄(もえぎ)色に。緑を濃くしていき、仕上げは秋空に映える赤に。落葉樹の染色家は一年の集大成のように染め上げ、間もなく仕事納めとなるのだろう

▼それにしても、とふと考える。なぜ私たちは紅葉(こうよう)をこれほど美しく感じるのだろうか。そもそも人類の目に赤を感じる力がなければ、いくら鮮やかな紅葉でも感動のしようもない。実際、ほとんどの哺乳類には赤と緑が同じように見えるという

▼私たちの遠い遠い祖先は、赤・青・緑に紫外線を加えた四つの色覚を持っていたが、恐竜全盛の時代に夜行性を強いられて視覚より聴覚や嗅覚に頼るようになったために、二億年ほど前に二色色覚になってしまった

▼だが恐竜の世が去って昼の世界に戻り、樹上で暮らしているうちに、赤を見分ける力を取り戻したという。それはおよそ三千万年前のこと。赤く熟した実を見つけるためとも、柔らかい新芽の赤を見分けるためとも考えられるそうだ

▼木の恵みをしっかり食べて生き残るために、霊長類が長い長い歳月をかけて手に入れた「赤」を見る力。ご先祖さまに感謝しつつ、紅葉をこの目でじっくり味わうことにしようか。 ☆



☆ 今朝は曇り空です、くもり 時々 晴れの予報です。

昨日は天気が良かったので近くを散歩してきましたが、落ち葉が多く、枯れ木が目立ち始まりました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月20日(土)  歌舞伎座開業記念日 ☆

☆ 1889年(明治22年)のこの日、東京・木挽町(現在の東銀座)に歌舞伎座が開場しました。
 元々木挽町には江戸三座のひとつ・森田勘彌座がありましたが、1841年の天保の改革の時に浅草に移され、それから半世紀ぶりのことでした。
 当時の建物は戦災で焼失し、1951(昭和26)年に復興されました。

2013年2月26日に、オフィスビルと併設された歌舞伎座の建て替えが完了しましたが、建て替えはこれが4度目でした。
1921年(大正10年)10月、漏電により焼失。
1923年(大正12年)関東大震災。
1945年(昭和20年)東京大空襲で全焼。

外国人観光客にも人気のスポットです
1952年(昭和27年)、女性として初めて美空ひばりが歌舞伎座の舞台に立つなど、1980年代までは、松竹歌劇団のレビュー、小林旭新春公演(1965年)、20年間に渡り恒例公演だった三波春夫座長公演、森昌子引退公演など、かつては歌舞伎以外の催しが行われることもありました。 ☆



☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。
15時~はかんさい土曜ほっとタイム ▽ぼやき川柳アワー
今日のぼやき川柳のお題は「得」「作る」です。 ☆


☆ 11月21日 松下幸之助 一日一話

心をときはなつ

自由な発想の転換ができるということは、指導者にとってきわめて大事なことである。しかし、発想の転換ということはさかんに言われるが、実際はなかなかむずかしい。みずから自分の心をしばったり、せばめている場合が多いのである。

だから大事なことは、自分の心をときはなち、ひろげていくことである。そしてたとえば、いままでオモテから見ていたものをウラから見、またウラを見ていたものをオモテも見てみる。そういったことをあらゆる機会にくり返していくことであろう。そうした心の訓練によって、随所に発想の転換ができるようにしたいものである。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月20日 東京新聞 TOKYO Web


▼「最も恐ろしい貧困は、孤独です。自分は誰からも愛されていないと感じることです」と言ったのは、マザー・テレサである

▼だからこそ、貧困にさいなまれる子どもたちに、「あなたへ想いを寄せている人が、ここにいるよ」と伝えたい。そういう思いで募金を始めた学生らがいる。今年六月に発足した「子どもの貧困対策センター・あすのば」に集う若者たちだ

▼目標は来春までに六百万円を集め、全国百六十人に三万~五万円ずつ贈ること。子どもの六人に一人が貧困に苦しむとされるこの国の現状では小さな試みだが、とにかく一人でも多くの人の想いを集め、伝えようというのだ

▼もっと大々的にお金を募っているのは、政府である。「子供の未来応援基金」をつくり、寄付や募金で、貧困対策に取り組むという。だがそもそも、子どもたちのためにこそ税金を使ったらどうなのか

▼たとえば経済的に苦しい高校生を援助する奨学給付金という制度があるが、条件によっては月三千円弱にとどまる。文部科学省が増額しようとしているものの、財政難で難しいと聞く

▼給付金増額のため必要な財源は、百十億円。新国立競技場の計画が工費高騰で白紙化された時、「国がたった二千五百億円も出せなかったのかね」と嘆いた元首相がいたが、そういうせりふは、ハコモノではなく、子どもたちのために言ってほしいものだ。 ☆


☆ 今朝は良い天気です。太陽が眩しい。気温は10度です。今日の天気を有効に使いましょう、明日、明後日は天気が悪くなる予報です。

昨日は晴れて気持ち良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月20日(金) いいかんぶつの日 ☆

☆ 日本かんぶつ協会が2010年に制定。
 
干物の「干」の字が「十」「一」からなることから11月、乾物の「乾」の字が「十」「日」「十」「乞」からなることから20日を記念日とした。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月20日 松下幸之助 一日一話

 寛容の心で包含

世の中にはいい人ばかりはいない。相当いい人もいるが相当悪い人もいるわけです。ですから、きれいな人、心の清らかな人、そういう人ばかりを世の中に望んでも実際にはなかなかその通りにはなりません。

十人いたらその中に必ず美ならざる者も正ならざる者も入ってくる。そういう状態で活動を進めているのが、この広い世の中の姿ではないでしょうか。そこに寛容ということが必要になってきます。

力弱き者、力強き者があるならば、両者が互いに包含し合って、そこに総合した共同の力を生み出してゆく。そういうところにわれわれ人間のいき方があるのではないかと私は思うのです。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月19日 東京新聞 TOKYO Web

▼誰だって本塁打をかっ飛ばせば、はしゃぎたくもなるものだが、かつてのヤンキースの大打者、ミッキー・マントルは違った。うつむいてダイヤモンドを回った。カブスのアーニー・バンクスに至っては本塁打の後、「まるで悪いことをしたような表情でベンチに戻った」そうだ

▼理由がある。二人とも報復を恐れた。大リーグでは相手に恥をかかせてはならないという暗黙のルールがある。本塁打に喜びを爆発させたり、大差で勝っている試合の終盤に盗塁を試みたりすれば、次の打席は覚悟した方がいい。背中を目がけた球がやって来る

▼これも「暗黙のルール」や日本人の横綱観に抵触したか。横綱白鵬の「猫だまし」である。下位力士が上位相手に仕掛ける奇策を横綱が繰り出した

▼北の湖理事長は、「横綱らしからぬ」というが、規則上の問題はない。白鵬にすれば、横綱が使わぬ手だからこその戦術だろう。桟敷も沸くと考えたか

▼一方、五穀豊穣祈祷(ごこくほうじょうきとう)の古代神事につながる相撲の起源を持ち出さずとも、相撲や横綱に一種の神聖さを見る日本人の精神性もある。強さに加え、横綱に正しさ、気高さを求める人は白鵬の「猫だまし」がどうにも落ち着かぬ。賛否のどちらかに、正解の軍配を上げる議論ではないのかもしれない

▼それにしても最近の白鵬の背中ににじんでいる「孤独さ」は何か。そっちの方が心配である。 ☆


☆ 今朝は曇り空ですが午後は晴れるみたいです。

昨日は晴れの予報が外れて曇る空でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日は15時から、京都府警察音楽隊&カラーガード隊、の音楽を聞きに、イオンモール高の原に行きたいと思います。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月19日(木) 緑のおばさんの日 ☆

☆ 1959(昭和34)年のこの日、通学する児童を交通事故から守るための学童擁護員(緑のおばさん)の制度がスタートした。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 松下幸之助 一日一話 11月19日 

 くり返し訴える

経営者が、その思うところの考え、意志を社員に十分伝え、浸透させようとするにはどうすればいいだろうか。

それは、何よりもまずくり返し話すことである。大切なこと、相手に覚えてもらいたいことは、何度も何度もくり返して言う。くり返し訴える。二度でも三度でも、五へんでも十ぺんでも言う。そうすれば、いやでも頭に入る。覚えることになる。

またそれとあわせて、文字をつづって文章にしておく、ということも大切だと思う。文章にしておけば、それを読みなさい、と言えば事が足りる。読んでもらえば、くり返し訴えるのと同じことになる。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月18日 東京新聞 TOKYO Web


▼閉店セールと掲げた店がいつまでも閉店しないということはよくある。中には開店して、ただちに閉店セールを始めるという冗談のような話も聞く

▼あまり長い間、閉店セールを触れ込みに使うのは景品表示法に触れる可能性があるそうだが、店側が掲げたがる理由は分かる。閉店という言葉には客の足を止める効果が期待できる。客は閉店に整理のためのたたき売りを予想するだろうし、閉店に追い込まれたという事情を信じ、同情さえする人の良い方もいる

▼政治の世界で効くのは閉店セールではなく、新党結成などの開店セールの方だろう。当然である。いつの世も国民は政治に満足などしない。新しい政党が生まれれば、ある程度の期待を寄せたくなる

▼民主党内の解党論。これもまた来年の参院選に向けた「開店セール」か。維新の党などを巻き込んで新党結成を目指したいという

▼正直、民主党の看板やイメージは政権与党時代の不慣れな運営などもあってお世辞にも光り輝いているとはいえぬ。見切りを付け、新党結成をという考えも分からぬわけではないのだが、辛抱のない話にも聞こえる。その看板を磨いたか。ライバル店との闘いに知恵を絞りつくしたか

▼人の気を引くためだけの開店セールや看板の掛け替えならば、国民はその商品にはなかなか手を伸ばさぬ。「またか」と大きなため息をつくだけである。 ☆


☆ 今朝は曇り空ですが午後は晴れるみたいです。気温も少し低いです。
だんだん夜明けが遅くなりました。

昨日は一日雨でした。

弟から電話が有り、3回大動脈解離でカテーテルを用いた体に負担の少ない治療=ステントグラフト治療をしたと言ってきました。今年のはじめから3回手術したと言っていました。先日退院してきたから、今は安静にしてるのだと言っていました。軽い心筋梗塞みたいです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆



今日のコラム

☆ 今日は2015年11月18日(水)  京都駅全焼(昭和25年) ☆

☆ 1950年昭和25年11月18日 京都駅火災

京都の玄関と言われる京都駅。
初代の京都駅は,明治9年9月竣工。焼失した京都駅は大正3年に大改築が行われた2代目にあたります。

貴賓室や御便殿などの,模範的な設備を有するものとして,国鉄(現在のJR)の誇りであったようです。

出火原因は,前日の午後九時にまで遡ります。
更衣室でアイロンがけを終えた女性従業員が電源を切らずに帰宅。放置され続け,火災が発見されたのは翌朝4時40分頃でした。
屋内消火栓で初期消火を試みましたが,ホースが届かず火災が拡大し,全焼しました。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月18日 松下幸之助 一日一話

 民主主義と勝手主義

民主主義というものは、自分がよければ人はどうでもいい、というような勝手なものでは決してないと思うのです。今日の日本の民主主義はわがまま勝手主義である。勝手主義を民主主義の如く解釈している人が随分あるのではないか、というような感じがします。

民主主義というものは、自分の権利も主張することは認められるが、それと同時に他人の権利なり、福祉なりというものも認めてゆかなければならない。そういうことをしなかったならば、法律によってぴしっとやられるというような非常に戒律の厳しいものだと思います。それがあってはじめて民主主義というものが保ち得るのだと思うのです。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月17日 東京新聞 TOKYO Web

▼同じ病や悩みを抱える者同士が集まり、話し合い、体験を共有する。辛(つら)いのは自分だけではないと知ることは悩みに立ち向かう者への励みとなり、支えとなる。こうした機会となる自助グループの存在は大きく、当事者にとっては大切な家のようなものであろう

▼米映画「ファイト・クラブ」(デビッド・フィンチャー監督。一九九九年)に、いくつもの自助グループをはしごする男が出てくる。男は「がん患者」でも「結核患者」でもないのだが、それに立ち向かっている自助グループに出席しては、自分も同じ痛みを背負う者として振るまう。泣く。悲しみの変装である

▼あの映画の場面のように身をよじりたくなる不快な「なりすまし」である。パリの同時テロ事件の実行犯がシリアなどから流入する難民のふりをして、欧州へ入った可能性があるとの指摘がある

▼事実だとすれば、欧州の難民への「善意」を悪用した。難民を装えば、「侵入」はたやすかったのかもしれぬ。だが、それがどれほど難民を苦しめる結果につながるか

▼ただでさえ、欧州内には難民受け入れにためらいもある。事件で難民への警戒感は残念ながら一層高まりかねない。受け入れに悪影響のないことを祈る

▼難民のふりで難民の傷を押し広げる。テロリストの手法はどこまでも卑劣で身勝手である。難民たちをさらに苦しめる寒い季節がじき迫る。 ☆


☆ 今朝は曇り空ですが、すごい霧です。濃霧注意報が出ています。温かい朝です。

昼間は雨の予報です。

昨日は昼前から雨になりましたので、散歩はやめました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月17日(火) 将棋の日 ☆

☆ 日本将棋連盟が1975(昭和50)年に制定。

江戸時代、将棋好きの8代将軍徳川吉宗が、この日を「お城将棋の日」とし、年に1回の御前対局を制度化しました。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月17日 松下幸之助 一日一話

権威を認める

一つの会社の経営でも、また個々の責任者が一つの部署を運営する場合でも、そこにみなが認めるような権威というものを求めて、それに基づいて事を成していくことが能率的、効果的な運営をしていく上できわめて大切だと思う。

会社の創業の精神、経営理念なり使命感、あるいは経営者自身の人徳なり熱意、そういったものをみなが得心して権威として認めるようになれば、物事が能率的に治まっていく。今日では権力というものを否定する風潮が強く、さらにそれが進んでいい意味の権威までも認めないような傾向もみられるが、それはかえって非能率を生むものであるとも言えるのではないだろうか。 ☆

☆【コラム】 筆洗

2015年11月16日 東京新聞 TOKYO Web

▼ボクサーにとって殴られることは商売上避けられぬ痛みであろう。中には殴られるのを極端に嫌う選手もいる。山際淳司さんの初期のノンフィクション作品に『逃げろ、ボクサー』というのがある

▼このボクサー、とにかく試合中逃げる。殴られたくない。ピザとコーヒーのチェーン店を経営するのが夢。「ボクシングで自分をダメにしてしまいたくない。さんざん殴られてバカになったら、そのあと何もできないだろう」「殴られたら顔が台無しになってしまう」。一発のパンチも食わず、勝利することが、このボクサーにとって理想の試合である

▼ボクシングならばそれでも構わぬ。ボクサーだろうと、殴られたくはない。逃げるボクサーに人間味や親近感さえ覚える。されど、相手からパンチをもらいたくないと逃げる政府と自民党にはどうも中っ腹になる。野党が求めている臨時国会の年内召集を見送ることを決めたという。リング上で逃げるどころか、リングにも上がらぬ

▼外交日程などが見送りの理由というが、国会論戦を第一に考えぬ国会議員というのはおかしかろう。逃げたといわれても仕方あるまい

▼件(くだん)のボクサー。ある試合で戦意喪失と見なされ、TKO負けとなった

▼来年の参院選という大試合での国民レフェリーの心証はこれでだいぶ悪くなったろう。結党六十年。その怖さを知らぬ自民党ではあるまいに。 ☆


☆ 今朝は曇り空です。午後は雨の予報です。温かい朝です。

昨日は晴れて気持ちの良い天気でした、歩くと少し汗をかきました。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月16日(月) 幼稚園記念日 ☆

☆ 1876年(明治9年)11月16日のこの日、日本初の官立幼稚園である東京女子師範学校附属幼稚園(現在のお茶の水女子大学附属幼稚園)が東京・神田に開園した。

これが日本初の幼稚園です。入園したのは当時の上流家庭の幼児50人ほどでした。 ☆

☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月16日 松下幸之助 一日一話

成功するまで続ける

何事によらず、志を立てて事を始めたら、少少うまくいかないとか、失敗したというようなことで簡単に諦めてしまってはいけないと思う。一度や二度の失敗でくじけたり諦めるというような心弱いことでは、ほんとうに物事を成し遂げていくことはできない。

世の中は常に変化し、流動しているものである。一度は失敗し、志を得なくても、それにめげず、辛抱強く地道な努力を重ねていくうちに、周囲の情勢が有利に転換して、新たな道が開けてくるということもあろう。世に言う失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけないのである。 ☆

☆ 【コラム】筆洗

2015年11月15日 東京新聞 TOKYO Web

▼「ああ、巴里(ぱり)の黄昏(たそがれ)! 其(そ)の美しさ、其の賑(にぎや)かさ、其の趣きある景色は、一度巴里に足を入れたものの長く忘れ得ぬ、色彩と物音の混乱である」

▼若き日々、パリに熱狂した永井荷風は『巴里のわかれ』でこう芸術の都の魅力を力説している。そして嘆いた。「自分は何故一生涯巴里に居られないのであらう」。荷風の心を奪った艶(あで)やかなパリの「色彩と物音の混乱」。それは音楽や人声、料理の皿の触れ合う音が奏でた

▼その日の「混乱」は違った。自動小銃の発射音、爆発音、悲鳴。それが重なる狂気の「混乱」。パリの同時テロ事件である。百二十人を超える死者数。パリでこれほどの犠牲者が出たのは第二次世界大戦中以来という。まさに戦場になった

▼パリという夢見がちな場所。晩秋。金曜夜。レストラン。コンサート会場。サッカー場。場所と時間帯だけを読めば、本来、いずれも魅力的で、幸福を想起させる言葉である。そこにテロという言葉が加わる。一瞬にして悪夢となる

▼一月のテロ事件や、開催迫る国際会議を受け、警戒を強めていたはずのパリである。それでもテロは起きる。いつでもどこででも起こりえる。恐怖に揺れたのは、パリだけではない。地球というわれわれの足元全体が揺れている

▼「フランスよ、永世(とこしえ)に健在なれ」。荷風はパリを離れる時、祈った。「人類よ」「世界よ」と置き換え、祈る。 ☆


☆ 今朝はよく晴れています。少し寒いです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送! ◆

◆ 11月16日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

未定
@おどろく.Com
未定

◆ 11月17日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

未定
@おどろく.Com
未定

◆ 11月18日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

未定
@おどろく.Com
未定

◆ 11月19日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

未定
@おどろく.Com
未定

◆ 11月20日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

未定
@おどろく.Com
未定


☆  一週間のご無沙汰です。今週も聴いています。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月15日(日) 七五三 ☆

男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って社寺に参詣する。

3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」をそれぞれ祝う意味がある。

旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たったことから11月15日に行われるようになった。今日では11月15日にこだわらずに10月から11月の間に行われるようになっている。

☆ また11月15日は七五三の祝いにちなんで、「きものの日」「昆布の日」「かまぼこの日」にも制定されている。 

■坂本龍馬の誕生日(1835年、天保6年)と命日(1867年、慶応3年)■


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月15日 松下幸之助 一日一話

自分の働きの価値は

皆さんは自分の働きの価値というものをどのように考えているでしょうか。かりに月給が10万円の人であれば、10万円の仕事をしたのでは会社には何も残らないことになります。私は自分が10万円もらっていれば、少なくとも30万円、できれば100万円ぐらいの仕事をしなくてはいけないと考えます。

そうすれば会社に金が残ります。その金は会社だけでなく社会へ還元されるわけです。会社から10万円もらって8万円の仕事をしていたなら、会社は2万円損ですから、そういう人ばかりだと、その会社は潰れてしまいます。会社に働く者としては、そういうことを絶えず頭に置いておく必要があると思います。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月14日 東京新聞 TOKYO Web

▼<「お母さん 母子手帳 どこ」/「ふくろの中」/「あっ そ」/母子手帳を取りに行った/ドアを開けたしゅん間/部屋の中に/小さかったころの/私や家族が見えた/まぼろしだったのか>

▼これは、詩人・川崎洋さんが編んだ『こどもの詩』(文春新書)に収められている、小学六年の女の子の詩「母子手帳」だ。その手帳には記録だけではなく、家族の記憶が詰まっている。写真は貼っていなくても、開けば思い出が鮮やかによみがえる立派なアルバムだろう

▼だが、母子健康手帳の中にある「妊婦の職業と環境」というページを、胸がふさがる思いで読み返した経験のあるお母さんも、少なくないのだろう

▼妊娠・出産した派遣社員の半数近くが、妊娠などを理由に不当な扱いを受けるマタニティーハラスメント(マタハラ)を経験している。そんな実態が、厚生労働省の調査で浮かび上がった。上司らから「迷惑」「辞めたら?」と言われ、実際に解雇や雇い止めの憂き目に遭う人もかなりの数に上る。わが子を胎内で大切に育む女性の足元を、脇から突き崩すような行為がまかり通る、理不尽

▼NHKの連続ドラマ「あさが来た」で、主人公が女性を見下す男たちを、こう一喝していた。「大体あんたら一体、誰から生まれてきた思たはりますのや!」

▼マタハラが横行する世の中への、痛烈なたんかにも聞こえた。 ☆


☆ 今朝は曇り空です。午前中は雨みたいです、50%のの予報です。午後は晴れるみたいです、気温も上がるみたいです。

昨日も曇り空ですで時々雨でした。風と雨で落ち葉がすごいです。

今日は、「龍馬祭」、坂本龍馬の生誕と命日だそうです。幕末の英雄、坂本龍馬が眠る京都霊山護国神社。京都の町を一望できる坂の上の墓苑で、龍馬の命日11月15日に毎年開かれる祭り、龍馬祭です。


今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

☆ 8時からの仁鶴の日曜想い出メロディー
[出]笑福亭仁鶴・内海裕子 を聴いています。☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月14日(土) 世界糖尿病デー(World Diabetes Day) ☆

☆ 糖尿病の全世界的脅威を認知するための国際デー。

インスリンを発見したカナダのバンティング医師の誕生日。

元々国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)が定めていた記念日であったが、2006年12月20日、国連で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、あわせて世界糖尿病デーが国連の記念日として認定された。

国連では11月14日には糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけています。  ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月14日 松下幸之助 一日一話

自分を戒めるために

松下電器では、昭和八年に“遵奉すべき五大精神”を定め発表して以来、毎日の朝会で唱和している(十二年に二精神を加え七精神)。これはもちろん、社員としての心がまえを説いたものであるが、それと同時に私自身を鞭撻するためのものである。みんなで確認しあった使命であっても、何もなければついつい忘れていきがちになる。だから毎日の仕事のスタート時にかみしめる。言ってみれば自分への戒めである。

人間は頼りないものである。いかに強い決意をしても、時間がたてばやがてそれが弱まってくる。だからそれを防ぐためには、常に自分自身に言い聞かせる。自分に対する説得、戒めを続けなければならない。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月13日 東京新聞 TOKYO Web

▼ロシアのプーチン大統領は、十五年前に沖縄サミットに出席したとき、背広を脱いで柔道の稽古に参加し、中学生に投げられた。側近は「大統領が投げられるとは権威にかかわる」と懸念し、実際にそんな批判もロシア国内では出た

▼それでも、その年の秋に再来日すると講道館まで足を運んで汗を流し、小学生の女の子に背負い投げを決めさせた。大統領の柔道を愛する心、スポーツマンとしての矜持(きょうじ)は本物なのだろう。そう思わせる出来事だった

▼だが本当にそうなのか。世界反ドーピング機関の第三者委員会は、ロシアで違反薬物の組織的な使用が続けられていたとの報告書を出した

▼「勝つためには手段を選ばぬ」という考えが深く根付き、選手がドーピングを拒めば、有力なコーチの指導も受けられず、選手生命を絶たれかねぬ状況だったと、報告書は指摘する

▼それだけではない。不正をしていたロシアのドーピング検査機関は、ソ連の国家保安委員会(KGB)の流れをくむ情報機関・連邦保安局(FSB)に監視され、常に詳細な報告を求められていたという

▼プーチン氏は「違反の責任は個々人が負うべきだ」と言っているが、彼はFSBの元長官。情報機関は彼の手兵のようなものだ。国威発揚のため選手の体と心を蝕(むしば)む「強化策」を推し進め、露見すれば切り捨てる。大統領は白い柔道着を着続けられるのか。 ☆


☆ 今朝は曇り空ですが、雨の予報です。

昨夜は、雨、風が強かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆


今日のコラム

☆ 今日は2015年11月13日(金) うるしの日 ☆

☆ 日本漆工芸協会が1985(昭和60)年に制定。
平安時代のこの日に、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都・嵐山の法輪寺に参籠し、その満願の日のこの日(11月13日)に漆の製法を菩薩から伝授したとされる伝説から。

この日は、以前から漆関係者の祭日で、 親方が職人に酒や菓子などを配り労をねぎらう日であった。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 2015年11月13日 松下幸之助 一日一話

 部下に使われる

一般に、形の上では指導者が人を使って仕事をしているようにみえるが、見方によっては指導者の方が使われているのだとも言える。だから、口では「ああせいこうせい」と命令しても心の奥底では、「頼みます」「お願いします」さらには「祈ります」といった気持を持つことが大事だと思う。

そういうものを持たずして、ただ命令しさえすれば人は動くと思ったら大変なまちがいである。指導者は一面部下に使われるという心持を持たねばならないのである。こうした心境があって、はじめて部下に信頼される大将になり得るのである。 ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月12日 東京新聞 TOKYO Web

▼<高校時代の友人は、すごい野球選手。あいつの球には誰もかすりもしない>-。米歌手ブルース・スプリングスティーンの「グローリィ・デイズ」(一九八四年)。陽気な曲で大リーグの球場ではよく流れる

▼実際は沈鬱(ちんうつ)な曲である。こんな歌詞が続く。この男とたまたま酒場で顔を合わせた。男は酒を飲んで愚痴をいう。「栄光の日々なんてあっという間に終わる」。転落の歌である

▼三人とも高校時代は花形選手だったに違いない。NPBは野球賭博に関与した、巨人の三投手を無期限の失格処分とした。取り返しのつかぬ過ちで栄光の日々を失った。野球選手への子どもの憧れの大きさを知らぬはずはあるまい。それを忘れ、自分が生命をかけるべき野球の試合にカネをかけた

▼「ナイターの時間帯になると主人の腕がぴくっと震えるんです」。オートレース八百長事件に関与したと球界を追放された、名投手故・小川健太郎さんの夫人が追放後を語っていた。三人を待つのは腕が震えるほどの後悔と苦しみの日々である

▼立件もささやかれる三人だが、復帰を目指すべきだとは甘いか。困難だろうが、今回の件で傷つけた野球ファンの心を癒やすにはそれしかあるまい。血のにじむ努力によって償いを。安易に酒場で愚痴をこぼすことを許さぬ

▼あの歌の男は実在する。高齢者野球チームで今も投げている。転落とはいわぬ。 ☆


☆ 今朝は曇り空です、夕方は、雨の予報です。

昨日は良い天気で散歩には良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。

今日のコラム

☆ 今日は21015年11月12日(木) 洋服記念日 ☆

☆ 全日本洋服協同組合連合会が1972(昭和47)年に制定。

1872(明治5)年のこの日、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出されました。
これは、公家風・武家風、いわゆる裃(かみしも)や束帯(そくたい)などの和式の礼服を廃止し、洋服の使用を促進するというもの。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月12日 松下幸之助 一日一話

 立場を交換する

たとえば経営者と労働組合、与党と野党の関係など、社会では対立して相争うという姿が各所に見られる。その結果、精神的にいがみ合いがあるばかりでなく、物事の円滑な進行が妨げられ、そこから大きなロスが生まれている。

そういう傾向になりがちなのは、やはりそれぞれが自分の立場中心にものを見るからではないだろうか。自分の立場中心に考えれば、どうしても自分というものにとらわれてものの見方がせまくなり、全体が見えにくくなってしまう。だからときに相手の立場にわが身を置く気持で、お互いの立場を交換して考えてみてはどうか。そうすることによって相互の理解も深まり、合意点も見出せるのではないだろうか。 


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月11日 東京新聞 TOKYO Web

▼鳥たちが集まった。鳥の王を選ぼう。一匹のクジャクが声を上げた。自分は美しい。したがって自分こそ王にふさわしい。皆、賛成したが、カラスだけが待ったをかけた。「あんたは確かに美しいのだが、王になったとして、ワシが襲ってきた時、どうやって、わしらを守るのかね」

▼イソップの「クジャクとカラス」。イソップのみならず、クジャクにはどこか羽の美しさに自惚(うぬぼ)れがちなイメージがある

▼そのクジャクは、かの国においては国鳥である。太陽から来た王の子孫という伝説もあるそうだ。ミャンマーである。総選挙の結果、アウン・サン・スー・チー氏率いる最大野党・国民民主連盟(NLD)の歴史的勝利が確実となった。国軍の影響力が強い与党の敗北は軍主導政治に対する国民の明確な拒否に他ならぬ

▼白い星を見上げるクジャク。NLDが今回の総選挙で使ったシンボルマーク「闘うクジャク」である。白い星は変革。クジャクはそれを願う民衆である

▼選挙でクジャクは白い星に近づいた。それは事実である。しかし、まだ完全に届いてはいない。これも事実である

▼与党、国軍は選挙結果を認める発言をしているが、油断はならない。正念場はこれからで、勝利にイソップのクジャクのように自惚れてはならぬ。「さてどうやって国を運営するつもりかね」。軍服のカラスの声が大きくならぬ保証はない。 ☆


☆ 今朝は良い天気ですが、気温が低く寒い朝です。昼間は晴れて暖かくなるみたいです。昨日は、昼間は少し寒かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月11日(水) 介護の日 ☆

☆ 厚生労働省が2008(平成20)年7月27日に発表・制定。11月11日を「介護の日」
「いい日、いい日、毎日あったか介護ありがとう」というキャッチフレーズより「いい(11)日いい(11)日」の語呂合わせから。 ☆

☆電池の日

日本乾電池工業会が電池に対する知識と理解を深め、正しく使ってもらうことを目的に1987年(昭和62年)に制定した日。電池の正極+と負極-を合わせて十一月十一日を記念日とした。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月11日 松下幸之助 一日一話

 企業は儲けるべし

企業というものは、終始一貫、どうすれば合理化できるか、どうすればムダな経費が省けるかと、一生懸命汗を流し、工夫し、そして苦心惨憺してやっと一定の利益を上げているのです。そして利益の大半を税金として納めています。企業も国民も、みんなが働いてプラスを生んで、税金を納めているから国の財源ができるわけです。どこも儲けなければ、税金もおさめられない。とすれば国の財源はどこから集め得るのでしょうか。

企業は儲けてはいけないということであるなら、経営は簡単です。努力もいらなければ創意工夫もしなくていいのですから。それで国が成り立っていくのであれば何も苦労はいりません。 ☆


☆ 【コラム】筆洗

2015年11月10日 東京新聞 TOKYO Web

▼<100-1=0>。頭の体操のような不思議な数式だが、クイズではない。ある名料理人の心構えと聞く

▼なぜ、そういう計算になるのか。一つでも欠陥、マイナスがあれば、それはゼロ、台無しになる。「一つのミスも許されない」。決意の「数式」である

▼その名料理人とは帝国ホテル総料理長の田中健一郎さん(65)。厚生労働省が各分野の技能者を表彰する二〇一五年度の「現代の名工」の一人に八日、選ばれた

▼料理とは手を抜かぬ心によってこしらえるもの。その考えにたどりついたきっかけは前総料理長の村上信夫さんの言葉だったそうだ

▼「今までに一番おいしいと思った料理は何ですか」と聞かれた。答えあぐねる田中さんに村上さんは「おかあさんの料理です」と教えた。いい材料、道具がなくても母親の料理には「おいしいものを食べさせたいという気持ちがたくさん詰まっている。だから一番おいしい」。今の時代でいえば、苦心しながら腕をふるう父親の料理だって同じだろう。ただ、おいしい物を食べさせたいという曇りなき100の心

▼<100-40=60>。それだってまずまずではないかと、甘い数式につい頼りたくなるのが人情だろう。田中さんをはじめ、この日選ばれた「現代の名工」たちはいずれも、息苦しくも過酷な<100-1=0>に耐える才能に恵まれた、決意の方々に他ならぬ。 ☆ 


☆ 今朝は良い天気ですが寒い朝です。風邪引かないように注意ましょう。

今朝のラジオで聴きました。

国連が制定した10月16日世界食料デー。
私たちの食を通じて、ちょっとだけ世界を良くするために。

親から子へ、おばあちゃんから孫へ、
大切な誰かのために愛を込めてにぎる「おにぎり」。
その「誰かのため」の気持ちに、世界の子どもたちへの想いも込めて。
あなたがおにぎりを食べると、
アフリカ・アジアの子どもたちにも温かい給食が届く。
2015.10.16(金) スタート!

つくろう。食べよう。
http://jp.tablefor2.org/campaign/onigiri/


今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆



今日のコラム

☆  今日は2015年11月10日(火)  エレベーターの日

日本エレベーター協会が1979(昭和54)年に制定。

1890(明治23)年のこの日、東京・浅草の「凌雲閣」に設置された日本初の電動式エレベーターが一般公開された。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月10日 松下幸之助 一日一話

 商品の段位を高める

いま、新しい開発商品が十品できたとします。十品とも碁や将棋にたとえると、初段の資格がある、いわゆる一人前の商品として一応は売れていくわけです。しかし、そのうちのどれか、これというものを取り上げて、一品くらいは永遠に名人として残っていく、という姿を生み出すことができないものかと思います。

今までの姿には、新製品ができて少し日がたつと、もう旧製品として消えていくのが当たり前、という考え方がありました。しかし初段のものを今度は二段にする、三段にする、四段にすることによって名人までもっていく。そういうことをたえず考えていく必要があると思うのです。☆


☆ 筆洗いは新聞が休みです。☆


☆ 今朝は曇り空ですが、午後は晴れるみたいです。少し温かい朝ですが、午後も気温は上がらないみたいです。

昨日は雨でも歩くと少し蒸し暑かったです。

イオンモールの通路にもクリスマスツリーが飾ってあります。
「クリスマスツリーイルミネーション点灯式セレモニー」も日曜日にあったのですね。
知らないで行った時はちょうど終わった時でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月9日(月) 119番の日 ☆

☆ 電話番号119と11月9日の語呂合わせです。
 自治省(総務省)消防庁が1987(昭和62)年に制定しました。
 119番が誕生したのは1927(昭和2)年です。
 この日から1週間は「秋の全国火災予防運動」が行われる。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月 9日 松下幸之助 一日一話

 利害損失にとらわれない

利害損失を考えることは、ある程度やむを得ないけれども、あまりそれにとらわれすぎると、自分の歩む道を誤ることにもなりかねない。

学校を選ぶにしても、卒業して仕事を選ぶ場合でも、そうである。誰もが給与とか待遇のことを先に考える傾向があるが、やはり、自分には何が一番適しているだろうかということを、よく考えるべきだと思う。

必ずしも大会社へ行ったから幸せかというとそうとばかりは言えない。人によっては、中小企業へ勤めてかえって用いられ、人生の味というか、アヤを知る尊い体験ができて、人間としても成長するということが往々にしてあるからである。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月8日 東京新聞 TOKYO Web


▼<ピッピロッタ・タベルシナジナ・カーテンアケタ・ヤマノハッカ・エフライムノムスメ・ナガクツシタ>

▼世界中の子どもたちを楽しませている、その長い名を持つ女の子を主人公とする児童文学作品への評価は出版当初は必ずしも好意的ではなかった。奇妙な主人公の振るまいに「不快」という厳しい指摘もあったそうだ。スウェーデン人作家アストリッド・リンドグレーンさん(一九〇七~二〇〇二年)の『長くつ下のピッピ』。出版は一九四五(昭和二十)年で、今年七十年である

▼七十年と書いたが、ピッピが実際に誕生したのはその四年前の一九四一年の寒い季節である。リンドグレーンさんの七歳の娘が風邪で寝込んでしまった。娘がおはなしをねだる。「何の話がいいの?」「長くつ下のピッピっていうのがいい」。娘がたまたま口にした名から物語が流れ出した

▼ピッピはなるほど風変わりである。「ごたごた荘」で独り暮らし、足の二倍もある靴を履き、肩にはサルの「ニルソン氏」。時には後ろ向きに歩き、理由を問われると、「わたしがすきなようにあるいちゃ、いけないかしら」

▼人と異なることを恐れ、奇妙さや異質さを排除したがる傾向も否定できぬ今の世間においてピッピの強さと自由さはまぶしくもある

▼<チガッテイタッテ・イインダヨ・スベテノコドモタチ>とその名をまねて呪文を唱える。 ☆


☆ 今朝は雨が降っていますが、今は止んでいます。昼間も雨みたいです、温かい朝(20度)ですが、午後も同じみたいです。

昨日は一日雨でした。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!◆

◆ 11月9日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「京都すばるデパート」がすごい!
京都府立京都すばる高等学校
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
兵庫県「かすみカニ場まつり」
香美町香住観光協会
@おどろく.Com
とびっきりの京都案内 ◆

◆ 11月10日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

つながりをアイデア商品に
木工房蔵
社長 竹内良介さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
静岡県「網代温泉ひもの祭り」
網代温泉観光協会
@おどろく.Com
朝のみそひと文字
歌人 林和清さん ◆

◆ 11月11日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「100万人のいただきます!キャンペーン」について
NPO法人テーブル・フォー・ツー
大宮千絵さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
茨城県「I?MOのまつり」
東海村観光協会
@おどろく.Com
歩いて学ぶ京の災害史
京都旅館 吉村晋弥さん ◆

◆ 11月12日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

西京極で生ラグしよう!
女性限定!ラグビー観戦 無料サポートツアー
花園アフターマッチFANクション
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
京都府「第1回京都肉フェスティバル」
エヴァンタイユ
@おどろく.Com
松竹のキラ星 ◆

◆ 11月13日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

たった3フレーズで外国人観光客と会話しよう!
大阪おせっかい研究所
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
福岡県「フクオカきのこ大祭」
フクオカきのこ大祭実行委員会
@おどろく.Com
そうだ映画館へ行こう
京都シネマ ◆

☆ 一週間のご無沙汰です。今週も聴いています。

11月7日の、けいはんな記念公園での公開放送面白かったです。

日曜日の朝は8時からの仁鶴の日曜想い出メロディーを聴いています。 ☆

笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

◆ KBS京都ラジオ|笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ|毎週月~金曜日6:30~10:00放送!◆

◆ 11月9日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「京都すばるデパート」がすごい!
京都府立京都すばる高等学校
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
兵庫県「かすみカニ場まつり」
香美町香住観光協会
@おどろく.Com
とびっきりの京都案内 ◆

◆ 11月10日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

つながりをアイデア商品に
木工房蔵
社長 竹内良介さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
静岡県「網代温泉ひもの祭り」
網代温泉観光協会
@おどろく.Com
朝のみそひと文字
歌人 林和清さん ◆

◆ 11月11日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「100万人のいただきます!キャンペーン」について
NPO法人テーブル・フォー・ツー
大宮千絵さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
茨城県「I?MOのまつり」
東海村観光協会
@おどろく.Com
歩いて学ぶ京の災害史
京都旅館 吉村晋弥さん ◆

◆ 11月12日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

西京極で生ラグしよう!
女性限定!ラグビー観戦 無料サポートツアー
花園アフターマッチFANクション
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
京都府「第1回京都肉フェスティバル」
エヴァンタイユ
@おどろく.Com
松竹のキラ星 ◆

◆ 11月13日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

たった3フレーズで外国人観光客と会話しよう!
大阪おせっかい研究所
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちのグルメイベント
福岡県「フクオカきのこ大祭」
フクオカきのこ大祭実行委員会
@おどろく.Com
そうだ映画館へ行こう
京都シネマ ◆

☆ 一週間のご無沙汰です。今週も聴いています。

11月7日の、けいはんな記念公園での公開放送面白かったです。

日曜日の朝は8時からの仁鶴の日曜想い出メロディーを聴いています。 ☆

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月8日(日) 立冬  レントゲンの日 ☆

☆1895(明治28)年、ドイツの物理学者・レントゲンがX線を発見した。レントゲンは、真空管に高電圧をかけて実験をしている時に、真空管の外に置かれた蛍光紙が明るく光ることに気づいた。この光は真空管と蛍光紙の間に1000ページもの厚さの本を置いても透過した。レントゲンは「正体不明」という意味でこの光を「X線」と名附けた。 ☆

☆ いい歯の日

「いい(11)は(8)」の語呂合わせから、日本歯科医師会が制定。「『いい歯で、いい笑顔』を日本中に。」をキャッチフレーズにした「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式が行われる。  ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 2015年11月 8日 松下幸之助 一日一話

 ふりこの如く

時計のふりこは、右にふれ左にふれる。そして休みなく時がきざまれる。それが原則であり、時計が生きている証拠であると言ってよい。

世の中も、また人生もかくの如し。右にゆれ左にゆれる。ゆれてこそ、世の中は生きているのである。躍動しているのである。

しかし、ここで大事なことは、右にゆれ左にゆれるといっても、そのゆれ方が中庸を得なければならぬということである。右にゆれ左にゆれるその振幅が適切適性であってこそ、そこから繁栄が生み出されてくる。小さくふれてもいけないし、大きくふれてもいけない。中庸を得た適切なふれ方、ゆれ方が大事なのである。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月7日 東京新聞 TOKYO Web

▼<男はどうだか知らないけれど女なら、自分の過去にあるおにぎりの影をたどると、誰しも大抵ちょっとした一代記の材料になるのではないか>と書いたのは、明治、大正、昭和、平成と生きた作家の幸田文(あや)さんだ

▼幼き日の母との思い出、わが子の運動会や遠足の記憶…。おにぎりは幸せだけでなく、つらい記憶とも結びつく。震災や水害などを経験した人ならば、忘れられない味があるはずだ

▼幸田さんは<白い飛び石のやうにおにぎりは女の過去に散在してゐる>と記しているが、男女を問わず、だれの心にも「白い飛び石」が並んでいよう

▼昨今はふわっと握ったおにぎりが主流となり、具を挟んだだけの「おにぎらず」なるものも流行しているらしいが、落語家の五代目柳家小さん師匠は、強(こわ)めに炊いたご飯にうんと塩を効かせて、固く握ったのに限ると言った

▼そんなにぎり飯とともにお茶ではなく、水かぬるま湯を飲むのが、小さん流。「塩気のあるむすびをかむ。かんでる最中(さなか)に水を飲む。そうすると、むすびについてる塩気のところを水が通って、その水のうまさ。塩気とともにずっと水が通ってからむすびをのみこんで…」と聞けば、たまらない(『芸談・食談・粋談』中公文庫)

▼<新米の其一粒の光かな>は高浜虚子の句。新米をきゅっと握って光の球にしたおにぎりを持ち、どこかへ出かけてみようか。 ☆


☆ 今朝は雨が降っています。一日雨かな。今日は立冬です。

昨日は近くでの文化祭を見てきました、日本舞踊は良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆



今日のコラム

続きを読む »

今日のコラム

☆ 今日は2015年11月6日(金) お見合い記念日 ☆

☆ 1947(昭和22)年のこの日、東京の多摩川河畔で集団お見合いが開催された。

結婚紹介雑誌『希望』が主催したもので、戦争のため婚期を逃した20~50歳の男女386人が参加した。会場で相手を探し、終了後、最高3人までの身上書を申し込むという仕組みだった。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 2015年11月6日 松下幸之助 一日一話

部下のために死ぬ

経営者に求められるものはいろいろありましょうが、自分は部下のために死ぬ覚悟があるかどうかが一番の問題だと思います。そういう覚悟ができていない大将であれば、部下も心から敬服して、ほんとうにその人のために働こうということにはならないでしょう。

経営者の方も、そういうものを持たないと、妙に遠慮したり、恐れたりして社員を叱ることもできなくなります。それでは社内に混乱が起こることにもなってしまいます。

ですから、やはり経営者たるものは、いざというときには部下のために死ぬというほどの思いで、日々の経営に当たるのでなければ力強い発展は期し得ないと思うのです。
前日の一日一話を見る ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月5日 東京新聞 TOKYO Web

▼白象は、普賢菩薩(ふげんぼさつ)をその背に乗せる霊獣だ。しかし英語でホワイト・エレファントといえば「始末に困るもの、金のかかる厄介物」という意味になる

▼その昔、タイでは王様が気に入らぬ家来に白い象を与えたという。神聖な生き物でしかも王からの贈り物となれば、いくらエサ代がかさもうが手放すこともできずに、家来は破産に追い込まれる。使い道がないのに維持費がやたらかかるもの。それがホワイト・エレファントである

▼普賢菩薩にあやかって命名された日本原子力研究開発機構の新型転換炉「ふげん」は、「開栄丸」という白い象をお持ちだ。この炉から出た使用済みの核燃料を運ぶ船なのだが、ここ六年近く一度も運んでいないのに、五十九億円が維持などに費やされたという

▼さらに大きな白い象は、文殊菩薩から名をいただいた高速増殖原型炉「もんじゅ」だ。こちらは二十年前に深刻な事故を起こして以来、ほとんど動いていないのに、年に百数十億円もの維持費がかかる

▼しかも、それほどの費用を使いながら、原子力機構はまともに点検すらできない。さすがに原子力規制委員会は、もう機構には任せられないと断を下した

▼そもそも十兆円を投じても先が見えぬ核燃料サイクルという事業自体、飛び切り大きなホワイト・エレファントだろう。私たちはいつまで、エサ代を払い続けなくてはならぬのか。 ☆


☆ 今朝も良い天気です。昼間は少し暑くなりそうです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ