今日のコラム

☆12月22日は【冬至】

 二十四節気のひとつで、大雪(たいせつ)と小寒(しょうかん)の間。一年でいちばん昼が短い日。

お早うございます。今日もお立ち寄りありがとうございます。☆

※全国高校駅伝競走大会 女子・大阪薫英初V 男子は世羅(広島)が3年ぶり8回目の優勝を果たした。おめでとうございます。※


12月22日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

小事を大切に

 ふつう大きな失敗は厳しく叱り、小さな失敗は軽く注意する。しかし、考えてみると、大きな失敗というものはたいがい本人も十分に考え、一生懸命やった上でするものである。だからそういう場合には、むしろ「君、そんなことで心配したらあかん」と、一面励ましつつ、失敗の原因をともども研究し、今後に生かしていくことが大事ではないかと思う。

 一方、小さな失敗や過ちは、おおむね本人の不注意や気のゆるみから起こり、本人もそれに気がつかない場合が多い。小事にとらわれるあまり大事を忘れてはならないが、小事を大切にし、小さな失敗に対して厳しく叱るということも一面必要ではないか。



【コラム】筆洗

2014年12月21日 東京新聞TOKYOWeb

▼「アパートの鍵貸します」などの米映画監督のビリー・ワイルダーは一本の小説に惚(ほ)れ込んだ。「素晴らしい本だ」。自分の手で映画化を願った

▼代理人を通じ作家を熱心に口説いたようだ。ある日、一人の青年が代理人の事務所にやって来た。「手を引くようにお伝え願いたい。あんなに無神経な人間はいない」。そう言って帰った。青年の名はJ・D・サリンジャー。ワイルダーが映画化を考えていたのは『ライ麦畑でつかまえて』だった

▼いささか無礼な断り方だが、これに比べればよほどまともに聞こえる。米喜劇映画「ザ・インタビュー」の公開が中止になった。一種のテロ行為が「手を引け」と公開を阻んだ
▼北朝鮮の金正恩第一書記が描かれた映画を「笑えない」と思い込んだ誰かが映画会社にサイバー攻撃を加え、脅迫した。FBIは北朝鮮が関与していると断定している

▼映画会社や上映館側が報復を恐れ、公開に及び腰になるのは分からないでもないが、中止の判断はオバマ大統領が強調するように「間違っていた」かもしれない。表現の自由を「暗殺」するときは、この手が使えると「誰か」に思わせてはならないのである

▼騒動のせいで作品の内容はあまり話題になっていないが、専門家の評判はかなり悪い。だからこそ守る価値があろうというもの。どんな映画も守られる。世界は手を引いてはならない。


☆今朝は晴です。今日も皆様にとって良い一日で有りますように。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ