今日のコラム

☆12月27日は浅草仲見世記念日
1885(明治18)年のこの日、東京・浅草の仲見世が新装開業した。

煉瓦作りの新店舗139店が開店した。1923年の関東大震災で倒壊したが、鉄筋の建物として再建された。

お早うございます。今日もお立ち寄りありがとうございます。☆



12月27日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

投げやらない

 成功する会社と成功しない会社の差というものは、私は紙一重だと思います。

 たとえば、今後、価格の競争が激しくなってくれば、われわれの製品のコストを十%引き下げるということを、当然やらなければなりません。もし下がらなければ、なぜ下がらないかということに対して、内外の衆知を集めなければならないのです。それを、自分の知恵の範囲で、会社の知恵の範囲でいろいろ考えて、これは無理だ、できないと言って投げやってしまえば、これは絶対にできないわけです。どうしてもやっていくんだというところに、一つの成功の糸口がだんだんとほどけてきて、必ずその成果が上がると思うのです。



【コラム】筆洗

2014年12月26日 東京新聞TOKYOWeb

▼某国の秘密工作で、米国の企業から機密が盗み取られた。この会社が、某国の独裁者の暗殺を謀る筋立ての映画を公開しようとしたためだ。脅迫され、上映中止に追い込まれた。表現の自由を封殺する謀略に、ついに米大統領の堪忍袋の緒が切れ…

▼米喜劇映画『ザ・インタビュー』をめぐる騒ぎは、スパイ映画も顔負けの息をのむ展開を見せた。ジェームズ・ボンド氏にご登場願いたいほどだが、残念ながらそうもいかない
▼ソニー傘下の米映画会社にサイバー攻撃を仕掛けた「秘密工作員」によって、来秋の公開に向け撮影中の『007』シリーズ最新作の脚本まで盗まれたというから、ボンド氏も形無しなのだ

▼米大統領は、北朝鮮の仕業と断じ、「相応の措置を取る」と言った。北朝鮮は何者かの攻撃によるネット接続障害に襲われ、問題の映画も結局、公開にこぎ着けた。「自由が勝利した」と誇らしげな言葉を掲げた映画館もあった

▼まるでスリリングな展開の末にヒーローが勝利を収める映画の結末のようだ。だが『ザ・インタビュー・場外編』が見せたのは、いつどこが攻撃されるかも知れぬサイバー戦の不気味さだ

▼『007』最新作のタイトルは「スペクター」。つまり幽霊、妖怪。サイバー攻撃を規制する国際的なルール作りを急がなければ、ボンド氏もお手上げの「電脳妖怪」が暗躍し続けることになる。


☆今朝は晴れています。帰省ラッシュ きょうがピーク 年末年始をふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュは27日がピークで、各地の高速道路や、鉄道、空の便は混雑が激しくなる見通しです。気を付けてお帰り下さい。

今日も皆様にとって良い一日で有りますように。☆


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ