今日のコラム

☆1月1日元日 1月1日は一年で一番最初の日です。
新しい年のはじめを祝う日として、1948(昭和23)年に制定された国民の祝日。

☆☆新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。☆☆


1月1日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

心あらたまる正月

 竹にフシがなければ、ズンベラボーで、とりとめがなくて、風雪に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。竹にはやはりフシがいるのである。同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。ともすれば、とりとめもなく過ぎていきがちな日々である。せめて年に一回はフシをつくって、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。

 そういう意味では、お正月は意義深くて、おめでたくて、心もあらたまる。常日ごろ考えられないことも考えたい。無沙汰のお詫びもしてみたい。そして、新たな勇気と希望も生み出したい。すがすがしくて、さわやかで、お正月はいいものである。



【コラム】筆洗

2015年1月1日 東京新聞TOKYOWeb


▼おめでとうございます。お雑煮をもう召し上がった方もいらっしゃるか。<雑煮食うてねむうなりけり勿体(もったい)な>村上鬼城。穏やかで人間味ある元日がみえる

▼お雑煮の「雑」。古くから、おめでたい正月には縁起を担いだ食品が供されるが、どうも「雑」の字にはさほどのありがたみを感じない。正統ではない、という印象を持つ方もいるだろう

▼雑草、雑木、粗雑、混雑、「おまえのコラムは雑だ」-。磨きが不十分で価値のないという意味の強い「雑」とはいえ、元の字を分解すれば「衣」と「集」。いろいろな種類の染料が混じることである。かつて年越しの夜、神様に供えたさまざまな農作物を合わせて、煮たのでお雑煮となる。雑とはほどよく調和した「集合体」でもあろう

▼二〇一五年で戦後七十年となる。日本は成長期、安定期を過ぎて「対立期」の迷路にいる、とは縁起にさわるか。格差、世代差、性差。支持する政策の違いなどもあろう。日本人が差や立場の違いという深い川をはさんで石を投げ、嘲笑し合っていないか心配する

▼硬直化してはならない。川中へと一歩出て、話をすれば分かりあえるところもあろう。知恵も出る。共感力という日本人の「情」で対立を和らげたい

▼いろんな人といろいろな考え。その味は残しつつ調和を図る。目の前のお雑煮のようにである。本年も小欄、お引き立てのほどを。


☆ 今日は快晴です、初日の出を拝みました。外は風が冷たいです。
今日も皆様にとって良い一日で有りますように。☆


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ