今日のコラム

☆2月1日はテレビ放送記念日

1953(昭和28)年のこの日、NHKが日本初のテレビ本放送を行った。東京・千代田区内幸町(うちさいわいちょう)の放送会館第1スタジオからは菊五郎劇団の「道行初音旅(みちゆき はつねのたび)」や映画などが放送された。☆


☆お早うございます。今日もお立ち寄りありがとうございます。☆



2月1日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

天は一物を与える

 この世に百パーセントの不幸というものはない。五十パーセントの不幸はあるけれども、半面そこに五十パーセントの幸せがあるわけだ。人間はそれに気がつかなければいけない。とかく人間の感情というものは、うまくいけば有頂天になるが、悪くなったら悲観する。これは人間の一つの弱い面だが、それをなるべく少なくして、いつの場合でもたんたんとやる。信念を持っていつも希望を失わないでやることだ。

 「天は二物を与えず」と言うが、逆に「なるほど、天は二物を与えないが、しかし一物は与えてくれる」ということが言えると思う。その与えられた一つのものを、大事にして育て上げることである。



【コラム】筆洗

2015年1月31日 東京新聞TOKYOWeb

▼自分を愛することは、実は難しい。しかし、そのためのとても簡単な方法がある。それは自分の名前を好きになること。そう説いたのは、わが国初の女性衆院議員となり、園田直・元外相の妻としても存在感を示した園田天光光さんである

▼天光光。思わず由来を聞きたくなる名前だが、幼いころ光を一つ省き「天光」と書いたら、父に叱られたという。天は宇宙、光は宇宙創造の光、もう一つの光は「世の中の光となってくれ」という親の願い。だから名前は、その願いまでしっかり書くようにと(『女は胆力』)

▼同世代の命を奪った戦争がようやく終わった時、園田さんは生き延びた喜びよりも、自分が「生き残された」ことに悩んだという。焼け野原の東京を歩けば、餓死者のむくろが放置され、飢えきった人々がいるのを目にした

▼生き延びた自分たちこそは、平和な社会をつくらなくてはならないのに、飢死などしていいものか。それでは死んでいった者に申し訳ない。「天光光」と名付けた父に背中を押され、そう街で訴え、市民が力を合わせ食料を調達する運動を始めたのが、政治への第一歩だった

▼園田さん逝去の報が載ったきのうの朝刊一面の「平和の俳句」は、梅田昌孝さん(61)の<枇杷(びわ)の花戦後生まれのままで死ぬ>

▼生き延びた人間の責務として「戦後」を築いてきた一人の女性への追悼の句ともなった。



☆ 今朝は晴れていますが、寒い朝です。今日から2月です。今日も皆様にとって良い一日で有りますように。☆


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ