今日のコラム

☆ 今日は5月17日(日)高血圧の日】☆

☆ 2005年に世界高血圧リーグ(国際血圧学会の一部門)が、5月17日を「世界高血圧デー」として制定。高血圧の管理を目的とする多くの団体が世界中で、一般市民への啓発活動を行っている。日本では2007年、日本高血圧学会と日本高血圧協会が同日を「高血圧の日」と制定し、「ウデをまくろう、ニッポン!」と題するキャンペーンを展開している。

 脳卒中や心臓病など、生命に関わる病気の主要な原因となる高血圧は自覚症状がなく、「サイレントキラー」とも呼ばれる。2012年、世界保健機関(WHO)は、世界のほぼ4人に1人が高血圧で、死因の63%が生活習慣病だとする報告書を発表した。人口が増えて寿命も延び、生活が豊かになった新興国や途上国でも生活習慣病が増えている。
 
一般的に高血圧は、140/90 mmHg以上とされ、日本人の三大死因のうちの二大疾患である脳卒中や心臓病など、生命に関わる重大病気を引き起こす要因となっています。☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。


☆ 5月17日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

悩んでも悩まない

われわれ人間は、たえずといっていいほど悩みにつきまとわれる。しかし私は、悩みがあるということは、人間にとって大事なことではないかと考えている。なぜかというと、常に何か気にかかることがあれば、それがあるために大きなあやまちがなくなる。心がいつも注意深く活動しているからである。

だから、悩みを持つことは、むしろプラスにつながる場合が多い。したがって悩みに負けてしまわず、自分なりの新しい見方、解釈を見出して、その悩みを乗り越えていくことが大切である。悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。


☆【コラム】筆洗

2015年5月16日 東京新聞TOKYOWeb

▼「ブルースの王様」B・B・キングさんは、米南部で奴隷生活も経験した曽祖母から、こんな昔話を聞かされて育ったそうだ

▼まな娘が黒人と親密になったと知った白人の農場主が激怒し、相手を焼き殺そうとする。娘は父にすがり「彼は悪くない」と言う。「どうしてほしい」と問う父に、娘は「彼を苦しめないでほしい」と答える。「銃で撃ったほうが親切だわ」

▼過酷な労働と、人としての尊厳を踏みにじられ続ける日々。そんな暮らしが生んだ音楽ブルース。それは単なる憂さ晴らしの音楽ではない。農場主らが近づいていることを歌に託して仲間に伝え、身を守るよう促す警報の役目も果たしたという

▼「歌があったからこそ毎日やっていけた」「悲しみのことを歌えば魂の重荷は解かれる」と語る曽祖母の話を聞いて、少年はこう思ったそうだ。「ブルースって、生き残るために役立つものなんだ」(自叙伝『だから私はブルースを歌う』)

▼家族を相次いで亡くし、孤独だった少年時代に農場主に借金をしてギターを買って以来、彼は美しい曲線を持つ楽器とともに歌い続けた。ギターを一人の女性として扱い、「ルシール」と名付けて生涯の伴侶にした

▼世界中に「生きるための音楽」を響かせてきた八十九歳の王様はおととい、睡眠中に安らかに逝ったという。愛するルシールにみとられての最期だったろうか。


☆ 今朝も良い天気です。暑くなる予報です、水分を補給して熱中症に気をつけましょう。
今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。☆




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ