今日のコラム

☆ 今日は6月11日(木) 傘の日 ☆

6月11日は暦上の入梅、つまり梅雨入りです。
基本的に梅雨は1ヵ月から1ヵ月半程度で、梅雨が明けて本格的な夏が到来することを出梅(しゅつばい)と言うそうです。
日本洋傘振興協議会は「傘の日」、全国雨漏検査協会は「雨漏り点検の日」と制定している。

☆ 国立銀行設立の日 ☆

1873年(明治6年)に日本最初の銀行として第一国立銀行(後の第一勧業銀行、現在のみずほ銀行)が設立された。その後の5年間に153もの国立銀行が発足した。発足順にナンバーが振られた。今も行名にその当時の番号を残す銀行がある。

「国立」という名前がついているが、これはアメリカのNational Bankを直訳したもので、実際には民間の銀行だった。国立銀行はすべて第○国立銀行のような名前になっていて、ナンバー銀行と呼ばれた。第四銀行、七十七銀行等、現在もそのままの名称を使っている銀行が残っている。


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。

☆ 昨日のカープVメール
10日西武プリンスドーム、カープ8―4西武、勝ち投手中田1勝、本塁打菊池5号 詳しくは中国新聞朝刊で



☆ 6月11日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM) ☆

小田原評定では……

多くの会社では決起大会をやり、反省すべき点や、今後の目標を確認しあいます。しかしそれも、こうしなければならないということがわかった、というだけではいけない、実行がなければいけません。実行ができない限りは、百の決起大会を行なっても、それは費用を使うだけ、時間を使うだけに終わってしまいます。

昔の話に小田原評定ということがあります。大軍が攻めてくるということに対して、小田原城の人は、評定に明け評定に暮れてついに負けてしまったという話です。それではいけない、評定は一回でよい、あとは実行だ、そうしてこそ、はじめて成果をあげられるのです。一にも実行、二にも実行です。



☆【コラム】筆洗

2015年6月10日 東京新聞TOKYOWeb

▼雨を歌った童謡といえば<ピッチピッチチャップチャップランランラン>の「あめふり」、<雨がふります、雨がふる>の「雨」が有名か。いずれも作詞は北原白秋である

▼同じ雨を題材としながらも、曲の印象は大きく異なる。「雨」が外に遊びに行けぬ子の心を寂しく歌っているのに比べ「あめふり」の方は軽快なオノマトペ(擬音語)と陽気な旋律で雨を楽しんでいる。かあさんの「蛇の目でお迎い」にこの子は大喜びである。正直、浮かれてさえいる

▼東海地方、関東甲信地方が梅雨入りとなった。「あめふり」が児童雑誌の「コドモノクニ」に発表されたのは一九二五(大正十四)年というから今年で九十年になる。この季節。子どもに歌い継がれてきたことだろう

▼<蛇の目でお迎い、うれしいな>の一番はよく知られていてもその後に続く歌詞はさほどでもない。意外な展開を見せる。<あらあらあの子はずぶぬれだ><やなぎのねかたで泣いている>

▼雨に降られ、傘もかあさんの迎えもなくて泣く子を見かね、自分の傘を差し出す。<僕ならいいんだ、かあさんの大きな蛇の目にはいってく>。気の毒な人に心を寄せ、自分の「幸せ」や「喜び」をお裾分けする。差し出した傘で<ランランラン>がまた一つ広がっていくようである

▼鬱陶(うっとう)しい雨にも優しい歌詞だが、どうも最近はこの部分があまり歌われていない。


☆ 今朝はくもり空です、午後からは雨の予報です。

最近は歩くとすぐ疲れます。体力も落ちてきたのかな?
今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆さまにとって良い一日でありますように。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ