今日のコラム

☆ 今日は6月21日(日) 父の日 ☆

☆ (6月第3日曜日) 1972年(昭和47年)には当時のニクソン大統領が「6月の第3日曜は父の日」と宣言し、アメリカでは正式な祝日となった。 ☆


☆ お早うございます。今日もお立ち寄り有難う御座います。

☆ 昨日のカープVメール

20日横浜スタジアム、カープ8―4DeNA、勝ち投手ジョンソン6勝3敗、本塁打丸9号、エルドレッド6号 詳しくは中国新聞朝刊で☆



☆ 6月21日 松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

事業は人なり

「事業は人なり」と言われるが、これは全くその通りである。どんな経営でも適切な人を得てはじめて発展していくものである。

いかに立派な歴史、伝統を持つ企業でも、その伝統を正しく受けついでいく人を得なければ、だんだんに衰微していってしまう。経営の組織とか手法とかももちろん大切であるが、それを生かすのはやはり人である。どんなに完備した組織をつくり、新しい手法を導入してみても、それを生かす人を得なければ、成果も上がらず、したがって企業の使命を果たしていくこともできない。

企業が社会に貢献しつつ、みずからも隆々と発展していけるかどうかは、一にかかって人にあるとも言える。


☆【コラム】筆洗

2015年6月20日 東京新聞TOKYOWeb

▼昨年一月に八十七歳で逝去した詩人・吉野弘さんが「奈々子に」を発表したのは、ちょうど六十年前の初夏のことだったという

▼その前年に長女が生まれた。すやすや眠る娘に<お父さんが/お前にあげたいものは/健康と/自分を愛する心だ>と語り掛ける。<ひとが/ひとでなくなるのは/自分を愛することをやめるときだ。/自分を愛することをやめるとき/ひとは/他人を愛することをやめ/世界を見失ってしまう>

▼この詩は吉野さんの代表作の一つとなり、教科書にも載った。だが詩が有名になればなるほど、奈々子さんには、「奈々子に」が独り歩きし、遠ざかっていく気がしたという

▼敬遠していたこの詩を読み返したのは、結婚して母となり、娘の寝顔を見つめていた時。涙があふれ出て、止まらなくなったそうだ

▼六十歳になった奈々子さんは『妻と娘二人が選んだ「吉野弘の詩」』(青土社)に寄せた文で<知らず知らずのうちに、この詩は私を造っていました>と書いている。子育てを経て、わが子にも自分を大切にしてほしいという気持ちが湧き上がった。<この気持ちが父からプレゼントされた「愛」であることに、ようやく気づいた>と

▼<お前にあげたいものは…/かちとるにむづかしく/はぐくむにむづかしい/自分を愛する心だ>とうたった吉野さんへの、最高の返歌だろう。あすは父の日だ。



☆ 今朝はくもり空です、時々、雨のようです。

今日は、父の日ですね。何か良いことあるかな?
今朝も目覚ましていただき感謝です。


今日も皆さまにとって良い一日でありますように。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ