今日のコラム

☆ 今日は2015年11月3日(火) 文化の日(National Culture Day) ☆

☆ 1946(昭和21)年のこの日、平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して、1948(昭和23)年公布・制定の祝日法で「自由と平和を愛し、文化をすすめる」国民の祝日に定められた。

戦前は、明治天皇の誕生日であることから、「明治節」という祝日だった。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 11月 3日 松下幸之助 一日一話

創業者 松下幸之助が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、毎日一話ずつご紹介しています。
日本人としての自覚と誇り

“国破れて山河あり”という言葉があります。たとえ国が滅んでも自然の山河は変わらないという意味ですが、山河はまた、われわれの心のふるさととも言えましょう。歴史に幾変転はあっても、人のふるさとを想う心には変わりはありません。この国に祖先が培ってきた伝統の精神、国民精神もまた変わることなく、お互い人間の基本的な心構えであると思います。

われわれは日本という尊いふるさとを持っています。これを自覚し誇りとし活動する、そこにはじめて、お互いに納得のいく動きが起こるのではないでしょうか。日本人としての自覚や誇りのないところには、日本の政治も経済もないと思うのです。
前日の一日一話を見る ☆


☆【コラム】 筆洗

2015年11月2日 東京新聞 TOKYO Web

▼年配の仕事仲間がつぶやく。「離婚だけはしちゃダメだよ。大晦日(おおみそか)がつらかった」。妻との生活に悩む主人公の男がまぜっかえす。「気楽でいいじゃないですか。バツイチかっこいいです」。仕事仲間がしみじみ語る。「社員さんねえ、ふたりで食べる食事はご飯だけど、ひとりで食べる食事はエサだ」。テレビドラマの「最高の離婚」(脚本・坂元裕二さん、二〇一三年)にこんな場面がある

▼「食事」よりも机に向かい「エサ」をむさぼる方が大幅に上回る身の上には心に堪(こた)えるせりふである

▼独りで食事をする「孤食」に関連する気になるデータもある。東京大学の栄養疫学の研究チームによると「孤食」の高齢者は一緒に食事をする人がいる高齢者に比べて、うつになりやすい傾向があるという

▼独り暮らしの場合、女性の孤食はうつの可能性が一・四倍、男性は二・七倍になる。孤食は知らず知らずのうちに心を重くするものらしい

▼週末は、ハロウィーンだった。深夜の地下鉄。仮装した陽気な若者三人が隣に座った。正直に言う。腹も立った。理由は分かっている。嫉妬と羨望(せんぼう)だろう。仮装などごめんだが、この人たちは「エサ」ではなく、「食事」を共にする仲間がいる。罪のないまぶしさが、こちら側には孤独の陰もこしらえる

▼仲間を探すしかないか。「孤食」同士が集まれば、それは、立派な「食事」となる。 ☆


☆ 今朝は濃霧で先が見えません。寒いです。昼は晴れるそうです。霧の間から太陽が顔を出しています。昨日は雨で寒かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ