今日のコラム

☆ 今日は2015年11月4日(水) 広島カープ、日本一の日】 ☆

☆ 1979年11月4日、広島東洋カープ(セ・リーグ)と近鉄バファローズ(パ・リーグ)が対戦するプロ野球日本シリーズ第7戦が行われ、広島が4-3で勝ち、初の日本一の座に就いた。9回裏、広島のリリーフエース・江夏豊が近鉄打線を相手にノーアウト満塁のピンチに追い込まれながら、得点を与えずにしのぎきった攻防は、球史に残る名場面として伝えられている。

 当時の広島は古葉竹識監督の下、山本浩二、衣笠祥雄ら名選手が活躍し、黄金期を迎えていた。79年の後は80年、84年と、合計3度の日本一に輝いている。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。☆


☆ 11月 4日 松下幸之助 一日一話

職種と適性

文化が進むと職種が増え、自分の好む職種というものが、だんだんと選びやすくなってきます。そしてそこに生きがい、働きがいが求めやすくなってくるだろうと思います。しかし、今日のところは、まだ十分でなく、この仕事はあまり自分には適していないが、まあこれで甘んじていようかという場合もあると思います。けれども昔からみると、非常に恵まれています。

そう考えてみると、今日に生きるわれわれは、非常に幸せだと思います。自分の好む仕事を求めやすい時代です。こういう時代に生まれながら、もしも仕事に生きがい、喜びを感じないというのであれば、それは原則として許されないことになると思うのです。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月4日  東京新聞 TOKYO Web

▼『麻雀(マージャン)放浪記』などの作家、色川武大(いろかわたけひろ)(阿佐田哲也(あさだてつや))さんには麻雀の強さをたたえて、「雀聖」なる呼び名があった。その昔、麻雀荘で「雀聖」の直筆色紙を見かけたことがある

▼どうやら誤解らしい。色川さんをモデルに描いた伊集院静さんの『いねむり先生』にこんな場面があった。釣り宿の主人が先生に色紙を頼む。「先生の色紙を見ましたがのう。雀聖とありました。ええ色紙じゃった」。先生はいう。「たぶん、それは他の人が書いたものだと思います」。なるほど自分で「雀聖」と書く方はいないだろう。それでもとせがまれ、謙虚な先生が書いた文句は、「贋(にせ)雀聖」だった

▼逆の話である。若い時、当時最新旅客機の名から「コンコルド」と自称していた強気なゴルファーがいる。コンコルド青木。妙な名に覚えはなくとも、誰もが知る青木功さん(73)である。秋の叙勲で旭日小綬章を受ける

▼最大のライバルだった尾崎将司さん(68)の愛称が大型旅客機の「ジャンボ」で、これの向こうを張った。「ジャンボには絶対に負けたくない」。決意と願いを込めてあえて自称した

▼通算八十五勝。勝利を重ねて、「世界のアオキ」の呼び名だけが残った

▼コンコルドはとうに全機退役したが、この方の向上心は衰えぬ。受章の言葉に「花は咲いているかもしれないけど満開じゃない」とあった。色紙に書いていただきたい。 ☆


☆ 今朝も良い天気です。朝日が昇る時間が遅くなりました。今朝は、6時30分に太陽が顔を出しました。ラジオ体操の時間です。朝は寒いです。

昨日は穏やかな天気で、散歩には良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ