今日のコラム

☆ 今日は2015年11月8日(日) 立冬  レントゲンの日 ☆

☆1895(明治28)年、ドイツの物理学者・レントゲンがX線を発見した。レントゲンは、真空管に高電圧をかけて実験をしている時に、真空管の外に置かれた蛍光紙が明るく光ることに気づいた。この光は真空管と蛍光紙の間に1000ページもの厚さの本を置いても透過した。レントゲンは「正体不明」という意味でこの光を「X線」と名附けた。 ☆

☆ いい歯の日

「いい(11)は(8)」の語呂合わせから、日本歯科医師会が制定。「『いい歯で、いい笑顔』を日本中に。」をキャッチフレーズにした「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の授賞式が行われる。  ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆


☆ 2015年11月 8日 松下幸之助 一日一話

 ふりこの如く

時計のふりこは、右にふれ左にふれる。そして休みなく時がきざまれる。それが原則であり、時計が生きている証拠であると言ってよい。

世の中も、また人生もかくの如し。右にゆれ左にゆれる。ゆれてこそ、世の中は生きているのである。躍動しているのである。

しかし、ここで大事なことは、右にゆれ左にゆれるといっても、そのゆれ方が中庸を得なければならぬということである。右にゆれ左にゆれるその振幅が適切適性であってこそ、そこから繁栄が生み出されてくる。小さくふれてもいけないし、大きくふれてもいけない。中庸を得た適切なふれ方、ゆれ方が大事なのである。 ☆


☆ 【コラム】 筆洗

2015年11月7日 東京新聞 TOKYO Web

▼<男はどうだか知らないけれど女なら、自分の過去にあるおにぎりの影をたどると、誰しも大抵ちょっとした一代記の材料になるのではないか>と書いたのは、明治、大正、昭和、平成と生きた作家の幸田文(あや)さんだ

▼幼き日の母との思い出、わが子の運動会や遠足の記憶…。おにぎりは幸せだけでなく、つらい記憶とも結びつく。震災や水害などを経験した人ならば、忘れられない味があるはずだ

▼幸田さんは<白い飛び石のやうにおにぎりは女の過去に散在してゐる>と記しているが、男女を問わず、だれの心にも「白い飛び石」が並んでいよう

▼昨今はふわっと握ったおにぎりが主流となり、具を挟んだだけの「おにぎらず」なるものも流行しているらしいが、落語家の五代目柳家小さん師匠は、強(こわ)めに炊いたご飯にうんと塩を効かせて、固く握ったのに限ると言った

▼そんなにぎり飯とともにお茶ではなく、水かぬるま湯を飲むのが、小さん流。「塩気のあるむすびをかむ。かんでる最中(さなか)に水を飲む。そうすると、むすびについてる塩気のところを水が通って、その水のうまさ。塩気とともにずっと水が通ってからむすびをのみこんで…」と聞けば、たまらない(『芸談・食談・粋談』中公文庫)

▼<新米の其一粒の光かな>は高浜虚子の句。新米をきゅっと握って光の球にしたおにぎりを持ち、どこかへ出かけてみようか。 ☆


☆ 今朝は雨が降っています。一日雨かな。今日は立冬です。

昨日は近くでの文化祭を見てきました、日本舞踊は良かったです。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、元気に過ごしましょう。 ☆



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ