今日のコラム

☆今日は2015年12月21日(月) クロスワードの日☆

1913年のこの日、『ニューヨーク・ワールド』紙が日曜版の娯楽のページにクロスワードパズルを掲載した。それ以前からクロスワードは存在していたが、新聞の連載をまとめた本が1924年に刊行され、世界中にクロスワードパズルが広まるきっかけとなった。


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。
全国高校駅伝 アベック優勝おめでとう。男子は世羅(広島)が大会新記録で2年連続9度目の優勝。女子は世羅(広島)が初優勝☆


☆☆ 12月21日 松下幸之助 一日一話

信用は得難く失いやすい

われわれが何か事を成していく場合、信用というものはきわめて大事である。いわば無形の力、無形の富と言うことができよう。

けれどもそれは一朝一夕で得られるものではない。長年にわたるあやまりのない、誠実な行ないの積み重ねがあってはじめて、しだいしだいに養われていくものであろう。

しかしそうして得られた信用も失われるときは早いものである。昔であれば、少々のあやまちがあっても、過去に培われた信用によって、ただちに信用の失墜とはならなかったかも知れない。しかしちょっとした失敗でも致命的になりかねないのが、情報が一瞬にして世界のすみずみまで届く今日という時代である。 ☆☆

☆☆☆【コラム】 筆洗

2015年12月20日 東京新聞 TOKYO Web

 ▼世界一有名な犬といえば、名犬ラッシーやリンチンチンも候補になろうが、スヌーピーにはかなうまい。米漫画家のチャールズ・シュルツさんが描いた誇り高きビーグル犬。初登場は一九五〇年で、最近も新作映画が公開されるなど長い人気である

 ▼飼い主はチャーリー・ブラウンという男の子だが、スヌーピーには二人目の飼い主である。一人目はスヌーピーを手放している

 ▼スヌーピーは「デイジーヒル仔犬(こいぬ)園」生まれ。いったん女の子の手に渡るのだが、犬を飼えぬ家に引っ越すことになり、仔犬園に返している。幸せそうに見える彼にも飼い主との悲しい別れがあった

 ▼『ある犬のおはなし』(トゥーヴァージンズ)という絵本を頂戴した。スヌーピーも声を上げて泣くか。人の都合によって捨てられ、命を奪われる犬の話である

 ▼<ぼくはあなたのことが大好きだから だから少しくらい寂しくても平気です>。捨てられてなお、飼い主を待つ。殺されてなお、飼い主に会いたいと願う。犬の魂の物語である。<この先を曲がれば またあなたに会える。きっとあなたもぼくに会えるのをまっているはず>

 ▼もし犬を飼う計画があるなら、最初にこの物語を読んでいただけないか。最期まで大切にすると、約束していただけないか。それは玩具でない。命である。約十二万八千。日本で年間殺処分される犬と猫たちの数。 ☆☆☆
 
 
☆☆☆☆ 今日の雑記

今朝は雨です。一日天気は良くないみたいです。

昨日は良い天気で気持ち良かったです。
朝は気温も低く寒かったですが昼間は暖かかったです。

<全国高校駅伝> 男子は世羅(広島)が大会新記録で2年連続9度目の優勝。9度目Vは最多。女子は世羅(広島)が(初優勝)とともに史上2度目のアベック優勝も達成した。
故郷(世羅)です。おめでとうございます。

今朝も目覚ましていただき感謝です。

今日も皆様にとって良い一日でありますように、大切にして元気に過ごしましょう。☆☆☆☆

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kazu2367

Author:kazu2367
ブログへようこそ。
携帯ラジオとデジタルカメラを持って散歩しながら写したものを載せています。

最新記事
最新コメント
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
最新トラックバック
カテゴリ